署名数29397筆!!(2011年1月27日現在)・・・・・桜山史跡保存計画12

現在までに集まった署名は29397筆です。
昨年11月の第一次集約以来、伸び悩んでいますが三月定例議会へ提出予定です。
2月いっぱいまで集めますので、みなさんの更なるご協力をお願いいたします。

桜山問題は大きな動きもなく、膠着した状態が続いています。
市は土塁・勘定所建設をいったん引っ込めたかのような話をしましたが、案自体を引っ込めることはなくそのまま継続させるつもりです。
その証拠とも言えるのが、先頃配布された市広報の2月1日号において、以前にも記事にした昨年7月のアンケート調査を「盛岡城跡公園と周辺地域の将来像」と題して1ページを割いて掲載しています。

再度、このアンケート調査における市の意図的な部分を書き出せば、
1.調査対象は無作為の2000人。有効回答が863人。
盛岡市の人口は30万人にやや足らない程度。このアンケート調査の人数がどれほど市民の気持ちを代弁出来るのか、はなはだ疑問である。
2.設問に対し、選択式の回答をいくつか用意して回答させるといったものだが、その複数用意された回答がどのようなものであるかすべてを示されていない。

つまり、非常に少ない回答数によって市民の認識を代弁させている点と作為的に作られた設問・回答の全容を明らかにしないことで意図的なアンケートであることを隠蔽している。

このように、大きな動きは見えて来ないにせよ、市はあくまでも計画案に沿った宣伝活動をしており、決して案を引っ込めたわけでも諦めているわけでもないのです。
桜山地区住民にとっては本計画の白紙撤回が原則であり、それが保証されない限りあらゆる話し合いには応じられないという姿勢を崩してはいけないでしょう。

画像は桜山地区出身の高橋司市議会議員の「行政だより」です。
彼もこのニュースで書いているように「ゼロベースから出発」することが基本なのです。
b0169403_1562544.jpg

[PR]

by ma.blues | 2011-01-29 15:08 | 桜山問題 | Comments(0)  

<< 「櫻山かわら版」発刊される! 2.6イベントに参加するミュー... >>