全力疾走・・・藤田洋平ライブ

昨夜7日(金)は広島から来た藤田洋平くんのライブでした。
結論を先に言うと事前に観ていたYouTubeで感じた通りのライブになりました。
全力投球、全力疾走といった感じでぐいぐいと迫って来る姿は好感を持てます。
まだまだ荒削りで音程も微妙な部分がありますけど、ヘタに小さくまとまっているよりずっといい感じです。
「吉田拓郎に触発され・・・」とありましたが、今ではすっかり拓郎は影を潜めていますね。
どちらかと言えば、のちに触発されたであろうトム・ウェイツの影響が色濃い気がします。

オープニングは盛岡で活動している「熊谷キャラバン」
グループのような名前ですがソロの弾き語りです。
もともとバンドでギターを弾いていただけあってギターの腕は達者です。
声はハイトーンでオリジナルの曲調はスガシカオあたりにちょっと似ていたり。
b0169403_23311524.jpg

エフェクターの種類はよく分からないのですが、現場で録音してループさせるヤツ、そのエフェクターを効果的に利用していました。

藤田洋平くんはその風貌に似合ったワイルド感がありますが、中身はかなり繊細で不器用な男といった感じです。
その無骨さと繊細さが相まったオリジナル曲は聴く人間に必ず何かを残すでしょう。
b0169403_23362614.jpg

ラスト近くでトム・ウェイツの「Hope I don't Fallin Love with You」では、熊谷キャラバンがエレキギターで参加。
むろん、初めての共演ですしライブ前にちょっと合わせただけでしたがなかなかいい感じで収まっていました。
b0169403_23391662.jpg


藤田洋平くんは32歳、熊谷キャラバンは27歳と若い二人の熱いステージでした。
藤田くんはまだまだツアーを続行しています。
お近くに来た時には是非ご覧になって下さい。

藤田洋平ライブスケジュール
6月8日(土) 八戸 「Power Station A7」
6月10日(月) 大阪 心斎橋 「ら」
6月11日(火) 神戸 「ヴォイス」
6月12日(水) 京都 「モダンタイムス」
6月15日(土) 広島  「シェルター69」
6月20日(木) 広島 「4.14」
6月24日(月) 広島 「外国」


当日のライブ音源です。
三分間・・・熊谷キャラバン
海を渡ろうか・・・藤田洋平
天満川ブルームーン・・・藤田洋平

明日9日(日)は「やぎたこ」のライブです。
6月9日(日) pm7:00~ チャージ1500円(ドリンク別500円)
「やぎたこ」(やなぎ/辻井貴子)
ウッディ・ガスリー、ピート・シーガーなど数多くのオールドアメリカンフォークをレパートリーに持つデュオの「やぎたこ」
ギター、フラットマンドリン、フィドル、ダルシマーなど様々な楽器を駆使して歌い上げます。
神奈川から来てくれる辻井貴子さんのボーカルはエミルー・ハリスを彷彿とさせます。
どこか郷愁を誘う彼らの歌声を是非お聴き下さい。
やぎたこOFFICIAL WEB SITE
やぎたこ音源(YouTube)
オープニングは「因果捏造の夜」を企画した菅野創一朗くんとyukiさんです。
個性的な二人とオーソドックスなアメリカンフォークの組み合わせです。
他では聴くことの出来ないこの組み合わせにご期待下さい。


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-06-09 00:23 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 安定感のある演奏と歌・・・「や... 俳優・映画監督の塩屋俊さん死去 >>