華やかな雰囲気のジャズナイト・・・・・小林ゆうこwith小林道夫

報告が遅れましたが、23日(土)には素晴らしいジャズシンガーのライブでした。
東京から戻って来たばかりの小林ゆうこさんと小林道夫くんのご夫婦。
ゆうこさんは浅草ジャズコンテストや神戸ジャズボーカルクイーンコンテストでグランプリを受賞した実力派。
道夫くんは岩手の出身、ゆうこさんは福島の出身、ともに東京で活動していましたが、意を決して岩手へ引っ越して来たようです。

ジャズライブというとどちらかと言えば静かな雰囲気で聴き込むものが多いですが、この夜は違いました。
ゆうこさんはポップシンガーが持ち合わせているような明るさがあり、二人のにこやかで楽しそうなステージはどこか華やかさがありました。
普段から、二人でセッション的に演奏し歌っているということで、ステージでもその雰囲気がよく出ていました。
二人が顔を見合わせながら曲を始める感じは非常にいい雰囲気でしたね。

この夜は、宇都宮からの観光客のお客さんなども加わり、クロスロードとしては超満員。
補助椅子をほとんどすべて出し切った感じでした。
彼らの初めてのライブでしたので何とかお客さんを集めたかったのですが、本当に嬉しい限りです。
店の常連さんたちも時間差で顔を見せてくれましたし、彼らのお友達も来てくれました。
とても、いい雰囲気で楽しいライブになってよかったです。
b0169403_221172.jpg

ゆうこさんはとてもキュートな感じでその歌声に引き込まれたお客さんが多かったでしょう。
道夫くんのギターは実に優しいトーンで彼女をサポートしていました。
二人が作り出す雰囲気は彼らにしか出せないものだと思います。
b0169403_2235160.jpg

アンコールも入り、最後は居合わせた三周年企画(7月28日)でショーロを弾く千葉くん、秀ちゃん(ベース)、ケニーとのセッションまでも。
b0169403_2251548.jpg

左下に両手を挙げて写っているのはゆうこさん。こんな茶目っ気もあります。

遅くなってから、紫波町に出来た「オガール紫波」内にある喫茶スペース「マキネスティ」をコーディネイトした辻さんがいらっしゃってゆうこさんたちと歓談。
彼はシアトルから「オガール紫波」のオープンに合わせて来日しているのだそうです。(もう帰ったかな?)
彼との話はとても楽しく興味のあるもので、僕にとっては二重三重に楽しめた夜でした。

あっという間に深夜になり、お開きとなりましたが千葉くんとケニーは意気投合してまだまだ演奏し足らない雰囲気でした。
今後も彼らのライブを入れて行く予定でいますので、今回観れなかった方は次の機会に是非!
ライブのYouTubeは後ほどアップします。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます

[PR]

by ma.blues | 2012-06-27 22:26 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 小さな集落の大きな試み・・・・... 6.29緊急!大飯原発再稼働決... >>