異色同士の共演・・・ヴェロニーク、宮西計三、チバ大三

10日(水)に行われたライブは異色同士の共演でした。

「ヴェロニーク」:盛岡アヴァンギャルド界の奇才ONNYK(サックス)とニコレッタ(ヴァイオリン)のコンビ。
以前にもクロスロードで一緒に演奏したことがありました。
即興的な演奏ですが、今回はかなりメロディアスな部分もありました。
b0169403_1442584.jpg


「宮西計三」:画家でもありミュージシャンでもある彼はギター弾き語り。
とは言え、一般的な弾き語りとは違いギターの演奏スタイルは琵琶奏法に近いもので歌は謡曲的であり語りに近いもの。
全体の雰囲気は芝居を意識したものと思えます。
b0169403_14487100.jpg


「チバ大三」:盛岡市出身で東京在住。関東を中心に精力的に全国で演奏を続けている。
「独唱パンク」を自称し「サバ道」を提唱する。
言葉で書いても分からないでしょう。一度聴いてみて下さい。
彼の歌詞には常にアイロニーが溢れていて、社会派的な歌であっても直線的ではない。
福島原発事故後に訪れた福島県飯館村で見た光景を歌った「野良牛の冒険」は必聴です。
b0169403_14572286.jpg


オープニング的にチバ大三とニコレッタが「スターリン」の曲をセッション的に演奏しました。
意外な組み合わせに思えますが、けっこう雰囲気が作れていて二人の相性はいいように思えました。
b0169403_14593284.jpg

また、盛岡で弾き語りの活動をしている中村裕美さんが来ていてチバ大三の前に自己紹介的に一曲歌いました。
若く発展途上の彼女は元気もよく物怖じしないタイプでいい感じに育ってくれればと感じました。

この夜は多くのお客さんで店はいっぱいとなり立ち見が出るほど(席数自体が少ないですので)
b0169403_1531877.jpg


クロスロードでこうした企画のライブをやることは少ないですが、このような機会にはぜひ聴きに来てもらえたらと思います。
[PR]

by ma.blues | 2016-02-15 15:06 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 岩手のライブ情報サイト紹介 反原発、反安保法制の集会のお知らせ >>