さんさ踊りに「大浦さんさ」(山田町)が参加

昨日から盛岡さんさ踊りが始まりました。
二日目の今日、パレードのトップを切ったのは今回の大震災で大きな被害を受けた山田町の「大浦さんさ踊り」。
踊りの先頭には「ご支援有り難うございました」の横断幕、そして「大浦さんさ踊り」の大きなのぼり。
人数は少なかったですが、元気のいい太鼓の響きとともにこれまた元気のいい踊りが続きます。
b0169403_1832577.jpg

b0169403_18332681.jpg

b0169403_18334630.jpg

泥に埋もれた太鼓を掘り出し、一生懸命綺麗にして今回のパレードに参加しました。
着物も多くは流されたり使い物にならなくなったため、あり合わせのもので揃えてきたそうです。
「今回の支援にどうしても感謝を伝えたい」としての参加でした。
沿道からはもちろん大きな拍手が起こりました。
こうした機会がどんどん増えていくことを願っています。
そして、みんなが元気になってくれますように・・・

クロスロードのある桜山地区はパレード出発点のすぐそばにあるため、さんさ踊りの時期はたくさんの人々が行き来をしています。
b0169403_18375014.jpg

県庁側、中央通りに面した鳥居です。
この鳥居の向こうの通りをさんさ踊りのパレードが出発します。
b0169403_1839366.jpg

地区側に入った鳥居の下の光景です。
通り抜けるのも一苦労するほどの人の波ですね。

地区内の多くのお店が出店を出しています。
クロスロードは・・・・・
何もしていません(笑)いつも通りの営業。
外の喧噪とはまったくかけ離れた静けさでございます、ハイ。
[PR]

by ma.blues | 2011-08-02 18:50 | 東日本大震災 | Comments(0)  

<< 憤りを禁じ得ない・・・・・  まず、まぁ、次から次へと・・・ >>