YUKI&FATSのライブ

久し振り(数ヶ月かな?)にYUKI&FATSのライブがありました。
毎回、曲構成を変えてやってくれますが、今回は前半にブルーズを多く入れてくれました。
というのも、たまたま青森から観光で桜山へ来ていたカップルがブルーズ好きというのを聞いて、どうも演目を変更してやってくれたようです。
その場の雰囲気やお客さんに合わせて自在に演目を構成出来るのはさすがですね。
b0169403_16285238.jpg

ブルーズのほかにはサム・クックのナンバーもやっていました。
FATSのサム・クックは久し振りに聴いた気がします。
後半はもちろんオリジナルも入れカントリー系の曲もやるなど幅広い音楽性を遺憾なく発揮していました。
青森のカップルは当初「一杯だけ」と言っていたのですが、とうとう最後までライブを聴いてくれてその後もしばらくメンバーや他のお客さんと歓談してくれました。

男性の方は感動して涙ぐむほどでした。
ここへ来たのは「桜山問題」の件でビックコミックなどに「居酒屋評論家・太田和彦」さんが書いた文章の切り抜きを持っていて「いつか行きたい」と思っていたのが理由だそうです。
そして、店名の「CROSSROAD」を見て、入らなきゃなるまいと思って店へ来てくれたのです。
こんな出会いがあると、とても嬉しく思います。
そして、ライブ自体も大変気に入ってくれて機会があればまた来てくれると約束してくれました。

彼らが帰って残ったお客さんの一人はケニー菅沼くん。
来月末に店でライブをやる「ジャズボーカル弾き語り」です。
彼とYUKI&FATSの会話は弾み、音楽についての考え方など様々な話が繰り広げられました。
そして、ケニーの弾き語りで数曲。
b0169403_16293681.jpg

YUKI&FATSもスタンダード好きですから、彼の唄を楽しんで聴いていましたね。
音楽の話は尽きず深夜までいろいろと話し込んでいました。
こんな形でミュージシャン同士が交流を深めて行ければいいな、と思っています。
それもクロスロードが存在する意味の一つだからです。

YUKI&FATSの音源は右メニュー「CROSSROADライブ音源」の中にオリジナル2曲が収録されていますのでご覧になって下さい。
[PR]

by ma.blues | 2012-04-29 16:41 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 熱い(暑い?)ステージ・・・・... 桜が満開だ >>