お寺でライブVol.9

18日(日)は「お寺でライブVol.9」が行なわれました。
あの大震災の年より始まり、すでに9回を数えるまで続いています。
もともと、盛岡市名須川町にある専立寺(せんりゅうじ)で学習会などを行なっていた学校教師の発案で始まったもので、時折店に呑みに来ていた彼から「クロスロードに出演しているミュージシャンなどにも参加して欲しい」という要請を受け参加することになりました。

結局、僕も歌ったり演奏するはめになりましたが、その関わりから彼・佐藤くんのバックでギターを弾くことも多くなり盛劇ライブや中津川ベリフォークジャンボリーなどにも彼とともに出るようになりました。

この日も参加したわけですが、ベーシストとのコンビでZZ's(ジージーズ)と名乗り参加予定がベーシストの急病入院で、急遽、若いメンバー(ドラム、ベース、ギター)にバックをお願いしての参加となりました。
b0169403_18552698.jpg
冒頭は住職と「ちいさな野菜畑」主人小島進さんとの対談。
毎回、ライブの前にはこうした対談を入れています。
その時々の世相や話題などに触れての対談ですが、時間的に短いため消化不良の場合もあります。
それでも、毎回こうしてやってもらえるのは有難いことです。
ちなみに、左が住職で右が小島さんです。
よく「どちらが住職か分からん!」と言われますが・・・
まぁ、見てくれはどちらもよく似ていますからねぇ(笑)
住職、寝ているわけではありませんので誤解なきよう。

この日のライブは僕らのほかに以前店でライブをよくやってくれていた三浦輝夫さん、佐藤さんに加えて初めてライブをやるというK&Kのお二人が参加しました。
それぞれ、個性のある音楽でお聴きになった方々は飽きなかったのでは?と思います。
僕のバックについてくれた三人の実力は大したもので非常に楽をさせてもらいました。
彼らとは初めての演奏でしたが、おかげで楽しい時間を過ごせました。
感謝感謝です。

お寺ライブ、おそらく今後も続くのでは?と思います。
今後はライブ告知も行なっていきたいと思っています。
その際にはよろしくお願いします。
[PR]

by ma.blues | 2015-01-19 19:10 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 中津川の白鳥 出会いは別れの始まり・・・離れ... >>