二連ちゃんのライブ終了

14日(金)は東京秋葉原でライブハウス「秋田犬」を主宰する馬場孝幸さんを迎えて別室でのライブ。
15日(土)は店で杏菜with Friendsとオズのライブ。
二連ちゃんを何とかこなしました。

14日のライブは共演がフロムソウルとZZ's。
ZZ's、フロムソウル、馬場さんの順番でのライブ。
b0169403_01165398.jpg
ZZ's
店主と常連の村井秀児さんとのコンビ。
古い歌のカヴァーと言うかパクリと言うか・・・
歌詞もメロも変えちゃうので作った人が聴けばクレーム必至。
まぁ、聴かれることはまずあり得ないですけどね(笑)
b0169403_01171587.jpg
フロムソウル
いつも感心する生内くんのボーカル。
いくつまであんな声が出るんだろう?と心配しちゃうほどソウルフルでパワーのある歌声です。
コースケくんのギターと中村さんのサックスの絡みもどんどんよくなって来ています。
紅一点のけいこさん。歌うのはいつもキャンディーズかユーミンのような気がするなぁ・・・
まとまっていて安心して聴けて楽しめるグループです。
b0169403_01173007.jpg
馬場孝幸
なんだか以前より若返った気がする。
「まだまだ、現役!」吠えていました(笑)
いやぁ、もちろん現役のプレイと歌声でしたよ。
オリジナル曲は相当数あるようで、次から次へと軽快なトークとともに歌い続けました。
キャッチーなメロが多く、ギタープレイも惹き付けるものです。
このあと、翌日は宮古のカントリーズCafe、翌々日は盛岡のほっと茶屋と精力的にライブをこなしました。

※なお、この日の画像は相馬ゆかさんに提供していただきました。

翌15日は杏菜with Friendsとオズのライブ。
杏菜ちゃんはギターとベースを従えてスリーピース、オズは男女のデュオです。
b0169403_01461458.jpeg
杏菜with Friends
クロスロード初登場の杏菜ちゃん、オリジナル曲を中心に演奏してくれました。
ちょっと独特な歌い方ですが声の伸びがあるしほとんどぶれない歌唱は、まだまだ伸びる可能性を感じます。
バッキングの二人もきちんとサポートすることを心がけているのがよく分かる演奏でした。
b0169403_01463139.jpeg
オズ
きちんとしたギターと伸びのある歌声のデュオです。
健太郎くんのボーカルも雰囲気のあるものでいい感じです。
盛岡市内ではかなり精力的にライブをこなしているようですね。
安定のある演奏でした。
b0169403_01464490.jpeg
オズwith 及川ヌシ
お客さんで来てくれていた及川ヌシくんがギターで一曲参加しました。
彼のギターが加わると、また違った雰囲気になってこれもいい感じでした。

ライブの仕込み二連ちゃんは確かにきついのですけど、いつも終わったあとは「やってよかった」と思えるのです。
15日は杏菜ちゃんのバックでギターを弾いていた牧くんが遅くまで残っていろいろと話が出来ました。
そんな時間を持てるのもライブを仕込んでいるからです。
ライブは一時のざわめきを創出して泡のように消えてしまうものですが、その場にいて聴けたことは無上の喜びでもあります。
様々な音楽とずっとふれあっていけたら嬉しいと思っています。

14日のライブ音源はうまく録れておらずYoutubeにアップ出来ません。申し訳ない。
15日の音源はすでにアップ済みです。
ページ右の「関連ブログ&HP」の中にある「クロスロードライブ音源2」をクリックして下さい。

[PR]

by ma.blues | 2017-04-17 03:00 | ライブ報告 | Comments(0)  

<< 桜が一気に花開いた パーシー企画「自鳴のゆくえ」ラ... >>