雪の日のライブ

昨夜はハウスバンドHot club of MORIOKAのライブでした。
前の夜未明から雪が降り続き、朝には街中でも積雪10センチ以上。
僕の家は山に近いせいかそれよりも積雪が多かったです。
でも、昼頃からは晴れて雪もやみ道路の雪はほとんど溶けました。
街中ではこの冬初めての積雪でした。

気温はさほど下がりませんでしたが
ライブの集客は・・・・・と思っていたらやはり低調でした。
でも、初めてライブに来て下さったお客さんも二人いて
本当に少しずつですが認知されつつある実感を感じます。

さて、ライブですが僕のミスで加湿器を付けっぱなしだったため
ギターがやや湿った音になってしまいました。
初の雪の日ライブでしたので判断をいろいろと誤った部分があります。
メンバーやお客さんには大変申し訳なく思います。
次からは大丈夫です!

ところで、閉店準備をしていたところ二人連れのお客さんが。
ヒーターも消してしまって少し冷えた店内に入って来られました。
慌ててヒーターを付け、注文をいただく。
お二人とも店内を見て気に入っていただけた様子。
お一人はジプシー音楽に詳しく好きなバンドは
ルーマニアンジプシーのブラスバンド「ファンファーレ・チォカリーア」

彼はジプシーの流れが北インドから始まったことや
ヨーロッパ全土にジプシーが存在すること、
スペインのフラメンコはアラブの音楽とジプシー音楽との混合体であること
などなど、様々な点でヨーロッパ音楽にジプシー音楽が影響していることを
お隣のお友達にいろいろと説明していました。

僕は正直、ルーマニアンジプシーに関しては詳しくありません。
彼の説明はとても興味深いもので参考になりました。
しかも、彼はブルーズも好きとのこと。
それゆえ、店の看板にある「Gypsy Jazz,Blues」に目を止めたようです。
マニアックな視点でこの店を見つけて下さったことに感謝です!

ひとしきりお話をして帰って行かれましたが
またのお越しを心待ちにしております。

b0169403_18494296.jpg

[PR]

by ma.blues | 2009-11-22 18:52 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 朝の雲 営業時間変更 >>