三人の個性が光ったライブ・・・「菅野創一朗東北ツアー」at盛岡

23日(水)に行なわれた「菅野創一朗東北ツアー」at盛岡のライブは立ち見が出るほど盛況でした。
出演した三人はそれぞれが独自の世界観を持っている個性的な歌い手たち。

トップを受け持ってくれたクロスロード初登場の中村裕美さん。
もともとエレクトリックのバンドで活動しているようで、アコスティックギターに持ち替えてもそのロックテイストは変わりません。
b0169403_19371568.jpg
ギターがやたら大きく見えますが、実際彼女は背が低い「小さな子」という感じです。しかし、その容姿からは想像しにくい歌詞と演奏は聴く者を惹き付けます。

二番手は「東洋線」の及川智明くん。
クロスロードでの演奏は久し振りでしたが、以前と変わりなく聴く人間にぐいぐいと迫って来る歌声です。
ライブ前に浜松市篠原産のサラダ玉ねぎを食べさせたのですが、彼がネギ好き人間ということをこの時初めて知りました。(どうでもいい情報かも?)
b0169403_194491.jpg
「口が玉ねぎ臭い」と言いながらの演奏。ギターの技術は相変わらずで安心して聴けるタイプです。

ラストはこの夜のメイン、菅野創一朗くん。
岩手大学生だった頃からクロスロードではライブをやってくれていました。
彼の歌う歌詞が持つ独特の世界観は非常に興味あるもので、これからの展開が楽しみに思います。
今回の東北ツアーでは様々な刺激を受けて来たようで、以前に比べてより自信がついている気がします。
b0169403_19505492.jpg
来月2,3日に地元福島でのライブが入っています。さらに成長して行って欲しいミュージシャンの一人です。

三人とも独自の歌の世界を繰り広げてくれました。
裕美さんは「オープニングアクト」という言葉に引っかかっていたようですが、今度はジョイントで出演してもらいますね。
及川くんの「東洋線」を生ではまだ聴いたことがないのです。是非、東洋線として出演してもらいたいと思います。
菅野くんはノビシロがまだまだある気がします。4月からは東京暮らしになるそうですが、また盛岡へライブをやりに来て下さい。
[PR]

by ma.blues | 2016-03-29 20:06 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 懐かしさと暖かさと・・・RAK... 「原発のない未来へ!3.26全... >>