和やかな雰囲気でライブ・・・小林ゆうこ&小林道夫・・・ジャズナイト

29日(土)は久し振りの登場、小林ゆうこさんと道夫くん。
彼女のボーカルはトップレベルのもので盛岡で彼女の歌を聴けるのは嬉しいことです。
浅草、神戸の両ジャズコンテストでグランプリを取り、今やあちこちからゲスト出演の依頼が殺到している彼女。
バンドを従えてのボーカルももちろん素晴らしいですが、個人的には道夫くんとのコンビが最高に思います。
夫婦であるという利点もありますが、それ以上に「音楽仲間」としての信頼感が二人の間にはある気がします。

この日は道夫くんのご両親がいらっしゃり、さらにそのお知り合いの方たちもということで非常にアットホームな雰囲気のライブになりました。
道夫くんはちょっと緊張したようです。いつもより口数が少なかった気が・・・・・
むろん、気合いも入っていたでしょうがこの夜の二人の演奏は素晴らしかったです。
自分たちが伝えたい音楽をやれていたんじゃないでしょうか。
b0169403_12522587.jpg


ライブは二部に分け二時間ほどやりましたが、ちょうど終わった時に一人のお客さんが来たため、少し休憩して三曲彼のために歌ってくれました。
緊張がほぐれていたせいか、この三曲はさらに素晴らしかったのです。
適度の緊張感は演奏をより高めますが、リラックスしている時にも同様の状態になることがあります。
この夜はこの二つの状況での演奏を聴くことが出来ました。

彼らのレパートリーは幅広く、次に何が飛び出して来るか分からないライブです。
スタンダードのみならずボサノバがあったりビートルズのナンバーが出て来たりと変幻自在。
それらを自分たちの味を活かして聴かせてくれます。
道夫くんのギター、以前聴いた時よりもさらにゆうこさんに寄り添う形でよくなっていました。
短い期間の間に彼もどんどん進化しています。
これからもこの二人の演奏に注目していただきたいと思います。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます
[PR]

by ma.blues | 2012-10-02 12:59 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 暴走列車「ビッキー」現れる・・... 盛金デモ・・・・・・もう、真っ... >>