<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

沿岸出身三人組・・・白石松則とソブクン’sのライブ

報告が遅れてしまいましたが、先週金曜日は沿岸出身の三人組「白石松則とソブクン’s」のライブでした。
大船渡の白石くん、陸前高田のTくん、宮古のソブクンこと祖父江くん。
生で観るのは初めてでしたが、録画で観た元気さと楽しさはそのままでした。

白石くんのボーカルは一種独特で彼にしか出せない味があります。
ソブクンはファイヤーバードという機種のボディにスチールギターのネックを取り付け、ベンダーまで付けた自作のラップスチールギター。
それとオートハープにピックアップを取り付け、なおかつリード用の弦をセットするなど、こちらもユニークな自作楽器。
この二本を駆使してこれまた独特の雰囲気を作り出していました。
二人と相反する感じでクールにリズムを刻むTくん。
三人が揃って一つの楽曲になるのだということをしっかりと感じさせるアンサンブルでした。
b0169403_16583042.jpg


荒削りさはありますが、ライブの楽しさを十分に見せてくれるグループです。
彼らの唄の特徴は既成の曲に白石くんが歌詞を付けたものがほとんどです。
レッド・ツェッペリンの「ロックンロール」に乗せた唄など、一時期のRCサクセッションを彷彿とさせる部分もあります。
b0169403_1659980.jpg


途中で、震災時の状況なども語られ、現在の沿岸の状況なども報告されました。
特にTくんは震災後、食料の配布や飲料水の配布などをずっと続け「ほとんど自分の生活ってなかったですよ」と語っていました。
そして、彼は今度立ち上げられる「陸前高田災害FM」のスタッフとして活動するということです。

いまなお、沿岸は復興にはほど遠い状態です。
この先、何十年かかるか分からない復興を少しでも援護出来る力を内陸は付けていかなければならないでしょう。

ともあれ、彼らのように元気なプレイヤーが沿岸にいることをとても心強く思えた夜でした。
[PR]

by ma.blues | 2011-11-29 17:38 | ライブ報告 | Comments(0)  

「ミツバチの羽音と地球の回転」が早稲田ジャーナリズム大賞文化貢献部門の奨励賞を受賞

鎌仲ひとみさんが監督した映画「ミツバチの羽音と地球の回転」が早稲田ジャーナリズム大賞で賞を受賞した。
ミツバチ@Official Blog
受賞時の彼女の言葉はとても含蓄のあるものです。
前作の「六ヶ所村ラプソディ」に比べたら観客動員数は少なかったと思いますが、彼女がずっと撮り続けているテーマを抱えた映画の中でもっとも地元との繋がりが大きいものではなかったかと思います。
作品にせよ、何らかの行動にせよ、それを通じて他者との繋がりを作っていくこと、それがとても重要だということをもう一度考え直す必要があるのではないでしょうか。

インターネットは今まで知り合える可能性のなかった人と繋がりを持てる利点もありますが、言いっぱなし、読みっぱなしで終わることも可能な世界です。
そこからは人との繋がりは生まれません。
映画や演劇、音楽ライブなどもその場にいることを共有すること以外は自身から求めなければ人との繋がりは生まれません。

自分が何を求めているのか?
それを探す手立てとしても人との繋がりは重要になってくると思っています。
一人、自分の中だけで考えるより多くの人との会話などによって視野は広がるでしょう。
特に世代を超えた付き合いは自分の知識や感覚を磨いてくれる一つの手立てだと思います。

人との繋がりが希薄になってきている現代において、こうしたある種の問題提起を含んだ映画などの鑑賞もその一つの手立てとなる気がします。
まだご覧になってない方は機会を見つけて是非ご覧になって下さい。
[PR]

by ma.blues | 2011-11-24 18:49 | 原子力関連 | Comments(0)  

「通販生活」のCM問題・・・続き

前回、お伝えした「通販生活」CM問題の続きです。
天野佑吉のあんころじい
こちらをお読みになっていただけたら、よく分かると思いますので。
天野さんの意見に賛成です。
[PR]

by ma.blues | 2011-11-23 23:47 | 原子力関連 | Comments(0)  

ギタリスト二人が来た夜

夕べはカエルの、じゃなかった・・・「天がえる」のビッキー店長がダニエルを連れて深夜にやってきました。
震災前には、よく二人で深夜にやってきていろいろとジャムっていました。
ダニエルは震災後まもなく転勤してしまったので、その機会がなくなってしまったのです。

この二人、相性がいいのかな?
いつも、とても楽しそうに二人でギターを弾きます。
ダニエルのすごいところはまったく知らない曲でもぱっと合わせてリードを弾き始めることです。
この夜もビッキーの弾くリズムにするっと加わってきてメロディアスなリードを弾いていました。

ひとしきり二人でギタージャムを楽しんだ後はギターと音楽の話が弾みました。
僕と彼ら二人は等間隔くらいに年が違うのですが、どういうワケか話が合うのです。
ギターへの思い入れとか音楽の考え方みたいなことが似ているせいかな?と思いますが。
三人で話していると時間が経つのを忘れてしまいます。

去年もよく、こんな風に三人で話し込んでましたね。
彼らと話すようなことを若い子たちにも伝えたいなって思っています。
「ギターはうまいだけじゃダメ」
「唄は下手でもいいんだ。気持ちを込めて歌わなきゃ」
「いくらかっこいいギターを弾いても唄には負けるなぁ・・・」
・・・・・・
いっぱい出てきます。
少しでも伝えていきたいと思っています。

また彼らと楽しめる夜が来ることを願って・・・
(また写真撮るの忘れた)
[PR]

by ma.blues | 2011-11-23 21:38 | ある夜のクロスロード | Comments(0)  

12月のライブスケジュール

さてさて、来月で激動の今年も終わり。
今年最後のライブスケジュールをお知らせします。
今年は年末年忘れパーティを入れました。
お店によく来ているプレイヤーなどがアトランダムにライブをします。
セッション状態になることもあるでしょう。
楽しめると思いますので、是非遊びに来て下さい。

12月3日(土) pm8:00~
「YUKI&FATS」
久し振りにクロスロードに登場です。落ち着いた大人の音楽をお酒を飲みながらゆっくりお楽しみ下さい。

12月10日(土) pm8:00~
「ジャッキー皆川」
中津川べりフォークジャンボリーの常連。叙情派のシンガー。震災後のクロスロードライブは彼から始まりました。

12月11日(日) pm7:00~
「セッションナイト」
何でもありのセッションナイト。今年最後ですから皆さんのご参加待ってます。
カントリーブルース講座をやってくれた新渡戸くんもやって来ます。

以上、すべてチャージ1500円(ドリンク別:500円) 

12月18日(日) pm7:00~
「年忘れパーティ」
さて、今年最後のイベントは年忘れパーティです。
クロスロードに来ている何人かのプレイヤーが自由にライブを行ないます。
お酒を飲みながら、のんびりと楽しんで下さい。
会費:3500円(飲み放題、料理付き)

今年は年末からの大雪で足下をすくわれた感がありましたが、3月にはあの大震災。
本当に激動と言える一年でした。
長かったとも思えるし、あっという間だったとも思えます。
復興はまだまだ時間がかかります。
力を合わせて、来年に向けて力を付けていきましょう!
[PR]

by ma.blues | 2011-11-22 03:43 | ライブスケジュール | Comments(0)  

もはや、言論弾圧じゃねぇ?

「通販生活」秋・冬号のCM放送がテレビ局に断られたんですって。
詳しいことは分からないが、CMの内容はこんな感じ。
「天野祐吉のあんころじい」
天野さんも書いているけど、これが「政治的意見広告」に値するのかしらん??
政治的内容が含まれていたとしても一雑誌の特集記事の広告を「政治的意見広告」として扱うことの方が政治的だと思うのですが。

皆さん、どう思いますか?
[PR]

by ma.blues | 2011-11-22 01:21 | 原子力関連 | Comments(0)  

久し振りの来客・・・セッションナイト

昨夜はセッションナイトでした。
冷え込んできて、みぞれ交じりの強い風。
今夜は無理かな?と思っていたら、春に神奈川へ転勤したダニエルが登場!
転勤以来、初めての盛岡だそうですが、クロスロードへ寄ってくれて有り難う!!

ギターの話など四方山話に花が咲いていると秀ちゃんが登場。
一度、ここで会っていて一緒に演奏したりもしているのですぐに話の輪が広がる。
ひとしきり話が続いたところでセッション開始。
最初はちょっと遠慮がちのダニエルでしたが、次第に本領発揮。
相変わらず流れるようなギタープレイです。

僕も加わったりで一時間ほどのセッションを終え、一休み。
すでに時間は10時を回ろうとしていました。
秀ちゃんは翌日に用事を控えているとのことで帰宅。
しばらくしたら、新渡戸くんからメールが・・・

朝早かったので寝ていたそうで、これから出てきてくれることに。
彼が合流してまた三人でのセッション。
フォークっぽい歌もののバッキングの練習?みたいな形に。
新渡戸くんはフォーク系やポップス系はほとんどやったことがなく戸惑い気味。
意外なところで彼の弱点発見(笑)

それでも、何度か繰り返すうちにリフやソロも様になってきました。
やはり、若いだけあって覚えが早いというか、センスがいいんでしょうね。
しばらく一緒にやれば、ほとんどの曲のバックは出来るようになるんじゃないでしょうか。

セッションが終わっても話は尽きず深夜までいろいろと話し込みました。
若い新渡戸くんにとっては初めて聞く話などもあり興味深そうでした。
僕にしても年を重ねても気付かなかったことや知らなかったことをこうした会話で知ることが出来ます。
音楽の様々な話をこんな風に楽しく出来るのは本当に幸せだと思います。

それぞれの音楽のバックボーンを語り理解していくことはとても重要だと思っています。
これからも、こんな時間が楽しめることを願っています。
(うっかりさんで、写真を撮るのを忘れてしまいました)
[PR]

by ma.blues | 2011-11-21 22:22 | ライブ報告 | Comments(0)  

益戸育江(元高樹沙耶)の『相棒』途中降板にテレ朝大混乱

益戸育江(元高樹沙耶)の『相棒』途中降板にテレ朝大混乱(NEWSポストセブン)

このニュースを読んだ時、彼女ならそうなんだろう、といった感を持った。
2007年頃から千葉の房総に住み、エコロジカルな生活をしながらの俳優活動だったし、もともとダイビングの大会で入賞するほどの自然派だった。
彼女の家へ遊びに行った仲間たちはみんな畑仕事を手伝わされたということだ。
自分たちで作った作物を自分たちで収穫して食す。
原始的で根源的な生活を彼女は求めていたようだ。

彼女の演技を僕は気に入っていて、TVドラマ「相棒」での水谷豊演じる杉下右京の元妻役ははまり役とも言えると思っていた。
以前より気になっていた女優の一人であったが、彼女が同郷(静岡県浜松市)の出身ということを知り、さらに興味を持っていた。
そう言えば、「相棒」に出演していた鈴木砂羽も同じ浜松市出身で彼女と同じ北部中学校を卒業している。
「相棒」というドラマ自体もけっこう好きで、今の仕事をする前はほとんど必ずと言っていいほど見ていたドラマだった。
そのドラマに同郷人が二人も出ていることを当時は知らなかったが、知ってみると妙に親近感が沸くから不思議だ。

その話はともかくとして、彼女は「相棒」を突然降板し石垣島に移り住んだという。
「よりナチュラルでスピリチュアルな生活」を求めてのことらしい。
彼女は能動的な行動力で新たな世界を求めている。
声高に自己主張をするタイプではなさそうだが、芯が強く一度決めたらテコでも・・・といったタイプの人のようだ。

彼女は福島の女性たちと経産省への抗議行動に参加しているが、それは今回の原発事故が彼女自身の信条として受け入れがたいものとして捉えているからだろう。
「政治的」では決してなく「危機感」として捉えているとも言える。
今回の事故後、そのような危機感を感じる人が増えてきているとは思うが、声を上げる人はまだまだ少ない。
数多くの「芸能人」が「脱原発」を表明しているが、彼女も含めてもっともっと多くの著名人が声を上げてくれることを願っている。

そして、市井の人々もそれぞれの現場で声を上げていって欲しいと思っている。
そうした広がりが生まれない限り、日本はまたきっと同じことを繰り返すだろう。
世界に名だたる「技術王国」だったはずの日本であれだけの大事故を起こしたのだ。
奢りの中で生きてきた日本人が多い。
点検し見直さなければならない時期に来ていることを感じて欲しい。
[PR]

by ma.blues | 2011-11-18 21:17 | 原子力関連 | Comments(0)  

アヴァンギャルドな夜・・・ドウシマスシンフォニアのライブ

日曜日はプレイヤーが総勢七名という大所帯のライブでした。
管楽器がチューバ、ユーフォニューム、アルトサックス、ソプラノサックスと四本。
それにシンセサイザーとパーカッションが加わり、指揮者がいるというミニオーケストラスタイル。
狭い店内がなおさら狭く感じるライブでした。

彼らの演奏スタイルは言わばアヴァンギャルド。
そう言って片付けてしまっていいものかどうか分かりませんが、それ以外に言葉が思い浮かびませんので。

即興でやるのかな?と思っていたのですが、曲の構成を作って来ていました。
フリーキーなのですが構成がありますから全面的にフリーというわけではなく、決めのフレーズなども用意してきていました。
したがって、比較的聴きやすい感じの演奏になりました。
b0169403_19322248.jpg

また、ヴォイスを音として捉え、メンバーが語る落語をサンプリングしその場でリフレインさせるという手法も取り入れ、それに管楽器とパーカッションをかぶせていました。

確かに声は人間が作り出すことが出来、コントロール出来る音です。
それは一般的に「歌」として利用されますが、単純に「音」として扱うことも可能なわけですし、そのことで楽器を使わなくても一種の音楽を構成していくことも可能なのです。
ヴォイスを音として扱う手法は古くから行なわれていますが、効果的に利用するのはなかなか難しいと思います。
今回はサンプリングがうまくいかなくて、不発気味でしたがそのイメージは伝わったのではないでしょうか。

声に限らず、あらゆる物を「音」として利用しようという試みは、セル版をうならせたり、昔懐かしい洗濯板(ウォッシュボード)を使ったり、小銭を金属のボールに投げ込んだり、様々に行なわれました。
b0169403_19511663.jpg

彼らのような演奏(部分的にはパフォーマンス)をする人たちは盛岡では少ないと思いますが、それだけに貴重なメンバーであることは確かです。
アヴァンギャルドは「分かりにくい」とか言われますが、分かろうとする必要性はないと思います。
「何をしたいのか?」ではなく「何をしているか?」と観たり聴いたりすればいいのだと思います。

店が広ければ演劇とドッキングさせた形でやってみたいのですが・・・
まぁ、出来る範囲でやっていきます。
[PR]

by ma.blues | 2011-11-15 19:56 | ライブ報告 | Comments(0)  

昨夜は・・・

三沢のエアフォースに在籍するウエストコーストからの使者がやってきました(笑)
昨年に一度やってきて僕とギタージャムを楽しんで帰ったテイラーくん(25歳)です。
奥さんは韓国人で身重。
昨夜来た時にはもうずいぶんと大きなお腹になっていました。
あと3週間ほどで生まれるそうです。
「Very exciting!!」とテイラーくんは微笑んでいました。

しかし、彼は英語しか話せなくて奥さんも韓国語と英語しか話せない。
英語でのやりとりになるわけですが、もうずいぶんと話したことがないためヒアリングはある程度出来てもなかなか単語が出てこなくて話すのに難儀しました(汗)
まぁ、ギターで話せばどうってことないですけどね(笑)
ギタージャムをしていれば言葉は要りません。

そうこうしていたら、ジャンゴ父がやって来ました。
渡りに船とばかり、彼にテイラーくんの相手をしてもらいました。
彼は英語で会話が出来るので助かりました。
で、二人でギタージャム。
b0169403_2042203.jpg

とても、いい雰囲気でのジャムでしたよ。

テイラーくんの親父さんはかつてミュージシャンだったそうで、ギターが何本も家にあるそうです。
彼はバンド経験はなく、家族(父親や兄弟)で楽しむ程度だったそうです。
若いだけあって、スティービー・レイ・ボーンやエリック・クラプトンが好きなようで、彼らの曲を弾いていました。
特に「レイラ」が好きな様子でアンプラグド・ヴァージョンで何度も弾いていました。

時々、盛岡へやって来るようですが来年の夏には彼の親父さんが日本へ来るので店に連れてくるそうです。
その時には即席のライブになるかもしれませんね。
[PR]

by ma.blues | 2011-11-12 21:00 | 営業案内 | Comments(0)