15日は「樋原海」ライブでした

連休の最終日15日は大阪からやって来た「樋原海」のライブがありました。
昨年もちょうど今頃にやって来てくれました。
前回はまったくと言っていいほどお客さんが入らず申し訳ないことをしてしまいましたが、今回は何とか前回よりは多い人数が来てくれました。
彼のギターテクニックと歌は素晴らしいものがあるのですが、どうもなかなか皆さんには伝わっていないようで・・・

オープニングアクトはギター小僧「熊谷キャラバン」が務めてくれました。
いつも飄々としていてつかみ所のない雰囲気ですが、なかなかのギターテクです。
おそらく、社会人になってから学生時代に比べたらライブの回数は減っていると思うのですが、一生懸命に準備して来てくれます。
b0169403_23581219.jpg

見た目通りの好青年ですが芯は強そうで自分の世界を作り上げようと頑張っていることが窺い知れます。
彼のようなミュージシャンがどんどん伸びて来てくれると盛岡の音楽シーンもかなり変わって来ると思うのですが。

海くんは前回ギブソンES125TCというレアなセミアコタイプのフルアコを抱えてのライブでしたが、今回はタカミネのエレガットで登場です。
b0169403_011173.jpg

エレガットに持ち替えてもギターテクは冴え渡っていました。
盛岡にはなかなかいないタイプですので、多くの人に聴いて欲しいミュージシャンです。
若い頃から揉まれて来たことが如実に分かる彼の演奏と歌は必聴です。
今度、機会がありましたら是非お聴きになって下さい。

大阪などと比べてノリの点では盛岡は落ちますが、しっかり聴こうという姿勢がそうさせてしまうのでしょう。
それでも、ラストの曲では全体が手拍子とシングアウトで盛り上がっていました。(ちょい、遅いぜよ!)
前回の時は風邪気味だったせいか、声の調子がイマイチでしたが今回はばっちり。
歌もギター演奏もまた進歩している気がします。
年間150時間ほども旅で演奏し続けているわけで、人によっては手抜きになって来たり小さくまとめるようになったりしますが、彼はまったく手抜きをしないしまとめようとしません。
彼の持てる力をお客さんにすべてぶつけようとしているように思えます。
こんなに真摯な態度のミュージシャンはそうそうざらにいるものじゃありません。
彼のライブ告知を見つけたら必ず聴きに行ってやって下さい。
絶対、彼は裏切らないし損はさせません。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-07-19 00:13 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 盛岡金曜デモ・・・内丸緑地から... 13日(土)はONNYKのライ... >>