今年の連休は

いつの間にか、五日間もブログから遠ざかっていましたねぇ。
書くことがなかったわけではないですが、どうも書き込む時間が取れずで。

連休中はいろんなお客さんが来ました。
昨年、一昨年に比べて数は多かったですね。
二年とも連休中はお客さんが少ないので今年も、と思っていましたがいい意味での「想定外」。
しかし、相変わらず県外が多い・・・・・
仙台、三沢などなど。
まぁ、花見仲間は来てくれましたけど。

6日に三沢から来た親子連れは面白かった。
息子さんが盛岡在住。
久し振りに会いに来たようです。
ご夫婦は高校時代の同級生で(?)ギター部所属だったそう。
ギター部って最近聞かないですよね?
大抵は軽音楽部とかに変わって言わば「過去の遺物」。
でも、いまだにギター部を名乗っている高校もあるようです。
かなり希少価値のある存在です。

で、ご主人の方はずっと楽しそうにギターを弾いていました。
しばらくやってなかったと言っていましたが、なかなかの腕前でしたよ。
ギター部というのは大抵クラシックギターをやるのが主流ですから、彼も例外でなくクラシックギターの定番「アルハンブラの想い出」や「禁じられた遊び」をさらりと弾いていました。
僕はそれ系がからっきしダメですからうらやましく聴いていました。

彼らが来る前にすでに地元ですが初めてのお客さんが来ていて、彼はずっと合唱をやっていたそうです。
息子さんは東京にいて、公務員だけどロックでバンド活動をしているという。
子供の頃にいろいろと教えたけど、あっという間に抜き去られたと言っていました。
でも、そうして教えてもらったことがきっかけで今があるんでしょうから。

三沢のご夫婦はご主人のギター伴奏で奥さんが歌うという何とも微笑ましい雰囲気でした。
が、息子の方は彼らをほったらかしてカウンターにいる地元のおっさんのところへ来ていろいろと話し込んでいました。
耳に入ってきた会話によれば、そのおっさんはかつて児童文学を書いていたそうです。
三沢の息子の方は小説を書いていて何度か応募をし落選しているようなのです。
どうも、その辺りの話に花が咲いてかなり突っ込んだ話もしていました。

こんな風に楽しんでもらえるのが本来の店の姿ですね。

そんなこんなで楽しんでいると秀ちゃんが登場。
「お寺でライブ」の打ち合わせに来たのですが、どうせだからということで二人で演奏することに。
と言っても、僕の弾き語りに秀ちゃんのベースが加わるというパターンですが。
「お寺でライブ」でやる曲を全部やってしまいました。
プラス、ビートルズを一曲。
どの曲も古い曲ですので地元のおっさんも三沢のご夫婦も知っていて曲によっては参加してくれました。

1日に仙台から来てくれたお客さんたちは高校の先輩後輩。
ともに音楽好きで高校時代からバンド活動をしてきたようです。
今でも、仲間で集まってやっているそうです。
先輩後輩が近くにいるというのはいいことですね。
僕のように高校卒業と同時に地元を離れてしまった人間にはあり得ない状況です。
そこかしこに仲間は出来ましたが「いつも一緒に」という人間たちはいませんから。
これもまた、うらやましい限りです。

さて、連休も終わり「3周年感謝週間」も今日明日の二日限りです。
お誘い合わせの上、ご来店下さい。
[PR]

by ma.blues | 2012-05-11 19:14 | 営業案内 | Comments(0)  

<< 新しいギタリスト登場! 原発ゼロの日 >>