菅原真理子X村上巨樹・・・ノイズと即興と

31日(金)は「菅原真理子X村上巨樹」のライブがありました。
ジャンルは? と問われると説明に苦慮しますが、タイトルに書きましたように、まぁノイズ系と即興の音楽と言えるのかな??

コルグのアナログマイクロシンセを使用して菅原真理子の演奏からスタート。
b0169403_147129.jpg

いらだちと攻撃と防御と安堵、僕にはそんな風に感じられる演奏でした。
即興は多分に体調や精神状態に左右されますから、演奏者の状態によって様々な展開が生まれて来るのではないでしょうか。
張りつめた緊張感とはまた違った彼女の演奏でした。

次に村上巨樹のソロ演奏。
b0169403_150540.jpg

注目されたのはライトを使った演出。
ボリュームペダルを足で操ることによって点滅度合いを変化させていました。
そんなシステムを彼が作ったのだそうです。
おそらく演劇などで使用されているような器具をアレンジしているのでしょう。

ギター演奏はどこかノスタルジックというかメランコリックというか・・・
突き刺すような音の羅列ではなく、バックにメロディが入っているような即興演奏でした。

最後に二人でのコラボ。
b0169403_1542823.jpg

この画像を見るとライトがどんな風に当たっていたか、雰囲気がつかめるかと。
コラボは二度目だそうですが、打ち合わせもなく始めたギター演奏とヴォイスのシンクロ具合はいい感じでした。
どちらかに合わせるというのではなくお互いに呼吸を合わせているといった感じです。
呼吸が合わない人間同士ではこうはならないだろう、と思わせるデュオでした。

YouTubeにこの夜の演奏をすべてアップする予定ですので是非ご覧下さい。
アップが完了しましたら、またこのブログでご案内します。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-06-01 02:01 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 明日2日(日)はお休みします Hot Club Of MOR... >>