「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

電力会社の株主総会2

夜中にブログを書いていると間違いをしやすい。
前回のブログも日付など間違いがありました。
心優しき読者の皆様、許して下され。陳謝!

29日に行なわれた総会の記事を。
関西電、原発安全性に万全期す方針を株主に説明(ロイター)

謝罪動議、ヤジ次々…関電「脱原発」大荒れ総会(産経)
<株主総会>中国電力、「脱原発」提案否決(毎日)
宮城県内企業、株主総会集中日 東北電株主「脱原発」の声(河北新報)
宮城県知事:脱原発には「否」行使 東北電力株主総会で(毎日)

脱原発の議案はどの会場でも否決された。
株主総会はフリートーキングではなく、あらかじめ大株主に議案に対する委任状を取り付けているため、会場内では賛成多数であっても否決となる。
一見、民主的な作りをしている株主総会だがこうした裏があるわけで、会社に否定的な意見は抹殺されるようになっている。

ところで、東京電力と東北電力の大株主を紹介しよう。
東京電力・大株主(ユーレット)
東北電力・大株主(ユーレット)
特筆すべきはどちらにも「従業員株主会」が存在すること。
社員の持ち株によって会社を防衛することが可能な数字だ。
また、東電では東京都が、東北電力には仙台市と宮城県が名を連ねている。
それぞれの自治体が「脱原発」として電力と対抗することになるのは遠い先のことだろう。

村井嘉浩宮城県知事の発言は「段階的脱原発論」に聞こえるが、実際には「電力不足」を錦の御旗とする電力の主張に乗っかってあたかも現実論であるかのように語っているに過ぎない。

福島原発事故の直後に東電はメガバンクなどへ融資の依頼をしていたがその回答が出ている。
メガバンク1.9兆円緊急融資 東電を金融業界支える裏事情(BIGLOBEニュース)
あれだけの大事故を起こし今後どれほどの賠償が行なわれるか見当もつかない企業にこれほどの融資を行なうというのだ。
通常の場合ならば、すでに経営破綻で破産する状態にもかかわらず東電には国のほかにまだまだ助っ人がいる。
摩訶不思議な世界だ。
[PR]

by ma.blues | 2011-06-30 23:51 | 原子力関連 | Comments(0)  

電力各社の株主総会

26日に総会を開いた北海道電力を皮切りに28日には東京、中部、北陸、九州の4電力、翌29日には残りの関西、中国、四国、東北、沖縄の5電力が開催した。

多くの会場で原発問題は大きな争点であり「脱原発」の動議が個人株主らから提出されている。
以下はいくつかの会場の様子。
東京電力:株主総会 相次ぐ厳しい質問 会場外で抗議行動も(毎日新聞)
北陸電:脱原発「株価が下がる」 株主総会で社長(毎日新聞)
中部電力:株主総会 「浜岡停止」理解求める 会長、冒頭陳謝(毎日新聞)
「脱原発」提案を議論 九電株主総会 出席者数、過去最多(西日本新聞)

どの会場も過去最高の出席数となっている。
特に東京電力の株主総会は昨年、過去最高となった3300名余の三倍近い9300名ほどが出席した。
福島原発事故を受けて一般株主の関心が高まったのは事実だろうが、東電擁護の株主を相当数動員したであろうことは容易に想像出来る。

本日、行なわれた東北電力の株主総会では「女川原発運転差し止め」や青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場などへの融資の中止などを求める動議が提出されている。

なお、関西電力の株主総会へはこんな動きもある。
関西電力:株主総会に大阪市長出席 新エネルギー協力要請(毎日新聞)
自ら「脱原発」を目指す考えを表明しているが、株主総会の場で明言するかどうかは未定で電力と「再生可能エネルギーの開発で連携することで一致した。」という平松邦夫大阪市長だが、電力の出す議案にはすべて賛成すると言っていた。
「新しいエネルギーを見つけるため、自治体として電力会社と一緒に努力し、取り組みたい、との思いを言う」らしかったが結果はどうだったのだろう。

北陸電力が「脱原発にすると株価が下がる」と露骨に語ったように地域独占企業としての利益追求が第一義である電力会社が自らの手で原発を葬り去ることはあり得ない。
国策としての原子力開発を止め自然エネルギーへの転換を図る方針を政府として確定しない限り、福島原発のような悲劇が近い将来再び起こるだろう。
これは脅しでも何でもない。
「日本の原発は安全」と言い続けていた彼らが現実の重大事故に際してどう対応出来たのか?
このかんの彼らの動きを見れば一目瞭然。
彼らには未然に事故を防ぐ能力どころか事故処理の能力さえもないのだ。

そんな電力会社が本気になって再生可能エネルギーなど考えるわけもない。
政府がやるべきことは原発からの撤退と自然エネルギーあるいは再生可能エネルギーを基本とした電力の自由化である。
各電力が各地域を独占した形で電力供給を続ける限り、電力料金は下がらないし原発事故の不安からも永遠に逃れられない。
自然エネルギーあるいは再生可能エネルギーを基本とした電力の自由化によって各電力の解体、電力料金の健康的な競争が生まれる。
また、これまでの集中的大規模発電に替わり地域別小規模発電による送電距離の短縮も可能になってくる。
新しい時代、新しい生き方を模索するにはそこまでのことを考えなければならないだろう。
[PR]

by ma.blues | 2011-06-28 19:56 | 原子力関連 | Comments(0)  

被災地を見つめる目

[3・11巨大複合災害により失われた(失われつつある)人・動植物・風景を、皆で染めること(野染め)、縫うこと(メモリアル・キルト)を通じ、出会い、話を重ね、泣き、怒り、そして笑い合う、時間と場所を一緒に作っていきたい。]
と沿岸各地を訪れ活動している京都の古い友人・斜夢(シャム)がいます。
先日、クロスロードでライブを行なった入道とも友人で当日も参加してくれました。
彼のブログを紹介します。
「風の布・パピヨン」
[PR]

by ma.blues | 2011-06-27 14:08 | 東日本大震災 | Comments(0)  

原発をどう捉えるか

いい資料となる記事があるので紹介します。
どちらも毎日新聞掲載の「記者の目」です。
記者の目:原発の是非、両論併記のサミット=関東晋慈(東京科学環境部)
記者の目:原発を拒否した町が教えること=山下貴史

自分たちの暮らしをどう考えていくのかが大きな分岐点になると思います。
「便利さ」や「豊かさ」を追求する時代はすでに終わっているでしょう。
そして、安全は与えられるものではなく自分で得るものです。
[PR]

by ma.blues | 2011-06-26 23:16 | 原子力関連 | Comments(0)  

玄海原発再開をめぐる動き

本日、佐賀県の玄海原発再開に向けて経済通産省の説明会が開かれました。
しかし、その開催方法は実にひどいものです。

経産省、玄海原発再開へ佐賀で説明会 福島事故後初 (日本経済新聞)

混乱恐れ、会場伏せる=玄海原発説明会(時事通信)

相次ぐ批判にも「妥当」=玄海原発の再開説明会−保安院(時事通信)

もうメチャクチャですね。
しかも・・・
九州電力は全社員に向けて
「◆各社員が、自宅から、説明会のライブ配信にアクセスせよ。

 ◆説明会の進行にあわせて、発電再開を容認する一国民の立場から、佐賀県民の共感を得るようにして、メールで発信せよ。」

などと文書で通達を出している。
http://plaza.rakuten.co.jp/zuruzurubettan/diary/201106250000/?scid=we_blg_tw01

何をか言わんや。
これは犯罪ですよ。

ちなみに先週、JR九州の石原進会長はこんなアホなことを言っている。
玄海原発「ここがダメならどこで?」 JR九州会長(朝日新聞)

どこまでも利権にしがみつく見苦しい輩はいるものだ。
[PR]

by ma.blues | 2011-06-26 22:56 | 原子力関連 | Comments(0)  

やっと・・・

3カ月半ぶり水道全面復旧=陸前高田(時事通信)
陸前高田で断水が続いていた92戸の上下水道が開通した。

宮古市の山本市長は避難者の気持ちを分かるため仮設住宅暮らしを始めている。
宮古の山本市長 仮説住宅暮らし(朝日新聞)
[PR]

by ma.blues | 2011-06-26 20:39 | 東日本大震災 | Comments(0)  

ジプシースウィング

昨夜はハウスバンド/Hot club of MORIOKAのライブでした。
開始時間のpm8:00になってもお客さんはゼロ。
再び、あの悪夢が・・・
しかし、なんとか三人のお客さんが来てくれました。
全員、初めての方たちで下でたまたまメンバーと会いライブを知ったようです。

皆さん、ジプシースウィングは初めて聴くようでしたが一様に「かっこいい!」と言ってくれました。
一人の方はクラシックギターを、もう一人はサックスをやっているということで音楽には造詣が深い様子。
ライブが終わってからメンバーと若干ギターの話などで歓談していました。
少ないお客さんでしたが初めての方々に気に入ってもらえたのは嬉しいことです。
こうして少しずつジプシースウィング(マヌーシュスウィング)が広まっていったらいいと思っています。
b0169403_1493641.jpg

(リハ中のハウスバンド)
[PR]

by ma.blues | 2011-06-26 01:51 | ライブ報告 | Comments(0)  

参加者少ないです・・・・セッション

昨夜はセッションでしたが、参加者は大変少なかったです。
いつも来てくれる秀ちゃんのほかに若きギタリストNくんだけ。
三人でひとしきりセッションしましたが、いつも会うメンバーなのでだんだん手持ちもなくなって・・・
三人でぼんやりと話をしたりしていると、遅くなってから千葉幸成くんが登場。
ブラジル音楽ショーロの名手です。
で、秀ちゃんとNくんと三人でやってもらいました。
Nくん得意のジャズブルーズ。
水を得た魚のように弾いていましたね。
b0169403_1841480.jpg

結局、セッションはこれで終わりましたが、夜中になってからお客さんがちらほらと。
閉店したのは午前4時でした。

さて、今夜はホットクラブのライブです。
たくさんのお客さんが来ますように。
[PR]

by ma.blues | 2011-06-25 18:44 | ライブ報告 | Comments(0)  

三ヶ月が経って

祝島「きれいな海を守ろう」上関原発反対デモ1100回
山口県上関町の対岸にある祝島で1982年から毎週一回行われているデモ。
綺麗な海に囲まれた島の狭い路地を行進するデモはどこかほのぼのとした雰囲気だが、原発が作られてしまえばそれも一変してしまう。

福島の母親からのメッセージ 6.11 脱原発100万人アクションin広島にて
多くの説明は要らないと思います。
こうして、悩み苦しんでいる人々をどう救うのか・・・
[PR]

by ma.blues | 2011-06-23 23:55 | 原子力関連 | Comments(0)  

セッションナイト

明日はセッションの日です。
なかなか新しいメンバーが集まりません。
ブルーズ基調ですがジャンルは問いません。
異種格闘技オーケーです!
ギターはいろいろとありますので自由に使って下さい。
パーカッション以外はだいたい揃っています。
現在、店にあるギターは画像を参考にして下さい。
エレキはストラトキャスターが置いてあります。
開始は20時頃から。
よろしくです。
b0169403_21534264.jpg

[PR]

by ma.blues | 2011-06-23 21:56 | ライブスケジュール | Comments(0)