陸前高田の高校生の訴え

http://togetter.com/li/124288

今なお、この現実です。
行政や支援に入っている人たちがさぼっているとは言いませんが、避難所の格差の是正と出来るだけ各人に合わせた避難措置をとって欲しいと思います。
もっともっと、他の自治体に職員や機材などの支援を要請していいと思います。
また、ボランティア組織の効率的配置も同時に考えていただきたいと思います。

こうした訴えを支援母体である県が吸い上げて欲しいのです。
[PR]

by ma.blues | 2011-04-17 23:40 | 東日本大震災 | Comments(0)  

<< 5.8沿岸支援コンサート詳細 福島原発事故の裏に見えるもの >>