「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

前記事の訂正です

ライブスケジュール、26日のライブに出演される三浦輝夫さんの「輝」の字を「照」と間違えてしまいました。
訂正いたします。
本当に申し訳ありません。
[PR]

by ma.blues | 2010-08-31 19:12 | ライブスケジュール | Comments(2)  

9月のライブスケジュール

遅くなりましたが来月のライブスケジュールをお知らせします。
来月も3回のライブが入っています。

9月11日(土) pm8:30〜
「Gypsy Swing Night」
ハウスバンドHot club of MORIOKAのライブです。
当日は「いしがきミュージックフェスティバル」にハウスバンドも出演します。
教育会館で13:25からの予定です。
昼は「いしがきフェス」で夜はクロスロードでハウスバンドの演奏をお楽しみ下さい。

9月12日(日) pm7:30〜
「Bluesy Night」
すでに当店の常連となったJANGOのライブです。
22歳の翔太くんとバックアップするお父さんのコンビは回を重ねるごとに息も合ってきました。
JANGOも「いしがき」に出演します。
MOSSビル前ステージで11:50からです。
ハウスバンドとJANGO、「一粒で二度美味しい」
どちらのライブもお見逃しなく。

9月26日(日) pm7:30〜
「何が出るやらお楽しみナイト」
前回、様々な楽曲が飛び出して幅広い層に対応することを証明した佐藤淳一さんと三浦照夫さんのライブです。
静かに歌いかける佐藤さんと独特のノリで観客を乗せる三浦さん、好対照ですがその幅の広さは楽しいライブを演出します。
お薦めのライブです。

まだまだ、暑さは続きます。
皆さん、お身体にお気を付けて下さいね。
来月のライブが始まる頃には秋風が吹いていることを期待しましょう。
b0169403_7435716.jpg

[PR]

by ma.blues | 2010-08-31 07:48 | ライブスケジュール | Comments(0)  

大人の夜も暑かった  YUKI&FATS Live

盛岡は連日の30℃超え。
ここ何十年もこんな暑さはなかったでしょうね。
まだ、今週も続くらしい・・・・・・・・
今も首に濡れタオルを巻いて打っています。
言いたくないけど、暑い・・・本当にもうやめて欲しいです。

28日は今月最後のライブ、YUKI&FATSのUrbane Nightでした。
横須賀、横浜などで活動して来た実力派のコンビです。
当店では今回2回目ですが前回は初めてにもかかわらず落ち着いた演奏に加えて軽妙な語り口も印象的でした。

今回はこの猛暑の中でのライブ。
当日、音合わせの時点でもすでに店のエアコンは機能せず二人とも汗だくでした。
お客さんが来る頃には少しは涼しくなっているかと思いましたが淡い期待でした。
結局、深夜まで変わらぬ暑さの店内でした。

ライブは2部構成で行われましたが、時間が過ぎるほどノリもよくなりお客さんを巻き込んでの楽しいライブになりました。
来月中旬にはYUKI&FATSとして初のCDが発売されます。
その中の何曲かも披露されました。
さんさ踊りをモチーフにした「南部の祈り」や前回のライブでも歌った「夕顔瀬ララバイ」など8曲入りです。
発売されましたら、当店でも取り扱いますので是非ともお求め下さい。

8:30スタートのライブは11時過ぎまでになりましたが、その長さを感じさせないもので彼らのレパートリーの広さに感心します。
そして、その音楽性の根本にあるブルージーな部分は単に音楽の好みというだけでなく、その思想性にも言及していたのが印象的でした。
特に幼少期を長崎で過ごしたというYUKIさんの中には『長崎・原爆の日』は特別なもののようです。

「音楽と政治」と言うと毛嫌いする人も多いですが、それぞれの音楽の歴史を辿ればどれも政治と少なからず絡み合って成長して来ています。
あるいは、政治によって迫害されて来た過去を持つ音楽もあります。
「日本は平和」という自分の国しか考えない思想性ではそうした部分を見落とす可能性が大きいでしょう。
音楽の背景を知ることで、その音楽をより知ることが出来るでしょうし、その音楽を創り出して来た人々の存在をより正しく知ることが出来ると思います。

いわゆるフォークやロックの誕生期にはそれらは「プロテスト」として存在しました。
「反社会的」とも異訳されたりしましたが、それは「改革」「革命」といった方向のもので正当な意味付けがあったわけです。
そうした音楽の根幹にブルーズがあったりしたわけです。
YUKI&FATSのライブを聴いていて、そんなことを思い出したりしていました。

b0169403_193822.jpg

b0169403_1934265.jpg

[PR]

by ma.blues | 2010-08-30 19:13 | ライブ報告 | Comments(0)  

教育研究推進委員会主催≪学術講演会≫のご案内

 日 時:平成22年8月30日(月) 16時~18時
 場 所:岩手大学総合教育研究棟(教育系) 2階 「北桐ホール」
 テーマ:「変わりつつあるインド(Changing India)」
 講 師:ブリジ・タンカ氏(インド・デリー大学東アジア研究学部教授、一橋大学客員教授)

インドの教育や社会事情について、日本語でお話しいただきます。入場無料です。
ご興味のある方ならどなたでも参加出来ますので、多くの方々にご来聴いただければ幸いです。

知っているようで知らないアジアの国々。
目覚ましい経済発展を遂げているインドの現状はどうなのか?
音楽事情などに付いてもお話いただけるようです。
[PR]

by ma.blues | 2010-08-28 18:29 | その他 | Comments(4)  

映画「オーケストラ」

もうずいぶん日にちが経ってしまいましたが先月、映画「オーケストラ」を観て来ました。
何とかかんとか、最終日に観ることが出来ました。
その前でも観れた筈ですが・・・・・ずるずるとしていたら最終日。
昨日出来ることは明日やろう・・・・・ん??

前評判がよく、知り合いも何人か観ていてみんな感動していたのでどうしても観ておかないと、と思い観たのです。
実は盛岡での公開があるとは思っていなかったので6月の時点では『東京へでも観に行って来んとアカンなぁ・・・』と思っていたのですが、盛岡でもかかったんですねぇ。
ラッキーでした。
東京までの運賃を考えたら一本の映画にえらい金をかけることになりますから。

で、内容ですが・・・・・よかったです。
あれがいい、これがいいといろいろと書きたいことがあるのですが
ご承知のように僕はだらだらと長文を書く癖がありますのでかなり割愛していくつか書きたいと思います。

ストーリー的に旧ソ連の共産主義批判がメインかと思っていましたが伏線がいくつもあって、どうやら、そちらの方がメインのように思えました。
マエストロの主人公がオーケストラから追われる原因となったはチャイコフスキーをやろうとしたから。
ソロバイオリニストがユダヤ人だったこと。
彼らが残したソロ用の譜面が残っていること。
その曲がジプシーバイオリンの展開と同種であること。
メンバーの人種が多岐に渡っていること。

ウイットに富んだ作りとなっていて重苦しさはあまり感じられません。
マエストロがオケを追われた時にその先鋒となったのはKGBにいた友人ですが、感心したのはその友人を問いつめた時に「オーケストラは演奏している時には共産主義だ」という意味のことを言ったことです。
共産主義ソ連のKGBによってオケを追われた人間が、彼を追放する先鋒となった友人にこう言えるのはすごいと思いましたね。

クライマックスは急ごしらえのオケが演奏を始めた時にバラバラであるにもかかわらず、かつての譜面を暗譜したバイオリニストが弾き始めた途端に全体がばっと揃ってまとまった演奏をし始めた時です。
鳥肌が立つとともに目からいきなり涙が溢れました。
音楽で滅多に涙を流すことはないのですが、今回は突然溢れ出したので面食らいました。

僕の中ではおそらく伏線となっているシーンがあります。
それはソロバイオリニストが公演前にメンバーと初めて会うわけですが
メンバーの一人であるジプシーがいきなりバイオリンを弾きます。
すると、そのソリストは「どこでそんな演奏を覚えたの?どこで学んだの?」などと聞きます。
ジプシーは「いや、学んでなんかない。俺たちは昔からこう弾いている」
どんな音楽学校で学んで来たことよりも彼らの演奏が素晴らしいことを暗に示唆していると思います。

それでも、不協和音だらけになりそうなオケを彼女のバイオリンは一つにまとめたのです。
全体の気持ちが一致して音楽を創り出すことのすごさはどんな小さなバンドでも同じです。
何とも言えない、何にも代え難い感動を自分たちも得ることを出来ますし、観客に与えることも出来ます。
音楽の持つ力はそうした時にこそ最大限に発揮されるのではないでしょうか。

音楽の店をやっている人間にとって改めて音楽の素晴らしさや可能性を感じさせてくれた映画でした。

やっぱり、ちょっと長くなってしまいましたねぇ・・・・・
とても素敵な映画でした。
機会があったら皆さんも観て下さい。

「オーケストラ」の公式サイトは
http://orchestra.gaga.ne.jp/#/main
DVDも販売されています。
[PR]

by ma.blues | 2010-08-27 00:50 | その他 | Comments(0)  

二夜連続ライブ ハウスバンドのGypsy Swing Night

22日(日)、珍しく日曜日にハウスバンドのライブがありました。

前回は新加入のバイオリニストを紹介しましたが、一身上の都合により彼女はバンドを脱退したとのこと。
残念ですが仕方ありませんね。
また、元の四重奏団に戻りました。

「黒い瞳」のアレンジを変えるなど進化の跡がうかがえるライブでした。
また、曲数も少し増えて新しい挑戦も続けています。
9月11日に行われる「いしがきミュージックフェスティバル」にも出演いたします。
今後とも、ハウスバンドの活動にご注目下さい。

b0169403_19465498.jpg

[PR]

by ma.blues | 2010-08-24 19:48 | ライブ報告 | Comments(0)  

暑い、熱い、アツイ・・・・・・・Blues Night 2010BAND

21日(土)は久し振りのBlues Nightでした。
気温は30℃を超え、店のエアコンはほとんど機能せず蒸し風呂状態。
それにも増して熱いライブが行われました。

長い闘病生活を乗り越え、ついに復活した山内ナユタのボーカルはブランクを感じさせないものでしたし、バックに入った彼の古い友人たちの演奏も彼をがっちりとサポートして非常にまとまったライブでした。
一曲目あたりは若干、緊張している感もありましたが、ライブが進むにつれその緊張感も解けのびのびと歌えたようです。

b0169403_19175315.jpg
b0169403_19181874.jpg


後半に入って、リサがバラードを一曲。
これがまた、予想以上にいい出来でした。
ちょっと緊張していたようですが、伸びと張りのあるいい声でした。
彼女がバックコーラスなどに加わればバンドの幅も広がって行くでしょう。
この頃から客席に居たハウスバンド(Hot club of MORIOKA)のボス寺田誠が参戦。
かつては盛岡ブルーズ界きってのギタリストだった寺田のギターは相変わらずけれん味のないものでした。

b0169403_19221484.jpg


そして、終盤は若いギタリストSくん(26歳)とNくん(28歳)も加わり大セッション。
ブルーズのいいところはこうしたセッションを簡単に行えることです。
キーとリズムパターンだけ決めればほとんどの曲がスリーコードですから即座に参加出来るわけです。
技術云々よりもノリとハートが勝負です。

b0169403_19265057.jpg


こうして、暑い熱い夜は更けて行きました。
この2010BANDもクロスロードの常連バンドになりそうです。
今後ともよろしくお願いします。

しかし、今年の夏は暑すぎる・・・・・
もういい加減にして欲しいです。
[PR]

by ma.blues | 2010-08-24 19:36 | ライブ報告 | Comments(2)  

お盆はお休みします(13〜16日)

お盆は13〜16日の間、お休みします。
この夏の酷暑に正直、完全にやられてしまって疲れが抜けません。
治りかけていた風邪もぐずぐずと後を引いていて、さっぱりハッキリした状態になりません。
そんなわけで、ちょっと休養させていただきます。

どこへ行こうかしら?などと考えていたのですが
昨日から一匹の猫さんの調子が悪く、おそらく泊まりで外へ出ることはないでしょう。
毎日、数時間しか一緒に居られませんから今回は猫さんたちに奉仕です。

あ〜あ、温泉行きてぇ〜・・・・・
[PR]

by ma.blues | 2010-08-10 18:53 | 営業案内 | Comments(0)  

益子の陶芸家、太田さん来店

日曜日、かねてよりその存在を知っていた益子の陶芸家、太田幸博さんが来店されました。
直接の面識は無く、益子の僕の知り合いを介して知ることが出来ました。
以前、このブログでも紹介をしました同じ益子の陶芸家、栗原幸夫さんと太田さんは同じバンド仲間でもあります。
そして、太田さんは盛岡市出身です。
今回は盛岡での展示会の合間を縫ってご来店いただけました。

縁は不思議な繋がりを作るものです。
栗原さんと知り合ったのは浜松にいた頃ですのでもう6〜7年経つと思うのですが実はまだ一度もお会いしていません(笑)
彼のバンドのことは教えていただいてそのメンバーも分かっておりましたが
その時には太田さんが盛岡市出身とは知りませんでした。

その後、僕が盛岡へ移ることを決心してその旨を彼に伝えたところ、
「なぜ、盛岡へ??」と驚いていましたが、その時に太田さんが盛岡市出身であることを教えていただきました。
さっそく、ハウスバンドのリーダー寺田くんに告げると「俺、多分その人知ってる」
「あれれ???」
また繋がっちゃった・・・・・・

そんなわけで会えるのを楽しみにしていましたが、盛岡での展示会が入ったことでその機会があっという間に訪れました。
さっそく、寺田くんにも連絡し店で合流してもらうことに。

お母様と娘さんとご一緒にいらした太田さんはいかにも優しげな、それでいて一本筋が通った人柄を感じさせる方でした。
実家が寺田くんの家とはご近所さんだったこともあり、お母様も含めて昔話に大いに花が咲いていました。
むろん、寺田くんとは音楽の話でも大盛り上がり。
皆さん、楽しそうに語られていました。

盛岡での展示会は12日までです。
場所は「くらしの工芸雑貨・華や」
住所:盛岡市新庄町3−13(天満宮近く)
電話:019−652−8783
時間:10:30〜17:30
なお、太田さんのブログは
tea bowl blues
http://blog.goo.ne.jp/oota555jp

b0169403_1833089.jpg

左からお母様、娘さん、太田さん、寺田くん
[PR]

by ma.blues | 2010-08-10 18:39 | リンク関連 | Comments(0)  

「天がえる」さんのHP

「天がえる」さんのHP紹介を前記事ですっかり忘れてしまいました。
http://nspeverfresh.gnk.cc/amagaeru/
上の方にある「店主伝言板」をクリックするとマスターの独り言が。
かなり楽しい独り言ですよ(笑)
右ニューの「関連HP」にも追加しました。

Sさんってダニエルだったんだ・・・・・・
今度からそう呼ぼう。
[PR]

by ma.blues | 2010-08-07 23:08 | リンク関連 | Comments(0)