一週間連続ライブスタート!!・・・・・第一弾、二弾報告

一昨日から始まった「桜山問題を考える特別月間」一週間連続ライブ。
第一弾は「佐藤淳一VSよしだかずを」
見た目も歌もまさに「静と動」といった感じになるだろうと予想した通り、佐藤くんの透き通った声とかずをくんのだみ声。座って静かに歌う佐藤くんとスタンディングで足も踏み鳴らし歌うかずをくん。
好対照な雰囲気のライブになりました。

冒頭、佐藤くんは店主に成り代わり、今回の連続ライブの意図や桜山問題についての解説をしてくれました。
店主からは特別アピールめいたことをするつもりはなかったのですが、こうして出演者がやってくれることは大変嬉しいことです。
b0169403_15473175.jpg


「反対運動」と一括りにされてしまうことも多いですが「反対のための反対」をするつもりなどさらさらありません。
むろん、立ち退き地域に含まれている以上、そのことに付いて反対するのは当たり前のことと思いますが桜山地区全体の問題として考えるならば、「ただ反対する」ことで表現するべきではないと考えています。
この店はこの地区にあって、様々な音楽の生演奏を提供して行きたいと考え運営しています。
音楽は憩いであり癒しであり思いを込めるものであり人を楽しませるものだと思います。
そんな音楽を通じて今回の問題を浮き彫りにして行くことが出来たらと考えています。

そうした店の思いに今回参加してくれるミュージシャンたちは賛同してくれています。
彼らの演奏や歌を通じて、僕の思いが多くの方に届けられたらと思っています。

話が横道にそれましたが、第一弾の「静と動」はそれぞれの持ち味を生かしたライブを行ってくれました。
b0169403_1548261.jpg


かずをくんは大サービスでオリジナル曲だけでなく、彼が若い頃から愛し続けている曲をやってくれました。
本来なら、もっとノリノリの曲が多いのですが、今回はしっとりと歌い上げるものが多かったですね。
二人でのデュオ、友部正人の「一本道」はまるで今まで一緒にやって来ているかのように息が合っていてそれぞれの歌い方、解釈の仕方で演奏してくれました。
b0169403_15483734.jpg


お客さんもずいぶんと来てくれて、とてもいい雰囲気で初日を終えることが出来ました。

昨日の第二弾は「ONNYK vs月井章」
いわゆる「即興系」で二人とも旧知の仲です。

前半はONNYKのソロ。今回はバリトン、アルト二本のサックスとフルートにサックスのマウスピースをつけたもの。
バリトンから始まりアルト、フルートとだんだん楽器が小さくなって行きました。
本人曰く「だんだん小さくなって行くと楽なんですよ(笑)」だそうです。
b0169403_15501370.jpg


演奏は、以前聴かせてもらった若干若い頃の音源に似た雰囲気でしたが、音自体は練れていると言うか尖った感じが薄れていい感じでした。
前回は立って吹いていましたが、今回は椅子に座っての演奏です。
二三日前に体調が悪いと言っていて「吹けないかもしれない・・・」などと言っていましたが、どうやら体調も戻った様子で不安感のあるものではなかったです。
b0169403_15504369.jpg


後半は月井くんのソロギターと二人でのセッションです。
例によって、月井くんは客席と斜めに対峙しての演奏。僕がいるカウンターからは後ろ姿しか見れません。
途中からONNYKが加わってセッションに。
掛け合って、突っかけ合って上り詰めて行くのかな?と思っていたのですが、雰囲気的にはお互いを探り合っている時間の方が長かったような。
b0169403_15511670.jpg


セッションは面白いもので、あっという間に上り詰める場合や、なかなか上り詰めれなくて結局不完全燃焼で終わる場合などいろいろあります。
不完全燃焼と言ってもつまらないと言うわけではないのですが、上り詰めた満足感とはちょっと違いますね。

ともかく、こうして無事に二日間を終えました。
まだまだ続きます!!
[PR]

by ma.blues | 2011-01-18 15:55 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 2.6ライブイベント詳細決定、... 盛り上がったブルーズセッション... >>