エアコンが効かない・・・

19日(日)は三浦照夫さんと佐藤淳一さんのライブでした。
昼間は28度くらいまで上がったんでしょうか、とんでもなく暑かったです。
ライブは夜の7時からでしたがたくさんのお客さんでエアコンが効かない状態。
奥の席のお客さんのところまでは冷気がとても回らないので、皆さんは扇子を出したりメニューカードであおいだりと申し訳ないことです。

前半は三浦さん。
フォーク調の曲から懐かしい昭和歌謡まで幅広いレパートリーで楽しませてくれました。
といっても、若い人たちには昭和歌謡はちょっと分からなかったかもしれないですね。
しかし、同年代は当然よく知っているわけで懐かしんでいました。
今回は途中から北上からわざわざ来てくれた後藤さんがベースを担当してくれて音に厚みが出ました。
b0169403_23154390.jpg

なお、つまみに出したワラビは三浦さんが持ってきてくれたものです。
有り難いことです。

後半は佐藤さん。
相変わらず伸びのある美声で聴かせてくれます。
一曲、お客さんとして来てくれたK'sBarのマスター小松さんも歌ってくれました。
b0169403_2323878.jpg

お二人とも言っていましたが、震災以後歌う気になれなくて今夜久し振りに歌ったそうです。
震災はいろいろな形に人々の心を傷つけています。
盛岡は大きな被害があったわけでなく被災地と呼べるかどうかと言われますが、このようにたくさんの方が心に傷を負っています。
その意味でも被災地と呼べるでしょう。
b0169403_23262926.jpg

本当にたくさんのお客さんが来てくれて補助用の折りたたみ椅子も総動員という状態でした。
たまにはこんなことも起こるんですね(笑)

さて、今夜は「特別ゲスト」がいました。
実は最近知り合った大通りでJUMAK(ジュマック)という韓国料理店を経営している若いカップルが飛び入りで一曲歌ってくれました。
歌うのは好きだけどライブをやるのは初めてということでかなり緊張していましたが、彼女はきれいな声でとてもいい感じでした。
レパートリーがまだ一曲だけということなのでもっと増やして是非ライブをやってもらいたいものです。
あ、むろんハングルで歌ってましたよ。
b0169403_2334265.jpg


先ほどもお二人の心の傷を書きましたが、大きな被災をしなかった人たちにもいろいろな形で影を落としているのだと思います。
おそらく、今後の生き方にも関わってくる形でそれはあるのだと思います。
沿岸支援とともにそうした部分も真剣に考えて行かなければならない状況になっているのでしょう。
こんな時、この店がどのような役割を果たせるのか僕自身も考えて行きたいと思っています。
[PR]

by ma.blues | 2011-06-19 23:44 | ライブ報告 | Comments(2)  

Commented by teru at 2011-06-25 16:50 x
ほんとにお世話になりました。いつも雑な演奏でお恥ずかしいです。JUNちゃんはいつも丁寧でいいですねえ。私はお客も呼べませんで、おんぶにだっこでした。ごめんなさい。
Commented by ma.blues at 2011-06-26 16:57
いえいえ、そんなことありませんよ。いつも楽しい演奏を有り難うございます。
みんなで楽しめる時間を作れたら嬉しいです。
また、やって下さいね。
店主

<< セッションナイト 放射能汚染の拡大 >>