昭和歌謡、フォーク、演歌、スウィング・・・・・

さてさて、鬼更新。

モノクロフィルムのライブの翌19日(日)は忘年会を兼ねたパーティでした。
のんびり酒を飲みながら、適当に歌いたい人や演奏したい人が演奏するという目論見でしたが、趣旨がうまく伝わらず来てくれたプレイヤーも人を連れて来てよいものか迷ったようです。
きちんと伝えられなくて申し訳なかったです。

この企画を入れたあと、東京のミュージシャンからこの日にライブをやりたい旨が入りました。
いろいろと迷ったのですが「こんな企画の頭に演奏を入れるという形でよければ」と伝えたところ、快諾してもらえてこの日のライブが決定しました。

「矢野忠と青空ロマンス楽団」のリーダー矢野忠くんとサックスの遊子さんが来てくれました。
花巻、北上とライブを行ったあとに盛岡入りというハードスケジュールにも関わらず、彼らの演奏は熱の入ったもので実に楽しいライブを行ってくれました。
遊子さんのサックスは個人的にかなりお気に入りです。

b0169403_18521293.jpg

[矢野忠のブログ] http://www.myspace.com/yanoo/blog

彼らのライブはエノケンの曲など昭和歌謡のほか、マヌーシュ(ジプシージャズ)のナンバーでもありハンブルク時代のビートルズも演奏していた「スウィート・ジョージア・ブラウン」などのジャズナンバーもレパートリーに実に多彩な演目を披露してくれました。
遊子さんが最終の新幹線で帰京しなければならないため約40分ほどの演奏でしたが、店内をぐっとまとめ上げる力を持っていました。
また是非ともここでライブをしてもらいたいものです。

さて、ライブ後は当店で何度か演奏している佐藤淳一さんと三浦輝夫さんが交互に登場。
三浦さんはお客さんの一人をボーカルに仕立て人間カラオケ状態(笑)
また、アルトサックスを持ち込んだお客さんのバックなどには矢野くんがついてくれるなど、本当に様々な音が流れて楽しい雰囲気の飲み会が続きました。

b0169403_1951516.jpg

b0169403_1953525.jpg


ブラジル音楽・ショーロの弾き手千葉くんや「みかんや」のみかんさんなども加わり大セッション大会。
大はちょっとオーバーですが、それぞれの感性をぶつけ合う感じのセッションでした。

夜も更けて来た頃、ハウスバンド Hot club of MORIOKAのリーダー寺田くんが登場。
飲み物を飲む間もなく、さっそく矢野くんと「マイナースウィング」のセッション。
マヌーシュの代表曲ですから、二人であればすぐにセッションが行えるわけです。
その後、矢野くんからいろいろと無茶振りをされて寺田くん、冷や汗をかいていました(笑)
b0169403_191052100.jpg


この夜も本当に楽しい時間を過ごせました。
東京からの矢野くん、遊子さん、釜石から来てくれた阿部くん、そしてご来店下さった多くのお客さん、本当に有り難うございました。

矢野くん、阿部くんも桜山地区の問題に関心を持ってくれ、署名活動などの協力をしてくれています。
サンキュウ!!
[PR]

by ma.blues | 2010-12-23 19:17 | ライブ報告 | Comments(2)  

Commented by teru at 2010-12-28 19:33 x
楽しい一夜でした。あのあと、後藤さんと「きらら」という店で、カラオケ三昧。そちらは更に盛り上がったんですねえ。
よいお年をお迎え下さい。
Commented by ma.blues at 2010-12-29 23:52
teruさん、本当に楽しい夜でしたね。今年はいろいろとお世話になりました。知り合えて大変嬉しく思っています。また来年もよろしくお願いしますね。
店主

<< 年末年始の営業 「価値のない者達」・・・・・・... >>