国分寺エクスペリエンス(アコペリ)ライブ

シルバーウイークの真っただ中22日(火)に「国分寺エクスペリエンス」のボーカルおちょことギターのゆきちゃんの二人によるライブがありました。
彼らは本来ボーカル、ギター、ベース、ドラムのフォーピースバンドですが、バンド形式では出来ない店ですのでおちょことゆきちゃんのみのアコスティックコンビでお願いしました。

オープニングに参加してくれたのは地元盛岡の弾き語り二人。
トップはアコスティックでライブをするのは初めてという小島貴明くん。
会うのも初めてでしたが元気のいい好青年でした。
b0169403_15153824.jpg
この日は初めて作ったというオリジナルも披露してくれました。ギター演奏も歌もまだまだ荒削りですが伝えようとする気持ちがよく分かるものでした。これからに期待したいです。

続いては「やなぎ」
このところ、彼にオープニングを頼むことが多いです。
オーレンというスリーピースバンドをやっていますが、この店ではソロで弾き語りです。
b0169403_15191717.jpg
一度はメジャーデビューを目指したやなぎです。それを果たせなかった悔しさは彼の中に大きく存在していると思いますが、そのことをバネに新たな方向を見出そうとしていることがよく分かります。これからも頑張って欲しい歌い手です。

おちょことゆきちゃんの「アコペリ」
b0169403_15313562.jpg
おちょこはツアーの途中で風邪を引いてしまったとのことで歌うのも辛そうでしたが、最後まで頑張ってくれました。そのこともあって、普段とは違うセットでのライブだったそうです。

ライブ後に話した時に聞いたのですが、ゆきちゃんは一時代を築いた京都の某ブルーズバンドのギタリストとして10代で参加したそうです。
すでに40年ほどのキャリアを持つギタリストになります。
彼のギターに感嘆した、客として来ていた若きギタリストたちが彼にいろいろと指導を受けセッションをしていました。
ライブは演者とお客さんが互いに刺激を受けるものだと思います。
自然発生的にこうした状況が生まれるのはその意味でも喜ばしいことです。

お客さんと一体になれるライブをこれからも仕込んで行きたいと考えています。
地元盛岡のミュージシャンと他所から来るミュージシャンとの繋がりがより多くなってお互いが刺激を受けるような状況になれればいいな、と思っています。
[PR]

by ma.blues | 2015-09-29 15:36 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 10月のライブスケジュール 3年振りのライブ・・・柿崎タカヒロ >>