懐かしさと暖かさと・・・RAKKO&Sparrowsジョイントライブ

29日(火)には「RAKKO&Sparrows」ジョイントライブが行なわれました。
RAKKO(らっこ)さんは久し振りのライブ、Sparrowsはクロスロード初ライブです。
RAKKOさんは山崎ハコファンで以前のライブでも彼女の曲をよく歌っていました。
Sparrowsは今では数少なくなったPPM(ピーター、ポール&マリー)のカヴァーバンドで一昨年の「中津川ベリフォークジャンボリー」で初めて聴く機会がありました。
その時はRAKKOさんがマリーの役割を担っていました。
今回は新たに加入したメンバーでの登場です。

b0169403_17161386.jpg
RAKKOさん。久し振りのライブでちょっと緊張していたかもしれませんね。歌い続けて欲しい一人です。
b0169403_17165145.jpg
Sparrowsを聴いていてふと、高校時代を思い出していました。
フォークソング愛好会会長をやっていた頃にPPMのカヴァーを男二人でやっていたので、あの頃にマリーがいてくれたら・・・などと・・・懐かしい歌のオンパレード。
素晴らしいハーモニーでしっかりとPPMの雰囲気を作り出していました。
目をつぶって聴いているとPPMの若い頃の演奏を思い浮かべました。全体のバランスとハーモニーも素晴らしいですが、女性ボーカルとしてはかなり低い音域をきちんと歌っていた彼女はすごいです。

RAKKOさんにはもっと歌って欲しいですね。
彼女のような雰囲気を持った歌い手も少なくなったと感じます。
体調のこともありますし無理せず、少しずつライブを増やして行って欲しいです。
数少ないPPMカヴァーバンドSparrowsももっと登場機会が増えて欲しいグループです。

今回もほぼ満席(出演者が多かったせいもありますが)。
アットホームな雰囲気で楽しい時間を過ごせました。
[PR]

by ma.blues | 2016-03-30 19:03 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 仮営業終了のお知らせ 三人の個性が光ったライブ・・・... >>