連続ライブ第四弾、第五弾・・・・・JANGO、YUKI&FATS

第四弾は若い才能がきらめくJANGO。
就職も決まり、春からは晴れて「社会人」となります。会社人となってもライブ活動は続けてくれることでしょう。

この日も、いつもの通り父上とのデュオ。
親子だからという理由だけでなく二人の息はよく合っています。お互いの持ち味を生かす方法をすでに会得している感じがします。
カントリーブルース系ですが、全体としてロック感があり、ノリのいいリズムを刻む翔太くんのギターはなかなかいい感じです。

昨年暮れ近くに単独でアメリカへ行き「ルート66」を辿って来たそうで、彼のオリジナル曲「ルート66」は力と思いがこもっていました。
b0169403_14422373.jpg


今後も期待出来る若い才能です。
クロスロードでは定期的に彼のライブを入れて行きますので、是非聴きに来て下さい。

第五弾はYUKI&FATS。
安心感のあるステージングと演奏はプロの域に達しようとしています。長く続けているコンビでの演奏はどんな形へも即座に変換出来る彼らならではのスタイルでしょう。

この日は彼らとしては珍しい曲、岡林信康の「山谷ブルース」を歌うなど、普段とはちょっと違った演目で彼らの幅広さを感じました。
根本に流れるのはソウル、ブルーズですが、時にはシャンソンなどもやりますし変幻自在のステージです。

彼らのオリジナル曲「夕顔瀬ララバイ」はこの日も歌われましたが、とてもいい曲だと思います。
もっともっと、こうしたオリジナルを増やして行って欲しいと思います。
オリジナル曲を収録したCDも出来上がり発売されます。
当店でも扱いますのでお買い求め下さい。
b0169403_1443269.jpg


ボブ・ディランの「アイ・シャル・ビー・リリースト」を日本語訳を加えながら歌うなど客層に合わせた選曲も即座に行う点などは他のミュージシャンには見習う価値があるでしょう。

最後は僕とのまさかのセッション(笑)
いきなり振られて何をするかと考えましたが、ファッツからブルーズナンバー「Key To The Highway」を提案されました。
僕はつたないブルーズハープを吹きましたが、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

彼らもクロスロード常連となっています。
今後もライブを入れて行きますので、是非観に来て下さい。
楽しいライブを演出してくれます。
b0169403_14432793.jpg

[PR]

by ma.blues | 2011-01-21 14:47 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 近頃、珍しい音楽とペインティン... 連続ライブ第三弾・・・・・千葉... >>