「飛べない白鳥」は無事だった

久慈市の久慈川、長内川(おさないがわ)に住み着いていた「飛べない白鳥」のソロの無事が確認されました。
左の羽が半分ほどしかなく、ほかの仲間の群れが北へ渡って行ってもソロは川に残っていたそうです。
そして、地震時の津波は久慈川を4キロほども駆け上りソロの住み着いていた地域にまで来てしまいました。
それ以後、ソロの姿は見えなくなっていましたが、このほど無事が確認されたのです。
飛べぬ白鳥津波逃れた2011年06月18日(朝日新聞)

下記URLは人類以外の生物救済のために設立された非営利団体のHPです。
今回の震災のため、あちこちで飼い主とはぐれた(あるいは失った)動物たちの救済をしています。
国際NGO

避難所によっては動物たちと一緒に暮らせないところもあり、外で動物と一緒にテント暮らしや車上生活をしている人もいます。
一緒に暮らせるスペースを別立てでなんとか作って欲しいと思います。
[PR]

by ma.blues | 2011-06-18 19:03 | 東日本大震災 | Comments(0)  

<< 放射能汚染の拡大 入道ライブ >>