ジプシースウィングナイト

昨夜はハウスバンド Hot club of MORIOKAのライブ。
バイオリニストが加わって2回目のライブです。

今回は全員がエレクトリック。
今まではバッキングのギター二本をマイクで音を拾っていましたが
すべてピックアップ付きに変更して初めてのライブでした。
マイクで拾うと狭い場所なのでどうしてもどこかでハウリングを起こしやすかったのですが
今回はまったくハウリングが起こりませんでした。
やはり、狭い場所ではラインでの演奏が功を奏しますね。
ただし、音の作り方は逆に難しくなります。

前回同様、前半は今までのホットクラブスタイル、バイオリン抜きでのライブ。
後半途中からバイオリンが加わるといった形で行いました。
マイクでは難しい場面もあった音量の調整もラインで拾うとかなり楽になります。
ただし、弾き方にばらつきがあるとその分の影響がもろに出て来ますので気を使いますね。

演奏は前回よりもまとまった感がありました。
若干、湿度が高く今回も前半途中までは音が湿りがちでしたが
徐々に音も落ち着いて来てかなりいい感じになったと思います。
バイオリンとソロギターとの掛け合いはまだしっくりとは来ていませんが
前回に比べたらずいぶんと改善されて来ています。
練習の成果が出て来ている気がしますね。

今後はバイオリンを加えた曲も増えて行くことでしょう。
さらに進化して行くハウスバンドに期待して下さい。

b0169403_2035219.jpg
b0169403_204427.jpg

[PR]

by ma.blues | 2010-07-11 20:06 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< スペイン優勝! 今夜の料理 >>