本堂に響くギターとハンマーダルシマー

9月1日(月)は市内のお寺、専立寺にて「ラグタイムギターとハンマーダルシマー」のライブがありました。
昨年、一度店でやっていただいた北海道のミュージシャン二人によるライブです。
自ら編み出した変則チューニングでギターを駆使する小樽の浜田隆史、アイリッシュのトラッド音楽などに使用されるハンマーダルシマーの名手である札幌の小松崎健。
この二人によって紡ぎ出される音楽は幻想的な風景さえ思い浮かべさせます。
平日のライブということもあり、残念ながらお客さんは少なかったですが、とても雰囲気のよいライブになりました。
何より、演奏した彼らが本堂での音を気に入ってくれたのがよかったですね。
b0169403_12102644.jpg
ご本尊の真ん前での演奏。よく響く本堂での演奏は雑なホールよりよっぽどいい音になります。

演目は多彩で様々な民族音楽へアプローチしていました。
ハンマーダルシマーはアイリッシュトラッドで使用されて来た楽器ですが、小松崎健はそこにとどまらず実に多彩な演奏技術を持っています。
また、ラグタイムギターが本来の浜田隆史は小松崎とのデュオで彼をサポートするとともに、卓越した技術を披露してくれます。
b0169403_12211520.jpg
浜田、小松崎二人のオリジナル曲もそれぞれの個性が生かされたものでカヴァー曲と遜色のない出来上がりでした。

彼らは年に一度東北ツアーをしています。
また来年もこちらへやって来ます。
是非聴いていただきたい音楽ですので、その時にはお聴きになっていただきたいと思います。
[PR]

by ma.blues | 2014-09-05 12:26 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 祭日ですが通常通り仮営業いたします ライブ…ラグタイムギターとハン... >>