ビッキー登場!

昨夜は盛岡市大通でフォーク酒場「天がえる」の店主ビッキーがやってきました。
自らパーソナリティを務めるラジオ番組のアシスタントともに。

一杯呑まないうちにあちこちへ電話を。
やがて、やって来たのは以前「ブレアンディ」のマスターをしていた石澤さん。
彼は現在、向かいのビルの二階で「ブーレ」という店をやっています。
続いてやって来たのは「Take it easy」のマスター高橋くん。
さらに時間をおいて、お客さんとともに来たのはTakeの下にある店「夢house」のママ、ゆめさん。
八幡の店の主人たちが三人も集まりました。

ビッキーが僕の店を紹介するために呼んでくれたのでしょう。
有難いことです。

しばらく談笑していましたが、例のごとくビッキーがギターを弾き始めました。
b0169403_16495218.jpg
彼が楽しそうにギターを弾いている顔を見るのは嬉しいです。自分の店でずいぶんと弾いているはずですが、クロスロードに来ると普段は弾かないような曲を楽しそうに弾いています。
いくつになってもギター小僧の一面は変わりません。

途中から彼の伴奏でカラオケ状態に。
店にはマイクがありますからケーブルを延ばして客席へ。
まるで昭和のカラオケ状態でした。
ゆめさんとそのお客さんが歌ってくれましたがお二人ともお上手。
でも、カラオケとはちょっと勝手が違うので戸惑ってもいました。
生伴奏で歌うのとカラオケでは相当な違いがありますから、慣れないと歌い辛いでしょうね。

ともかく、なんやかやでお開きとなったのは4時過ぎ。
帰る頃には辺りは明るくなっていました。
でも、こうしてお客さんを集めてくれたビッキーに感謝感謝です。


[PR]

# by ma.blues | 2016-09-23 17:04 | ある夜のクロスロード | Comments(0)  

来月のライブスケジュール

来月は四本のライブが入っています。


103日(月) 19:30~

「永坂寿」(ながさかひさし)from宮古島

投げ銭ライブ

作家・唄うたい。1966年静岡県生まれ。色々あった後、1994年、沖縄県宮古島に移り住む。1999年、島レゲエバンド、THE Shima-Banana結成。2004年から開催されているイベント、ミュージック・コンベンションin宮古島には山崎まさよし、オルケスタ・デ・ラ・ルス、birdらとほぼ毎年出演するなど、島内外で一定の評価を得るが、2枚の自主制作CDを残して2007年に活動を休止。以後は主にソロとして活動する。2013年4月には待望のソロアルバム『唄のひと』を発表。2016年『孤独の巡礼』絶賛発売中。三上寛、遠藤ミチロウ、竹原ピストルなど競演者多数。著書に『異物』(英治出版)がある。(プロフィールより)youtube


1014日(金) 19:30~

「深川慶、遠藤コージ」from神奈川

チャージ:2000円(ワンドリンク付き)

ともに神奈川を中心として関東で活動する弾き語り。

どちらもカントリーブルースの臭いがする泥臭い演奏スタイル。

深川くんは何度か盛岡でライブをやっていますが、遠藤くんは初めてです。

クロスロードにはぴったりの二人かもしれません。


10月15日(土) 19:30

「原田K介&赤羽エリック」from東京

2000円(ワンドリンク付き)

ともに歌う司法書士。新生クロスロード初ライブです。

震災後、法律相談のためたびたび沿岸を訪れている彼らですが、そうした機会に盛岡でライブをやって来ています。

クロスロードでも何度かライブをやってくれました。

翌日の「中津川ベリフォークジャンボリー」に出演しますが、その前段で行われるライブです。


10月25日(火) 19:30~

「やもと問唔」from福岡

共演:GYPSY1号 from遠野

チャージ:2000円(ワンドリンク付き)

歌う未確認物体「やもと問唔」がやってきます。

ギター一本で極めてシリアスな歌詞で歌ったかと思うと、どこまでもコミカルに聴く者を巻き込む。

陰陽、静動どちらも兼ね備えた実力者です。

共演するGYPSY1号は本来バンドですが、今回はソロでの登場のため1号。

ポップス、ロックから歌謡曲まで独自のアレンジで惹き付けます。

彼はクロスロード初登場ですがお奨めの歌い手です。


この他に店のライブではありませんが「中津川ベリフォークジャンボリー」のお知らせをいたします。

10月15、16日の2日間、プラザおでってのホールにて開催されます。

2日間共通チケット:500円(当日800円)

総勢80組近い演奏者が出演します。

店主も16日(日)15:30分より出演いたします。

こちらへもお立ち寄りいただけたらと思います。


[PR]

# by ma.blues | 2016-09-21 16:45 | ライブスケジュール | Comments(0)  

連休中も営業しています

今日明日の連休中も店は営業しています。
22日(木)の祭日も営業します。

今月は基本的に無休で営業予定です。
来月10月からはライブなどが入らない限り月曜定休とさせていただきます。

なお、オールドケンタッキー(バーボン)、キングオブスコッチ(スコッチ)、グレンフィディック(スコッチ)の古酒が入荷しています。
香り高いオールドスコッチ、バーボンをお楽しみ下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]

# by ma.blues | 2016-09-18 18:04 | Comments(0)  

新店舗での初ライブ・・・国分寺エクスペリエンス(アコペリ)

記念すべき新店舗での初ライブは東京から来た「国分寺エクスペリエンス」(アコペリ)でした。
1988年結成から今年まで長い期間活動してきましたが、今年9月で一時活動を休止するとのことです。
普段は四人編成のバンドですが、今回のツアーではボーカルのおちょことギターのゆきを二人によるアコースティックデュオです。
彼らは大震災後、釜石で行なわれている「釜石復興秋祭り」に昨年まで参加してきました。
昨年、仮営業をしていた「みかんや」さんでライブをやってもらいましたが、その時はおちょこがひどい風邪を引いていて声が思うように出ない状態でした。
今回は北上、宮古、盛岡とライブを三日間連続で入れていました。
おちょこの声が心配でしたが、そんな心配は無用のライブとなりました。
b0169403_10553640.jpg
ギターの補助としてマイクを使用するだけで生声でのライブ。
バックにゆきをのエレキが入りますが、まったく負けることなくおちょこの声は店内に響いていました。
b0169403_10555776.jpg
バンドでやっている曲では立ち上がって。一応マイクを持ってはいますがほとんど通していない状態で歌っていました。

開店準備やらでバタバタし、その後も所用にかまけ十分な告知が出来ないままで初店内ライブを迎えてしまいました。
当然、お客さんも思ったように集まらず彼らには申し訳ないことをしてしまいました。
少ないお客さんにも関わらず彼らは全力投球のライブをやってくれました。
バンドで歌う時と二人でのライブではおちょこのボーカルは若干変わりますが、伸びのある非常によく通る声です。
芝居を観ているかのような歌詞と歌い方が聴き手の心をつかむでしょう。
ゆきをのギターはエレキでもアコースティックでも同じスタイル。
根っこにブルーズを置いた彼のギターは70年代から弾き続けている年輪さえ感じるもので、様々なフレーズが次から次へと飛び出してきます。

次はバンドで呼びたいと思っています。
バンドではまた違った彼らの姿を観ることが出来るでしょう。
初店内ライブに彼らが来てくれたことは僕にとっても嬉しいことでした。
前の店の時には出会っていませんでしたが、今後は彼らと長い付き合いになる気がしています。
次の機会には是非お聴きになって下さい。
お奨めのグループの一つです。



[PR]

# by ma.blues | 2016-09-12 11:22 | ライブ報告 | Comments(0)  

9.11「国分寺エクスペリエンス」のライブがあります

お陰さまでプレオープン、オープン記念ライブとも無事に終わり通常営業を始めております。
すでにお知らせしておりますが、今度の日曜日11日に「国分寺エクスペリエンス」(東京)のライブがあります。
初の店内ライブとなります。多くの方がいらっしゃって下さることを願っています。
店内初ライブを盛り上げて下さい。よろしくお願いします。

9月11日(日) pm7:00スタート
「国分寺エクスペリエンス」from東京
チャージ2000円(ワンドリンク付き)
1988年の結成以来、精力的な活動を続けて来た彼ら。今年の9月のライブ終了後、活動休止に入るとのこと。
震災後の2012年から行なわれて来た「釜石復興秋祭り」には昨年まで参加してきました。
今年は参加しないため、北上→宮古→盛岡と岩手県内をツアーします。
本来はバンド形式のグループですが、今回はボーカルのおちょことギターのゆきをの二人によるアコースティックデュオライブです。
ゆきをは某有名ブルースバンドに10代でギタリストとして抜擢された実力者で、おちょこの力強いボーカルと絡む彼のギターは必聴です。
オフィシャルサイト:http://ekuperi.com/

[PR]

# by ma.blues | 2016-09-07 13:53 | ライブスケジュール | Comments(0)  

オープン記念ライブ、無事に終わりました

昨日4日(日)、「オープン記念ライブ」が無事に終了いたしました。
30名を超えるお客様にご来場いただき盛況のうちに終えることが出来ましたこと、参加してくれたミュージシャンも含めすべての皆様に感謝いたします。
参加してくれたミュージシャンたちがクロスロードに対するそれぞれの思いを語ってくれました。
彼らの協力なくしてはこの「オープン記念ライブ」を行なうことは出来ませんでした。
本当に感謝しています。

b0169403_14480447.jpg
JANGO:盛岡に住む父・泉と仙台に住む息子・翔太の遠藤親子デュオ。
以前のクロスロード開店当初から店に来てくれていた泉さんが翔太くんと音楽をやっているのを知ったのはしばらく経ってからでしたが、その後数多く店でライブをやってくれていました。
今回も翔太くんは仙台からわざわざ駆けつけてくれました。
ちなみにグループ名のJANGOはこちらの地方の方言で「じぇ(ぁ)んご」(田舎者」です。

b0169403_14484189.jpg
小泉優美withコースケandこーすけ:現在のクロスロードの店舗決定に多大な協力をしてくれた小泉優美さん。彼女の存在なくして新生クロスロードは生まれませんでした。
彼女が階下に「はなみづき」をオープンしたのが今年の4月。その後、彼女の店を訪れた際に二階に空き店舗があることを知り、参考までに見せてもらうことにしたのが今のクロスロードが生まれるきっかけでした。
以前よりお寺でのライブに出演するクロスロードオールスターズのボーカルも担当してくれるなど、クロスロードとは深い繋がりが出来ています。この日はカホンにもう一人のこーすけくんを加えての演奏。

b0169403_14491273.jpg
ライトニン・ソブクンズ:大船渡市在住メンバーと花巻市、盛岡市に住むメンバーによるバンド。今回は盛岡市に住むメンバーが仕事の都合で参加出来ず四人でのライブになりました。
ボーカル担当白石くんの奇妙奇天烈なパフォーマンスとスライドギターを駆使するソブクンの演奏は協力です。
彼らのファンは多くどこのライブでも拍手喝采。パフォーマンスの刺激だけでなくシリアスな内容の歌詞も刺激的で、今回は芝居的要素も加え楽しく豪快な演奏を聴かせてくれました。

b0169403_14494243.jpg
ヤナギサケビ:旧クロスロード開店前に盛岡市でのライブを聴いて気に入り、その後クロスロードでのライブを何度もやってくれたデュオ「モノクロフィルム」のメンバーであるやなぎ。最近は「ヤナギサケビ」として活動しています。
「モノクロフィルム」は解散したと思っていたのですが、この日解散していないことが判明しました。
今後は「モノクロフィルム」としても新生クロスロードでライブをやってもらいたいと思っています。

b0169403_14501205.jpg
フロムソウル:ボーカル、コーラス、ギター、サックスの四人編成のちょっと変わったユニット。紫波町在住二人と盛岡在住二人のメンバーです。ほとんどオリジナル曲の演奏が多く、その構成力と演奏技術は抜き出たものがあります。
アレンジをするギターのこーすけくんの存在が大きく、カヴァー曲をやってもそのアレンジ力で自分たちの曲との落差がなく気持ちよく聴いていられます。ボーカルの生内くん歌唱力は群を抜いておりその声質も独自のものを持っています。彼らも数多く旧クロスロードでライブをやってくれました。

ラストは店主と村井秀児さんとのデュオ「ZZ's」の演奏でオープン記念ライブは幕を閉めました。
三時間半以上に渡る長丁場のライブでしたが、最後まで聴いて下さったお客さんが数多くいました。本当に感謝し切れないほど有難く思っています。
たくさんの人々に支えられ、この二年半を暮らしてきました。
そうした人々の支えのおかげで新生クロスロードを始動させることが出来ました。
繰り返し、この場をお借りして皆様に感謝申し上げます。
今後ともクロスロードを見守っていただきたいと思いますし、ご活用いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

[PR]

# by ma.blues | 2016-09-05 15:48 | ライブ報告 | Comments(0)  

新生クロスロード始まりました!

昨日2日、プレオープンにて新生クロスロードの営業が始まりました。
看板に灯をともし期待と不安での開店。
「二度目の初日」ですが、前回とはまた違った緊張感でした。
数名の方からはあらかじめ来ることを伝えてもらっていましたので「誰も来ないかも」といった不安はありませんでしたが、何名来てくれるのだろう・・・といった気持ちはありました。

結果は、早い時間から以前のお客さんがやって来てくれて8時過ぎには満席に。
その後、0時過ぎくらいまでに二度の入れ替わりがあるというクロスロードとしては上々のスタートでした。
本日もプレオープン、明日は「オープン記念ライブ」です。
新たなクロスロードの雰囲気を味わってもらい、ライブでは十分に楽しんでいただきたいと思っています。

営業時間は18:00~2:00(日曜祝日は0:00まで)月曜休み。
当分の間は無休で営業しております。

b0169403_11341808.jpg
b0169403_11360625.jpg
b0169403_11370629.jpg
まだまだ未完成の部分もありますが出来るだけ以前のクロスロード店内に近付けたつもりです。
カウンターが広くなったので以前より広がり感は出ています。
ライブスペース部分は若干狭いですが、アコースティックで3~4人のライブは可能です。
カウンター内が広いですので、ミュージシャンやお客さんに開放することもあります。
良質な音楽を聴きながらおいしいお酒とのんびりとした時間を楽しんで下さい。

オープン直前、台風10号が岩手県に上陸しました。
観測史上初の東北地方太平側への上陸でした。
盛岡市は拍子抜けするほど何事もなく過ぎ去りましたが、沿岸部の宮古市や久慈市では街が水没するほどの被害が出ました。
また、北上山地太平洋側岩泉町の山間部では小本川が氾濫し甚大な被害が出ています。
10名を越える犠牲者が出てしまい、いまだに連絡の取れない方々もいますし孤立したままの集落もあります。
道路もあちこちが寸断され救援の手が思うように届かない地域があります。
一刻も早い救援と復旧を願っています。
そして、亡くなられた方々のご冥福を心から祈っております。


[PR]

# by ma.blues | 2016-09-03 12:42 | 営業案内 | Comments(0)  

開店まであと一週間!

開店まであと一週間となりました。
店内改装はほぼ終わり、開店準備に追われております。
準備が整い次第、店内画像をアップするつもりで考えています。
しかし、見切り発車の部分もあり完全な状態での開店とはならない感じです。
店舗が決まってからバタバタと大急ぎでやってきましたので、その点はご容赦下さい。
出来るだけ皆様にゆっくりしてもらえるような状態にはしたいと考えています。

今回、新店舗での再開が可能になったのは本当に多く方にご支援いただいているおかげです。
この場をお借りして皆様に御礼申し上げます。
焼失後の二年半近く、支えて下さった方々がいたことで自身も諦めずに次の目標を見つめ続けることが出来ました。
一人ではとてもここまでやって来れなかったと思います。
なかなか次の店舗が見つからず、生活の手段であるアルバイトにもなかなか付けず、心が折れかけたこともありました。
しかし、折に触れ声をかけてくれ励ましてくれる方々が常にいました。
そうした方々の存在があって現在の自分があります。
本当に本当に感謝いたします。
場所が変わった新店舗での展開は今までとはまた違ったものになるかもしれません。
ただ、いらっしゃって下さる皆様には以前と変わらぬ雰囲気を味わっていただけるよう努力いたします。
今後ともクロスロードを愛していただけたら有難いです。

なお、店内ライブに関しては9月は一本入っていて10月にも一本入っています。

9月11日(日) PM7:00
「国分寺エクスペリエンス」(アコペリ) from東京
チャージ:2000円(ワンドリンク付き)
東京、国分寺からやって来るグループです。
普段はバンド形式のグループですが、今回はアコースティックユニット「アコペリ」(ギター&ボーカル)として登場です。
あの大震災後、釜石での復興ライブにも常連として参加して来ていますし、毎年県内で演奏活動を続けているグループです。
今回は北上、宮古、盛岡の三カ所でのライブとなります。
9/9(金)北上:「バレルハウス カプカプ」
9/10(土)宮古:「カントリーズcafe」
9/11(日)盛岡:「Live Bar CROSSROAD」
ギターのゆきおくんは10代の頃、某有名ブルースバンドのギタリストに抜擢された実力者です。
ぜひ、この機会に彼らの音楽を楽しんで下さい。

10月15日(土) PM7:30
「親指企画」原田K介(ギター、ボーカル)赤羽エリック(ギター、ボーカル) from東京
チャージ:1500円(ワンドリンク付き)
東京で司法書士を生業とする傍ら音楽活動を続けているコンビ。
震災後は司法相談のため定期的に沿岸を訪れていて、その際に盛岡などでライブを入れています。
今回は翌日の「中津川ベリフォークジャンボリー」への参加のためやってきます。
コミカルな内容の歌詞を真面目に歌う姿が妙に気になる原田K介、彼をサポートするギター技術のしっかりした赤羽エリックのコンビが楽しいライブを演出してくれます。
小さな小屋でのライブにはぴったりの二人だと思います。
是非、聴きに来て下さい。

クロスロードでのライブをご希望の方はコメントで知らせていただくか、メールにてご連絡下さい。
常時受け付けております。
メールアドレス:manifest_1951@mail.goo.ne.jp
ただし、小さなスペースですので基本的にはアコースティックで人数的には三人か四人くらいまでになってしまいます。
よろしくお願いします。(条件などはメール等でお知らせ下さい)



[PR]

# by ma.blues | 2016-08-26 13:40 | 営業案内 | Comments(0)