セッションらしい夜でした・・・セッションナイト

夕べはセッションナイトでした。
先週は「ニッカ亭」の山ちゃんが来てくれてエレピを弾きまくりましたが、夕べはギターの菅原さんとジャズボーカル弾き語りのケニー菅沼くんの二人。
菅原さんがエレピを弾いて僕もギターで参加。
ブルーズパターンで適当に回して行く。
ケニーはブルーズの何かを口ずさみ、それなりに雰囲気は出来ていました。

菅原さんのピアノはなかなかいい感じ。
もともとピアニストではないけど、アルバイトのために昔覚えたそうです。
歌のバックのピアノとしてはいい雰囲気を作っていました。
ケニーもかなりノって来てスタンダードナンバーでもノリのいい歌声になりました。

ケニーがパターンを変えていろいろなリズムで歌って行くので、それに合わせてバックを付けるのはけっこういい練習になりますね。
きちんと形を決めて曲を完成させるのもいいですが、こうしたセッションで自然発生的に出来上がって来るパターンというのは「形を作り出すこと」に役立ちます。
常にアイデアを瞬時に出して追いかけて行く感じになりますが、そのアイデアは後々に役立つのです。

三時間ほど遊んでそろそろお開きかな?といった感じになったところへ木原あおいクンが来てくれました。
会社のイベントの仕込みから進行を一人でやって来たということで、へろへろの状態でしたが、菅原さんの進めで一曲歌うことに。
イベントで自身も歌って来た帰りなので声もよく出ていていい感じでした。
さっそく、彼のバックを菅原さんと二人で付けてみることに。
うまくいったという感じではないですが、何となく形が作れそうな雰囲気になっていました。
時間があればまた彼の歌のバッキングパターンを作ってみたいものです。

ところで、ケニーが今月一杯で大阪へ戻ることになりました。
単身赴任で盛岡へ来て四年。
ほぼ当初からクロスロードに出入りをしていました。
盛岡のあちこちのお店で歌い続けて彼のファンもけっこう出来ていましたから残念です。
スタンダードをギターで弾き語りするというパターンはどこでもほとんどいませんから貴重だったのですが・・・
あちらへ戻っても活躍してくれることを願います。

セッションのメンバーがまた一人減ってしまいますので、どなたか遊びに来て下さい。
特に若いミュージシャンに来て欲しいですね。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-03-10 21:38 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< あれから三年 第29回4・9反核燃の日全国集... >>