<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

また冷えちゃったねぇ・・・盛岡金曜デモ

先週とは打って変わって肌寒い気候。
おまけに小雨まで降って来ちゃったりして・・・・・
まぁ、盛岡の春はこんな感じに行ったり来たりしながらやって来ます。
今年の桜の開花は例年より早いという予想。
いつもなら4月末からのゴールデンウィークあたりに満開ですが、今年はそれより一週間近く早く咲くのでは?と言われています。

今日の参加人数は現場カウントで86名だったかな。
例によってカウントされていない方たちもいましたので90名ほどでしょうか。
先週よりちょっと減ってしまいましたが、コンスタントに集まってくれています。
次の日曜日31日には「サウンドデモ」も行なわれます。

夏の参院選に向けて再稼働されるのかされないのか?
脱原発は選挙戦の一つの争点とならなければなりません。
そのためにも、さらに大きなうねりを作り出す必要があるでしょう。
その意味で原発の無い岩手県で多くの人たちが声を上げることは重要になると思います。
今後もたくさんの人がこうした脱原発の行動に参加されますようお願いします。

原子力学会の福島原発事故調査委員会の中間報告が出た。
報告書には「異例」と言われる「学会として事故を防ぐことができなかったことは痛恨の極み」といった謝罪が含まれている。
「『原子ムラ』の一員として電力会社に遠慮があった」
「安全性研究を歓迎しない雰囲気があった」

などといった意見も出されたそうだが、事故原因については東電、国会両事故調同様に「(国内で)津波に対する影響度や事象進展に関する分析が十分なされていなかったことは反省すべき」としている。

地震の揺れによる被害状況などは彼らも無視をしている。
学会独自の調査は行われておらず、これまでの事故調の主張である「津波が原因」を掘り下げたものではない。
新たな分析はなく、東電の調査資料を鵜呑みにしているていたらくだ。
「科学者の良心」などはどこかに置き忘れて来たのだろう。
全体の論調は結局「安全性を十分にする」ということに尽きる。
まだまだ、原発の推進を前提とした論調に過ぎない。

これが日本の科学会の現実だと言える。
自然界に存在しないものを産み出し、それによって大きな被害が出たとしても「経済優先」は変わらない。
いくら謝罪の言葉があったとしてもこんな学会など信用出来るものではない。

「“原子力ムラ”一員」「電力会社に遠慮あった」 学会役員らアンケート結果(産経)
津波の対策不十分 日本原子力学会が原発事故調査で中間報告(福島民報)
「安全性への慢心あった」=原子力学会が中間報告―原発事故(時事通信)

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。
[PR]

by ma.blues | 2013-03-30 00:18 | 原子力関連 | Comments(0)  

4月のライブスケジュール

すいません。
今日は体調がよくなくお店をお休みします。
夕べ飲み過ぎたせいもありますが、このところどことなく調子の悪い日が続いています。
何とか早く回復するように努力しますので、一日お休みを下さい。

さて、来月のライブスケジュールをお届けします。
4月14日(日) pm7:00~
「セッションナイト」
どんなジャンルでもオーケー。集まったメンバーでいろいろと楽しんで下さい。
チャージ1500円(ワンドリンク付き)

4月20日(土) pm7:30~
「ショーロの夕べ」
千葉幸成(Gt)
久し振りの登場。ブラジル音楽の祖と言われる「ショーロ」の演奏です。
卓越したギターテクニックと心地よいリズムを楽しんで下さい。
チャージ1500円(ドリン別500円)

4月21日(日) pm7:00~
「三浦照夫、佐藤淳一」
いつも楽しいライブをしてくれるお二人。お寺ライブでも活躍していますが、それとはまた違った構成で楽しませてくれます。
チャージ1500円(ドリンク別500円)

4月28日(日) pm7:00~
「クロスロード大作戦」by歌人会
東京で様々な音楽シーンを演出している「歌人会」ペペが盛岡クロスロードで行なうイベント。
東京から三名、盛岡から二名が参加します。クロスロードの新たな地平を演出してくれそうです。
出演メンバー
JANGO(盛岡)
佐藤淳一(盛岡)
ジョニー笹川(東京)
斎藤智春(東京)
浜坂英則(東京)
順不同
チャージ1500円(ドリンク別500円)


盛岡ではなかなか聴く機会のない「ショーロ」の演奏や、東京からやって来る「歌人会」のライブイベントなど、この店ならではのライブが入っています。
是非、ご来店下さい。そして、ライブを楽しんで下さい。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。
[PR]

by ma.blues | 2013-03-26 19:08 | ライブスケジュール | Comments(0)  

異質であることの素晴らしさ・・・ライブ「因果捏造の夜」

なんだか、いつの間にかブログのレイアウトが変化してやたらと文字の大きい部分が増えた。
何もいじくっていないのにね。
ま、見やすいからいっか(笑)

昨夜は菅野創一朗くんプロデュースのライブ「因果捏造の夜」が行なわれました。
出演メンバーは順に「黒蜜ドルチェ」、「Yuki」、「加藤直哉」、「菅野創一朗」の四名。
菅野くんが語っていましたがそれぞれ個性的で彼の言葉を借りれば「10人中10人が受け入れてくれるタイプではない」むしろ受け入れる数が少ないタイプのミュージシャンと言えます。
語り口調もそうですが、歌の内容も一般受けするとは言い難いものが多いでしょう。
しかし、そうした「異質さ」は一つの個性であって、万人ウケしないからといって認められないということにはならないのです。

彼らのようなミュージシャン、アーチストが数多く出現することで音楽や芸術の世界は変化していくでしょう。
マスメディア受けするものが悪いわけではないですが、そこを到達点にするような作風はよくないでしょうね。
b0169403_2155486.jpg

「黒蜜ドルチェ」これはグループ名なのだそうです。
メンバーは彼女の他にキーボード、見えにくいかもしれませんがキーボードの端っこにいる人形二人。
この日のメンバーは以上の四名ということになります。
どこかほんわかとしたお嬢さん風の彼女ですが奇麗な透き通るような(安直な表現ですが)歌声でした。
まだ19歳ということですからこれからどんどん変化していくんでしょうね。
b0169403_2201093.jpg

「Yuki」割と小柄の彼女ですが抱えたギターはタカミネのドレッドタイプ。
服装は秋葉原辺りでうろついていてもおかしくないような感じですが(笑)叩き付けるような歌い方で自身の内面を歌い上げて来ます。
歌声や歌い方は若い頃の山崎ハコを彷彿とさせるものでした。
彼女がハコを知っているかどうか定かではありません。
自ら「明るい歌は作れない」と言いますが、決してドロドロに暗いわけでもないですし、ずず〜んと落ち込むような歌でもありません。
ただ、MCでの語りとの落差に聴き手は若干驚くかもしれませんね。
b0169403_2272821.jpg

「加藤直哉」実直そうな顔立ちと優しそうな風貌ですが、歌もその通り。
歌声と言うか歌い方?が何となく誰かに似ていると思って考えていたのですが、あがた森魚(あがたもりお)でした。
フレーズの終わりの部分でキーを外れていくような歌い方はよく似ています。
おそらくそういうメロディなんでしょうが、
声の優しさ、いわば中性的な声質は歌詞の内容とアンバランスではありません。
b0169403_22144792.jpg

「菅野創一朗」ヘアスタイルが前回と違ってました。
ますます、タマのボーカルに似て来たような・・・・・(笑)
彼の歌をどう表現していいか分かりませんが、シニカルな内容の歌もあれば内面の弱さを素直に表現したものもあります。
しかし、いわゆる「暗さ」はありません。
むしろ、前向きのイメージが浮かんできます。
彼の歌のファンは多く、今回のライブに参加したミュージシャン全員が彼の歌を好んでいますし彼をリスペクトしているようです。
風貌からは弱々しさを感じますが、実はシンの強い性格に思います。

それぞれが自分の個性を発揮していて二時間強のライブはあっという間に終了しました。
若いから出来ること、若いうちにやるべきこと、いろいろあると思います。
彼らがこの先も自分の気持ちを偽らずに外へ向けて発信し続けていって欲しいと思いました。
今後の彼らの活動にご注目下さい。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。
[PR]

by ma.blues | 2013-03-24 22:34 | ライブ報告 | Comments(0)  

盛岡金曜デモ・・・だいぶぬくい

だいぶ暖かくなった盛岡。
まぁ、日によっては最低気温がマイナスになることもままあるけど、今日は比較的温かった。
雨が心配されたが幸いデモの最中は降らないでくれた。
参加人数も100人越え。
現場のカウントでは98名でしたが、カウントされていない人間もいくらかいたので100人は越えていました。
b0169403_22114239.jpg

集合場所からデモ出発!

これからどんどん暖かくなっていきます。
参加者もどんどん増えて欲しいですね。
3月31日には第二回目の「サウンドデモ」が行なわれます。
みなさん、それぞれ楽器や音の出るものを持って集まって下さい。
3月31日(日) 
10:00集会スタート
11:30デモスタート
12:30デモ終了予定
集合場所:岩手教育会館前 岩手公園敷地
(雨天の場合は教育会館第一会議室にて)
主催:脱原発・日曜日もデモし隊



なお、明日23日(土)は店のライブが入っています。
3月23日(土) pm7:00~
「因果捏造の夜」
前回、やなぎのプロデュースで行なったライブに出演した菅野創一朗くんプロデュース。
全員、弾き語りです。
独特の世界観を持つ菅野くんのプロデュース、どんなライブになるか楽しみです。
出演:yuki(G,Vo)
   黒蜜ドルチェ(Key,Vo)
   加藤直哉(G,Vo)
   菅野創一朗(G,Vo)
チャージ1500円(ワンドリンク付き)


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。
[PR]

by ma.blues | 2013-03-22 22:31 | 原子力関連 | Comments(0)  

う〜ん・・・春はまだ先だ

b0169403_15235337.jpg

これは家の近くで芽吹いた福寿草。
開いたのは昨日のことだが、今日は寒さでつぼんでしまった。
この花がしっかりと咲いたら「春だな」って感じる。
まだちょっと先のようだ。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。
[PR]

by ma.blues | 2013-03-20 15:28 | その他 | Comments(0)  

昨夜のお客さん・・・英語、アカンわ

深夜近くになってからいらっしゃったお客さん。
「まだ大丈夫ですか?」
流暢な日本語で聞いて来た背の高い外国人。

聞くと二人とも花巻の高校の英語講師だそうだ。
にしても、二人とも若い。
後ほど分かるが22歳と27歳の若者だった。
英語を話せるわけではないが、日本語を使って話しかけて来るし、さほど難しい英語を話すわけではなかったので、何となく話は通じていた。

22歳のウイリアムはイギリス(マンチェスター)、27歳のコンラッドはカナダから来ているということだった。
ウイリアムは一昨年の夏から、コンラッドは昨年の夏からこちらへ来ている。
ウイリアムはかなり日本語が流暢で丁寧な言葉使いをする。
コンラッドはまだ日本語を勉強中といった感じでウイリアムに日本語指導を受けていた。
二人が英語で話し出すと早口になって聞き取れない部分が多くなって来る(笑)

英語と日本語を混ぜこぜでしばらく歓談していると、コンラッドが呼んだらしい女性がやって来た。
彼女は最近近所に出来たお店の店員さんだった。
店のオープン前に懸命にペンキ塗りをしていた女性だ。
彼女はマリア、おそらくフィリピンとのハーフのようだった。
彼女はけっこう英語を話すので三人の会話が多くなる。

日本語指導と英語レッスンが入り交じったような会話が続いて面白かった。
二人とも音楽好きらしくウイリアムはジャズやソウル、ファンクなど、コンラッドはフォークミュージックが好きだと言う。
コンラッドがギターを抱えて歌い出した。
PPM(ピーター、ポール&マリー)の「冷たい雨」(ボブ・ディラン作)
高校時代によくやっていた曲だ(笑)
その後も彼は数曲歌いみんなで合唱したり楽しい時間を過ごした。
「コンラッド、グッジョブ!」
彼の返事は「まだまだです!」(笑)
b0169403_19284915.jpg

左からウイリアム、コンラッド、マリア。
マリアの顔が写ってなくて残念だが小顔の可愛い女性でしたよ。

自国とは習慣が違いとまどうことも多いと思うが、一生懸命日本に慣れようとしている様子がうかがえた。
好青年といった印象で彼らから英語を習っている生徒たちは楽しく学んでいるのではないかと思う。

以前にも三沢基地に来ている若い米兵が遊びに来たことがあった。
彼は奥さんと一緒に来たが彼女は韓国人で二人とも日本語がまったくダメだったので話にかなり苦労した。
彼はギター好きだったので一緒にギターを弾いて楽しめたのでよかったが、もうちょっと英語をしゃべれるようにしとかんといかんなぁ。
なにしろ、頭に入っている英語のボキャブラリー(語彙)は中学生レベルだから(笑)

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。

[PR]

by ma.blues | 2013-03-17 19:52 | ある夜のクロスロード | Comments(0)  

あの震災から2年経った

もう2年経ってしまった。
当日は定休日だったので家でテレビを見ていた。

前々日にはちいさな地震が東北海道で起きて少しぴりっとした感覚を持っていた。
「ちいさな」と書いたが釧路沖の地震は震度3、決してちいさくはないのだがあの震災を受けてからこの程度だと「ちいさい」と感じるようになってしまった。
そして、日曜日の盛岡は暴風雪警報でほとんど吹雪状態。
イヤな予感を持ちつつ当日を迎えていた。

だが、一時間ほど見たらだんだん見たくなくなりテレビを消した。
常に自分の中へきちんと刻み込んでいかなければならないのだろうが、テレビの映像は長く見ていられなかった。

遅々として進まない復興事業、曖昧な除染であたかも町へ戻れるかのような宣伝を繰り返す政府、行き場のない瓦礫や放射性廃棄物が野積みとなった光景を見るたびに、この国は一体何をしようとしているのだろう? と思ってしまう。
連日「アベノミクス効果」を声高にアピールし続けるメディアがこの日だけは「震災特集」
被災地の様子が全国ネットで流れるのはこの日くらいのものだろう。
風化させようとしているのか?
それとも、これが「自然の成り行き」か?

あれこれ脳裏に浮かび、まともな文章を書けない。
「あの日」にブログを書こうと思っていたが書けなかった。
今もまだまともではないな。
「自分の出来ることをやる、自分のやるべきことをやる」
ただ、そうつぶやくだけだ。
[PR]

by ma.blues | 2013-03-13 19:34 | 東日本大震災 | Comments(0)  

3月のライブスケジュール

遅くなりましたが今月のライブスケジュールをお知らせします。
今月は3日に「オラン」のライブを入れたため、店のライブは一本のみです。

3月10日(日) pm7:00~
「セッションナイト」
ジャンルフリーのセッションナイト。集まったメンバーで楽しく遊びましょう。
チャージ1500円(ワンドリンク付き)

3月23日(土) pm7:00~
「因果捏造の夜」
前回、やなぎのプロデュースで行なったライブに出演した菅野創一朗くんプロデュース。
全員、弾き語りです。
独特の世界観を持つ菅野くんのプロデュース、どんなライブになるか楽しみです。
出演:yuki(G,Vo)
   黒蜜ドルチェ(Key,Vo)
   加藤直哉(G,Vo)
   菅野創一朗(G,Vo)
チャージ1500円(ワンドリンク付き)


盛岡もだいぶ暖かくなって来ました。
春はまだまだですが、足をお運び下さるよう願います。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。

[PR]

by ma.blues | 2013-03-10 00:16 | ライブスケジュール | Comments(0)  

最高でした・・・・・「オラン」ニューアルバム発売記念ライブ

もう「最高」の二文字しか浮かんできません。
常々お寺さんでライブをやりたいと思っていたと言うオランの歌と演奏は今までにないくらい力の入ったものでした。
15年以上一緒に演奏をしているという江森孝之さんのギター、バンジョーウクレレが見事に彼女を支えていました。
オランワールドはこの二人だからこそ生まれたものなのでしょう。

お客さんの中には涙ぐんでしまう人もいて、それを見たオランがもらい泣きしてしまうという場面も。
演者と客席が一体となった空気感はとても素敵です。
彼女たちの演奏力と歌にはそれだけの力がありました。
初めて聴いた方もいらしたと思いますが、きっとオランのファンになったことでしょう。

前日には沿岸の宮古入りして、なんと宮古のブルーズバンド「ディンプルズ」との共演をして来ました。
もちろん、宮古でも大変な好評を博したようです。

二日連続の疲れも見せず熱のこもった演奏をしてくれた二人にまずは感謝です。
そして、企画段階から当日まで精力的に動いてくれた「ほっと茶屋」のよしだかずをくんに感謝!
この企画を快く受けてくれた「専立寺」のご住職並びにご家族のみなさんに感謝!
不安材料の多かった音響を見事に担ってくれたSくんに感謝!
そしてそして、当日会場へ足を運んでくれたすべてのお客さんに大感謝です!!

翌日(4日)にはIBCラジオの夕方の番組に生出演し、忙しい岩手のツアーを終えて帰京しました。
彼らは岩手を大変気に入ってくれている様子ですから、また機会があればきっと素敵なステージを見せてくれることでしょう。

オランのCDは盛岡市内では以下の場所で取り扱っています。
是非、お買い求め下さい。

ニートレコード(東大通り 岩手公園向かい)
ディスクノート(菜園 MOSSビル4F)
Live Bar CROSSROAD(内丸)
みかんや(内丸)
ひねもす ほっと茶屋(中の橋通り)
 (順不同)

では、当日のライブの模様を画像でご覧下さい。
b0169403_2094166.jpg
オープニングアクトはよしだかずをくんの「ひなげし」
b0169403_20102246.jpg

b0169403_20104728.jpg

b0169403_20112758.jpg
ニューアルバム「アコレレ」に収録された「望郷そして希望〜Chanson de TAKUBOKU」の作詞者おきあんごさんとともに。
b0169403_20133949.jpg
「ひなげし」とともに。

オランの音源はこちらでお聴き下さい。
オラン

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。
[PR]

by ma.blues | 2013-03-05 20:35 | ライブ報告 | Comments(0)  

明日です!・・・・・「オラン」ニューアルバム発売記念ライブ

さてさて、とうとう明日になってしまいました!
オランのニューアルバム発売記念ライブ
夕方5時からとやや早めの開始設定です。
オープニングアクトは「ほっと茶屋」のよしだかずをくんと玉やんによる「ひなげし」
いつも通り、楽しく場を盛り上げてくれることでしょう。

オランは今夜、宮古の「カントリーズ・カフェ」でライブを行なっています。
二夜連続のライブ、オランも張り切っています。
たくさんのお客さんに来てもらいたいですね。
きっと素敵なライブになることでしょう。

当日はドリンクコーナー、お料理コーナーも設けます。
ゆったりとくつろぎながら音楽を楽しめるようにしていますので、よろしくお願いします。

ということで、明日(3日)はお店休みです
月曜は定休日ですので二日間お休みをいただきます。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。
[PR]

by ma.blues | 2013-03-02 20:08 | ライブスケジュール | Comments(0)