フロムソウルのライブ・・・・・あいにくの雨

4日(土)には「フロムソウル」のライブがありました。
昼間からまともに雨が降り続いて足下も悪く残念な条件となってしまいましたが、熱いステージを展開してくれました。
構成はボーカル、ギター、サックス、コーラスとドラム、ベースなどのリズムセクションがない変則的構成のグループですが、まとまりはしっかりとしています。
アレンジなどはすべて自分たちでやっており、カヴァー曲とオリジナル曲の差がほとんどない出来になっています。
基本アレンジは60年代70年代のソウルのイメージですが、リズムセクションがいないことを感じさせないグルーブ感を作り出しています。
その音作りの多くはギターのコウスケくんに依るところが大きく、彼の非凡な才能がグループを形作っていると言えるでしょう。
ボーカルの生内(おぼない)くんはソウルの申し子のような声質と歌い方で、グループの色を濃くしています。
b0169403_1715260.jpg

この日はコーラスに回っているケイコさんのメインボーカルもフューチャーしていました。
b0169403_17144236.jpg

オリジナル曲には盛岡を題材とした曲もあり、一つはクロスロードのある地域(俗称「桜山」)を歌った「桜山ブルース」もあります。
ちょうど「桜山問題」が起こっていた時期に作られたもので、多くのミュージシャンが応援してくれましたが彼らがこうして曲を作ってくれたことは大変な力をもらいました。

曲作りやアレンジ方など非常に素晴らしいものを持っているグループです。
どこかで彼らのステージを見つけたら是非お聴きになって下さい。
生内くんとコウスケくんは紫波町在住ですので紫波町の複合施設「オガール紫波」などでも演奏活動をしています。
お近くの方はお出掛け下さい。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。
[PR]

by ma.blues | 2013-05-05 17:23 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< Hot club of MOR... 花冷え >>