「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

そう言えば・・・

先日、ちょっと大きな地震がありました。
この「ちょっと」というのが問題でして。
盛岡市は震度5弱だか4だか、情報が一時錯綜していた。
まぁ、普通に大きな地震ではあったわけです。
携帯の緊急地震速報も来ましたし。

やはり、沿岸の津波を心配しましたが、幸い津波は来なくて良かった。
沿岸の方は場所によってかなり揺れたようです。

だから、「ちょっと」という感覚がなんだかなぁ? と。
あの地震を経験してから、どうも感覚が一部麻痺しているような気がします。
ふっと気になって、市内や県内の知り合いのブログを散策してみた。
誰も地震のことを書いていなかった。
「天がえる」のビッキーがちょこっと書いていただけ。
沿岸の漁師さんは書いていたけど。
んだべなぁ・・・とは思ったのだが、なんだか感覚ずれてきている気がして・・・・・・

僕の店は逃げ場がないから諦めるしかない。
先日みたいに一人ならそれでもいいが、お客さんがいたらどうすべぇ・・・
やっぱり、即座に狭い階段を頑張って降りてもらって外へ出てもらった方がいいんだろうな。

夜に地震が来るとしんどいです。
店は人の命を預かっているようなものですから。
[PR]

by ma.blues | 2012-03-30 01:09 | ぶつぶつ | Comments(0)  

昨夜は楽しい時間を過ごしました・・・しかし、体が痛い・・・

昨日はお休みでした。
家であれこれ用事をしていて体が空いたのは夜の9時を回っていました。
さて、どうしよう・・・
そうだ! 「天がえる」へGO!

とは言え、もうバスもなくなっている時間帯ですのでたらたらと歩いて街中へ。
外はまだまだ冬の寒さで距離を歩くと結構冷えます。
かといって、もはやタクシーに乗る距離ではなくなっていましたのでひたすら歩く。

「天がえる」へ着いた頃には体は冷え切ってました。
ステージには見慣れた顔が。
ギターを弾き歌っているのは大槌町で被災したキムにぃと妙齢な女性、ドラムを叩いているのはエログッチー。
カウンターの中にはママさんとちーママ・うっちゃん。
店内を見回してもビッキーはいない。
またしてもずる休みか?

さっそく、呼び出すことに。
ほどなくして、やって来たビッキーは肩で息をしている。
酒を飲むのもそこそこにステージへ。
昨夜は仙台からのお客さんたちが来ていました。
どうやら、仙台の店(たぶん「唄屋」)でビッキーは同席した様子。
彼らの唄にギターを合わせる。
来てすぐで、何も指のトレーニングもせずに、よう弾けまんなぁ。
さすが、プロですわ。

ひとしきり、彼らの唄が終わるとビッキーはキムにぃを呼びつけ「憂歌団」の「お掃除おばちゃん」を。
キムにぃ、顔に似合わず(失礼!)綺麗な?かわいい?声でびっくり。
ざっくり、場を盛り上げてビッキーも飲みの体勢へ。
しかし、すぐにお客さんのバックを頼まれステージへ。
まぁ、忙しいお人です。

そんなこんなで閉店時間。
あらかたのお客さんが帰った後で一人ギターを弾き歌い出すお方が。
決して、唄もギターもうまくない。
でも、とてもいい雰囲気なのです、これが。
ギターを聴いているとけっこう難しいことをやっています。
一生懸命コピーしてきたんでしょうね。

あとでビッキーとも話したんです、こういう人の唄が一番だ! と。
かつて、一生懸命ギターのコピーをしていた頃を思い出します。
彼はギターを弾きだして間もないのだそうです。
でも、本当に一生懸命覚えようとしてやっているんですね。
こういう人を観るのはとても楽しいし嬉しいです。
やっぱり、応援したくなります。

店が引けてビッキーと彼の馴染みの寿司屋さん「ゆたか」へ。
いろいろ話しましたね。
以前にも書きましたが、彼とは意見の合うことが多いです。
やっていることも立ち位置も違いますが、何故か話が合うのです。
結局、明け方近くまで話し込んで帰りました。

歩きすぎて体中が痛い。(うん? 呑み過ぎだ??)
b0169403_1928851.jpg

画像は昨年1月に盛岡劇場タウンホールで行なった「ビッキー吉田とケロケロ団」のライブDVD。
なんでも、初回盤はあっという間に売り切れ何度も作成したそうな。
まだ観てない。
(だって「ヘッドフォンで聴け!」って言うんだから。ヘッドフォン持ってネェし・・・)
[PR]

by ma.blues | 2012-03-27 19:39 | その他 | Comments(0)  

ひどい夜でしたねぇ・・・

23日(金)はHot club of MORIOKAのライブでしたが・・・・・・
お客さんはゼロ。
練習日となってしまいました(トホホ)
雨かと思えば大粒の雪が降り出していましたから条件は悪かったですけどね。

ともあれ、練習風景を一枚。
b0169403_1911161.jpg

きたろうくんのソロがどんどんはまってきています。
寺田くんといいコンビになってきましたね。
今後はオリジナルも、と考えているようですので注目していて下さい。

終了後、寺田くんときたろうくんと三人で音楽談義。
どうしたらギターをより弾けるようになるかで苦労した話。
音楽に対する姿勢とセンスの問題などなど。
それぞれ違った道でギターを覚えてきたのですが、どこか似たようなところで苛立ったり壁にぶつかったりしていたことが分かりました。

きたろうくんとちょこっとジャムったりしましたが、いやあ楽でした。
彼くらい弾けて雰囲気を掴むのに長けていると一緒にやっていて楽です。
遊ばせてくれますから。
つい弾きすぎたりして(笑)

店の帰りはもう最低。
降り積もった雪が溶けて道はぐちゃぐちゃ。
普通のスニーカーでしたので靴の中に水が入り込んでぐじゅぐじゅ・・・
何とも最悪な夜でしたわ。
でも、メンバー二人とゆっくり話が出来たのは収穫でした。

沿岸(宮古)では金曜夜から土曜にかけてどか雪が降りました。
やっと春が訪れる前触れですね。
[PR]

by ma.blues | 2012-03-25 21:29 | ライブ報告 | Comments(0)  

さようなら原発1000万人アクション

すでにご存じの方も多いと思いますが、明日の東京での行動をお知らせします。

関電・大飯原発のストレステストを原子力安全委員会が了承しています。
大飯原発ストレステスト、安全委が了承
会議を始めてわずか5分ほどで結果を了承したという結論。
各方面から抗議や不安視する声が上がっています。
「今後、運転再開は野田総理らの政治判断にゆだねられることになります」
とは、いったい何を意味するのか?
ずるずると再稼働を許してはならないでしょう。

再稼働を許さない さようなら原発1000万人アクション
日時:3月24日(土)13:00~
会場:日比谷野外音楽堂
    (地下鉄「内幸町駅」5分、「霞ヶ関駅」5分)
内容:13:00 オープニング トーク&ライブ 山本コウタロー
       司会:古今亭菊千代
13:30 開会
 主催者あいさつ 鎌田慧さん(呼びかけ人)
 賛同人あいさつ 辛淑玉さん
 福島現地報告、署名集約報告
 各地、各団体の取り組み報告
 閉会あいさつ 落合恵子さん(呼びかけ人)
 今後の運動提起、パレード指示
14:45  パレード出発(ライブ:サヨコ)

[PR]

by ma.blues | 2012-03-23 23:51 | 原子力関連 | Comments(0)  

明日は

Hot club of MORIOKAのライブです。
店では久し振りですね。

8:00からの予定でしたがメンバー一名の都合で若干遅れそうです。
でも、30分くらいちょこまかといろいろやってくれるそうですので(他の三名で?)
それも楽しみにご来店下さい。
よろしく!
[PR]

by ma.blues | 2012-03-22 22:15 | ライブスケジュール | Comments(0)  

春の使者

b0169403_211675.jpg

家の近くの林で採れたバッケ(ふきのとう)です。
わっと暖かくなった日にぽこっと出てきたのですが、その後冷え込みが続いてまったく開かないままでした。
でも、このくらいのバッケが一番美味しいですね。
ピザのトッピングに使おうと思っています。
二枚分取れるかな・・・
微妙なので一枚分と考えておきましょう。
一枚限定で〜す!
[PR]

by ma.blues | 2012-03-22 21:21 | その他 | Comments(0)  

今年も

店の前の亀ヶ池に白鷺がやってきました。
b0169403_1952180.jpg

確か、二年ほど前からやってくるようになったと思います。
震災後もやってきてくれました。
少しずつ池の水が綺麗になってきていますが、震災後は底が見えるほど綺麗に透き通っていました。
原因は分かりませんが、おそらく岩手公園内にある池に続く泉が地震で異常に湧き出したのでは?と想像しています。
わずか二日後には元通りになっていましたが。

白鷺は「幸せを運ぶ鳥」として知られています。
今年は良いことが訪れますように・・・
[PR]

by ma.blues | 2012-03-17 19:14 | その他 | Comments(0)  

保安院が原発防災指針改訂に抵抗していた

朝日新聞が情報公開請求をした文書によれば、2006年3月「国際原子力機関(IAEA)が加盟国に示した基準の見直し(07年に最終確定)に合わせて防災指針を改訂しようと作業部会を設置。原発から半径8〜10キロ圏内の防災対策重点地域(EPZ)を廃止し、半径30キロ圏内の緊急時防護措置準備区域(UPZ)に拡大することが課題になった。半径約5キロ圏に、電力会社が重大事故を通報すると同時に住民が「即時避難」する予防的防護措置準備区域(PAZ)を設置することも検討項目になった。 」
が、保安院は安全委に対し同年4月下旬、「社会的な混乱を惹起(じゃっき)し、ひいては原子力安全に対する国民不安を増大するおそれがあるため、検討を凍結していただきたい」と申し入れる文書を出し強硬に反対したという。それには「財政的支援が増大するという懸念」さえも挙げられていたそうだ。

この改訂が行なわれていれば福島第一原発事故の際、住民の被害が軽減された可能性は十分にある。
「惹起」とは「事件や問題を引き起こす」ことを意味し、総じて悪影響を及ぼす場合に使用される。
つまり、保安院は「自らに悪影響を及ぼすパニックを引き起こす」ことをもっとも恐れたということだ。
さらには、原子力に対する国民の不安が増大することを恐れた。(これも無論、彼らにとっては「悪影響」)
そこには国民の安全を最優先する姿勢は微塵もない。

政府も同様であり、SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)によって提示された汚染予測を即座に公表しなかった。
細野(現原発担当相)は記者会見で公表しなかった理由を「パニックを引き起こす可能性があったから」と明言している。
であれば、何のためのシステムなのか?
この結果、しなくてもいい被曝をした住民を産み出している。

「危機管理」とはこのようなものなのか?
そうではあるまい。
住民たちをいかに早く安全な場所へと避難させることがもっとも重要だったはずだ。
「自分たちが管理出来ない状況」を恐れるあまり住民の避難を最優先しなかった。
福島の住民の被曝は原発事故も含め明らかに人災によって引き起こされた。
関係者はまずそのことを率直に認め賠償に当たるべきであろう。
[PR]

by ma.blues | 2012-03-15 21:49 | 原子力関連 | Comments(0)  

4月のライブスケジュール

ちょっと早いですが、来月のライブスケジュールをお知らせします。
今のうちにスケジュール帳へご記入を!

4月8日(日) pm7:00〜
「セッションナイト」
どんなジャンルでもオーケー。みんなで楽しみましょう。

4月14日(土) pm8:00〜
「ショーロの夕べ」千葉幸成(ギター)、ゲスト・佐々木宏(フルート)
ブラジル音楽の基になったとされる「ショーロ」卓越したテクニックをお楽しみ下さい。
今回はフルート奏者がゲスト参加します。

4月15日(日) pm7:30〜
「白石松則とソブクン’s。」
沿岸出身者による楽しいライブ。必聴です。
白石松則(Vo.G)ソブクン(Vo.G)しゅー(G)こんち(Parc)

4月28日(土)pm8:00〜
「YUKI&FATS」
オリジナル曲が好評の彼ら。毎回、何かしら新しいものを見せてくれます。
この夜もお楽しみ。

4月29日(日)pm7:00〜
「ジャッキー皆川」(from ふるたいむ)
切なく歌い上げたかと思えば、力強いフレーズで人を引き込む。
変幻自在のフォークシンガー。

いずれもチャージ1500円(ドリンク別)ドリンクすべて500円

[PR]

by ma.blues | 2012-03-15 19:34 | ライブスケジュール | Comments(0)  

3.11を前に届いたメール

遅れてしまいましたが3.11を前に届いたメールを紹介します。
非営利団体「Avaaz」からのメッセージメールです。
世界中でこうした動きが活発化しています。
「被曝国」日本が今度は自ら自国の土地を被曝させてしまったことを重く考えなければならないでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原子力のない未来へのともしびをありがとうございます!

署名頂ける人数が多ければ多いほど、私たちの訴えはより力強く響きます! 以下にあるツイッターやフェイスブック、メールのツールを利用して署名運動を一緒に広げてください。Avaazから最初に届いたメールの転送もお願い致します!

http://www.avaaz.org/jp/light_the_way_to_hope/?tta

ご協力、誠にありがとうございます。

Avaazチーム一同

--------
親愛なる日本の友人たちへ

今週日曜日、東日本大震災から1年を迎えます。失われた多くの命、破壊された家々、先行きの見えない不安を心の中で整理しようと必死に模索する中、私たちはつい日本の未来について希望を見失いがちです。しかし、震災の暗い瓦礫の中から希望の光の揺らめきが見えます。私たちはより安全でクリーンな未来をつくる、ただ一度だけのチャンスを与えられたのです。

半世紀ぶりに日本が原子力ゼロの状態になるまであと50日です。1年前までエネルギーの3分の1を原子力に頼っていたこの国がここまで来るとは誰も考えられませんでした。巨大な企業の利益が行く手を阻もうとしていますが、私たちが生まれて初めて目にする安全なエネルギーの未来はすぐそこにあります。

野田総理大臣にすべての原発を廃止し、日本を原子力のない社会に導くよう訴えましょう。私たちの子孫が二度とこのような災害を被ることのないようにすることが、失われた命への追悼として最善の方法ではないでしょうか。今すぐ緊急嘆願書に署名をお願いします。さらにキャンドルに火を灯し、その写真をここにアップロードして希望のメッセージをシェアしてください。

http://www.avaaz.org/jp/light_the_way_to_hope/?tta

再び原子力災害に脅かされることのない未来を想像してください。そんな未来は、なんとすぐそこにあるのです。野田総理大臣が運転停止中の原発の再稼働を中止すれば、夏が来る前に日本は原子力発電ゼロの状態になります。大規模な電力不足に陥ることなく原子力ゼロの夏を乗り切れば、巨大なエネルギー需要を持つ日本のような国でも、原子力の危険性のない持続可能なエネルギー社会を構築することが可能であることを世界に発信できます。つい1年前まで、北海道から九州にかけて56基の原発が点在していた国から発信される力強いメッセージです。

日本は今後も原子力の安全を強化し原子力による発電を続けていくべきだと、今も多くの人が主張します。しかし、この一年間で私たちが目にしたものは安全からは程遠いものです。今なお福島第一原発メルトダウンの真相解明には至らず、何万もの人々が放射能汚染地区に取り残されたまま脱出できずにいます。放射能汚染の不安から食べ物や水を口にするのもためらってしまうことがあります。3.11の再発を防ぐ唯一の方法は、段階的に原子力発電を停止し完全に撤廃することです。

私たちは岐路に立っています。日本が次のメルトダウンの危機にさらされる社会に再び戻るか、福島の経験から学び安全なエネルギー社会を新たに創出するかです。原子力ゼロの日本を願いキャンドルに火を灯し、野田総理大臣にメッセージを送り、この可能性にチャンスを与えましょう:

http://www.avaaz.org/jp/light_the_way_to_hope/?tta

日本が今後、環境そして未来の世代への安全な新しい道を切り開く一生に一度のチャンスが与えられています。私達や子孫のために安全なエネルギー社会を作るべく、今再び共に立ち上がりましょう。

希望と決意を胸に

ジェイミ、キア、アリス、イアン、ダリア、リッケン、デビッド、Avaazチーム一同

-----------------------------------

詳細情報:


JanJan ブログ「3月11日 フランスでも脱原発のための連帯行動」:
http://www.janjanblog.com/archives/65171

NONUKES 「311原発」:
http://nonukes.jp/wordpress/

さよなら原発「1000万人アクション」:
http://sayonara-nukes.org/

AVAAZについて

Avaaz.org は世界の人々の声や価値観が政策決定に反映されるよう世界規模でキャンペーンを行う非営利団体です(Avaazは様々な言語で「声」を意味します)。 Avaazは政府や企業から一切資金援助を受けず、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨーク、パリ、ワシントンDC、そしてジュネーブを拠点とするスタッフにより運営されています。 +1 888 922 8229


FacebookとMyspaceもチェックしてみてください!

貴方は、peacemask@mac.com を使い、2012-03-10 03:12:04に"原子力にない未来にともしびを" に署名いただいたので、このメールを送信させていただきました。Avaazからのメールを確実に受信するためにavaaz [@]t avaaz.orgをご自分のアドレス帳に登録してください。メールアドレス、言語設定など各種設定の変更は go here, でおこなえます。
配信停止はここをクリックしてください。Avaaz.org
857 Broadway, 3rd floor, New York, NY 10003 U.S.A.
Avaaz.orgはニューヨーク、ワシントンDC、ロンドン、リオデジャネイロを拠点に世界中で活動しています
http://www.avaaz.org/jp/light_the_way_to_hope/?tta

[PR]

by ma.blues | 2012-03-13 19:36 | 原子力関連 | Comments(0)