歌声スナック、クロスロード

さてさて、26日(日)は佐藤淳一さんと三浦輝夫さんのライブでした。
前回もそうでしたが彼らの音楽はフォークだけとは言えず、演歌やらポップスやらいろんな曲が登場して来ました。

トップで演奏した三浦さんはまず演歌から(笑)
前回もそうでしたが独特のピッキングで歌う彼の演奏はちょっと不思議な雰囲気を感じます。
今回はお友達がリードで参加してフォーク系の歌をやってくれました。
声は伸びのあるきれいな声でとても還暦過ぎとは思えません(笑)

b0169403_19424075.jpg


休憩をはさんで佐藤さん。
前回同様、浜田省吾の歌などでフォークと言うよりポップスに近い感じ。
彼の声もきれいで丁寧な歌い方はカラオケスナックで女性を泣かせていることでしょう(笑)
彼らのようにきれいな声の持ち主はホントうらやましいですねぇ。

b0169403_19453720.jpg


今回は大通りで「K's」というお店を経営されている小松さんを連れて来られていて、彼も一曲歌ってくれました。
前夜、歌い過ぎて声が出ないと普段よりキーを下げて歌ったようです。

b0169403_19481814.jpg


そして、最後は恒例の(笑)シング・アウト。
今回は「22歳の別れ」でした。
しかし、お客さんはイマイチ声が出ていませんでしたねぇ。

こうして「歌声スナック、クロスロード」のライブは終了しました(笑)
こんな夜がたまにあってもいいでしょ?

[余談]
あらかたの皆さんが帰られたあと、残った佐藤さんと女性客2名と「K's」へ行って来ました。
カラオケスナックといった感じですが女性従業員は居ません。
佐藤さん、まだ歌い足らなくてここでも歌ってました(笑)
僕は歌うつもりはなかったのですが「成り行きで」歌うことに。
エリック・クラプトンの「ワンダフル・ツゥナイト」
カラオケは去年の11月あたりに歌って以来じゃないかと・・・・・

そこへ電話が入りました。
プログレッシブロックを聴かせるマニアックな店「バロック」の店主からでした。
「店、閉めちゃったんですか?」
「ごめん! 日曜は0時までなので閉めちゃいました」
「そうですか・・・関さんも来るんですけど・・・」
ウ、ヤバい(汗汗)
関さんとは「スコッチハウス」の店主です。

これは申し訳ないと店に戻ります。
すでにお二人とも揃って店の前に立っていらっしゃいました。
ともかく、お二人を連れて「K's」へ戻ります。
席に座って簡単な紹介を。
われわれ五人のうち、佐藤さんを除く四人は全員お店の主人。
マスターとママの集団でした(笑)
そこへ「K's」のマスターも加わり、何とも奇妙な集団と化しました。

そんなこんなで夜も更けて行きましたとさ。どんどはれ。
[PR]

by ma.blues | 2010-09-28 20:07 | ライブ報告 | Comments(2)  

Commented by 三浦輝夫 at 2010-10-05 15:24 x
掲載ありがとうございました。そしてまた昨夜は楽しいひとときをどうも。「やまもと」に歌が流れたのは10年ぶり以上でしょう。またいつかやりましょう。
Commented by ma.blues at 2010-10-05 15:57
こちらこそ、楽しい夜を有り難うございます。
また飲み過ぎてしまった・・・
でも、楽しいからいいんだ!(笑)
店主

<< 10月のライブスケジュール アヴァンギャルドな夜 >>