フロムソウルのライブ

29日(土)は「フロムソウル」のライブでした。

ギター、ボーカル、サックスという変則的な組み合わせのユニットですが
元々はドラム、ベースのいるフルセットのバンドだったそうです。
いくつかの変遷を経て現在のユニットになったようです。

ライブは少しの休憩をはさんで2部構成。
ソウル系の楽曲が多かったです。
特に山下達郎が好みのようで数曲が選ばれていました。
ボーカルの生内くんは声量があり、この店ではやはり小さすぎる感がありますね。

どの曲も彼らのアレンジが入っており原曲とはちょっと違った雰囲気がありました。
「テネシーワルツ」をブルース風にアレンジしたり、ちあきなおみの「雨に濡れた慕情」もソウル風味が効いていたり。
ギターを担当している小川くんはしっかりとしたテクニックでバンドの基本になっている感じですね。

全体的にシャウトする曲が多く、バラードの曲も1部シャウトが入ったりしていましたが
もっと無理しないで出せる音域で歌えば印象がずいぶん違うのでは?と思いました。
最後にキャンディーズをやると言いましたが曲名は言わなかったので曲を予想していたのですが
予想通りの曲でしたので僕は思わずニヤリ!でした(笑)

b0169403_18204596.jpg
b0169403_1821364.jpg
[PR]

by ma.blues | 2010-06-01 18:21 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 数年振りの再会 6月のライブスケジュール >>