アットホームな雰囲気に包まれたライブ・・・三浦輝夫、佐藤淳一

18日(日)は三浦輝夫さんと佐藤淳一さんのライブでした。
桜山のクロスロード時代から毎年1回か2回ライブをやってくれていたお二人です。
仮営業の時も含め、今回で10回目になるそうです。
そうなのか・・・とちょっと感慨深いものがありました。
彼らのライブから佐藤さんのバックでギターを弾くきっかけが出来、現在もそれは続いています。

先に三浦さんのライブ。
アップライトベースの円館さんが加わっての演奏。
三浦さんはいつも何かしらテーマを持ってライブをやってくれます。
今回は意外な作者と歌手の組み合わせで選曲。
演歌から歌謡曲で、たとえば作者がつんくであったり坂本龍一であったり、言われたら「へぇ〜」と思える組み合わせの曲が並びました。
b0169403_13362264.jpg
三浦さんはかつて学生時代に演歌の流しのバイトをしていたそうで、さまざまな曲を知っています。
円館さんのベース音が心地よく響き、年季の入った三浦さんの歌が聴けました。

続いて、佐藤淳一さんのライブ。
始めにソロでの演奏からベースの松平さんを加えて、最後の三曲は僕も加わりました。
b0169403_13363242.jpg
このコンビでのライブはもうずいぶんと数をこなしていますので、かなりまとまった演奏です。
ちょっと風邪気味だと言っていた佐藤さんですが、いつも通り端正な歌声でした。
安心して聴けるコンビです。

彼らのライブはいつもアットホームな雰囲気になりますが、今回も気負いのないライブとなりました。
お客さんの一人は「クロスロードで演歌を聴けるとは思わなかった」と言っていましたが、ライブはノンジャンルで入れています。
いろいろな音楽が交差するのがクロスロードです。

今年のライブは残すところ、あと一つ。
次は若い世代中心のライブとなります。
ぜひ、聴きに来て下さい。
b0169403_13582890.jpg

[PR]

by ma.blues | 2016-12-19 14:00 | ライブ報告 | Comments(2)  

Commented by 三浦輝夫 at 2016-12-20 11:33 x
ありがとうございました。いつも場違いかなあと悩みつつやっていますが、自分の歌を恥じる必要はないかなとも。今度はオリジナルに挑戦しようかと、意を固めていますが、約束はしません。
Commented by ma.blues at 2016-12-21 04:26
> 三浦輝夫さん
こちらこそ、楽しい時間を有難うございました。いつもテーマを持ってライブを作ってくる姿勢は感心しています。これからも「オリジナル」も含めて是非ライブを続けて下さい。次回の店でのライブも期待しています。 店主

<< 今夜のオープニング 今夜のオープニング >>