<   2013年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

時空を越えて・・・「水野たかし」ライブ 2013.8.30

のっけからイーグルスのカヴァー。
自分の足場を確かめるように淡々と歌い続ける水野たかし。
確かに40年以上の歴史を感じさせる歌声と演奏だった。
「食えなくてもいいじゃないか。自分の好きな唄を歌っていくんだ!」
そうして生き抜いて来たはずだ。
むろん、時には挫折しながらも。
b0169403_21552422.jpg

そんなことをどうしても感じてしまう同年代。
いつの間にか、自分の「あの頃」を思い浮かべてしまっていた。
『こいつ、そのまま生きてやがる・・・』
「時代遅れ」なんて言葉はたぶん必要ない言葉なんだろう。
10年やそこらのスパンだと古くさく感じるものも30年、40年経ってしまうと逆に新鮮に聴こえたり見えたりするものだ。

この店はマヌーシュ(ジプシースウィング)とブルーズを基調にしている。
どちらもとんでもなく古い時代からある音楽だ。
ジャンゴ・ラインハルト、ロバート・ジョンソン・・・・・
だけど、今聴いても新鮮に聴こえるものがある。
そして、彼らのフォロワーがたくさん輩出されて来た。
今なお、生き続けている音楽たちなのだ。

オープニングを務めてくれたのは前回「やぎたこ」のオープニングを務めてくれた菅野創一朗くん。
20代という若い彼の唄のフレーズの中にも僕は昔の曲の影を見つける。
その曲を彼はおそらく聴いたことがないだろう。
その曲に似たアレンジの曲は聴いたかもしれない。
それでも大して記憶に残っていたわけではなく、彼の深層に刻み込まれていたのだと思う。
それが時を経て彼の楽曲として花開いた。
b0169403_221378.jpg

音楽の歴史が途切れることはない。
連綿と繋がって形を変えてのちの時代に登場して来るものだと思う。
時には意識的に、時には無意識にかつてのフレーズやリズムといった音楽スタイル総体が断片的に時代の中に登場して来るのだろう。
コピーやカヴァーを嫌ってオリジナルを作っても、いくつかのエッセンスは必ずその中に登場して来るのだ。

途中で客として来てくれていた「やなぎ(やぎたこ)」がフィドルで参加。
水野は楽しそうに言う。
「人と一緒にやるのが好きなんだよね」
そうだね、音楽は一人で楽しむのもいいけど人と一緒に楽しめたらもっといい。
その楽しさが聴いている人たちに伝わっていけばさらにいい。
b0169403_227115.jpg

それぞれが背負って来たもの。
重い荷物も軽い荷物もある。
いつか、その荷物を降ろす時が来るだろうが、それまではみんな荷物を背負って走り続けていくんだろう。
自分が伝えたいと思うものをまき散らしながら。

ライブ音源はのちほどアップします。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-31 22:22 | ライブ報告 | Comments(0)  

9月1日(日)は臨時休業します

9月1日(日)は「お寺でライブ」に出演のため、お店は臨時休業いたします。
お時間取れる方はぜひお寺の方へお越し下さい。

9月1日(日) pn3:00~
「お寺でライブ Vol.5」
恒例になっているお寺さんでのライブです。
今回は若手を二名加えてのライブになります。

場所:専立寺(盛岡市名須川町)
時間:15:00~18:00
出演
一部:対談 小島進(ちいさな野菜畑)vs専立寺住職
二部:菅野創一朗
佐藤淳一(with及川)
  木原あおい
  クロスロードオールスターズ
入場無料(復興支援カンパをお願いします)


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-31 00:16 | 営業案内 | Comments(0)  

小松崎健さんのHP

前回記事で載せた小松崎さんのHPはブログの方でした。
HPは以下のURLになります。
Hammer Dulcimer Player
Komatsuzaki Kenji

ハンマーダルシマーに興味を持った方はこちらから彼にアクセスしていただくと、いろいろサジェスチョンを受けることが出来ると思いますよ。
訂正でした。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-30 00:49 | リンク関連 | Comments(0)  

「光炎菩薩大獅子吼経Volume2 その第一夜」のライブ音源アップしました

画像、暗くて申し訳ありません。

野良牛の冒険・・・千葉大三
Aural Fit
羅宇屋あとまり

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-29 21:49 | ライブ報告 | Comments(0)  

楽しさと美しい音色に酔いしれた夜・・・「ラグタイムギターとハンマーダルシマー」

8月25日(日)に行なわれた「ラグタイムギターとハンマーダルシマー」のライブ。
アイリッシュ系音楽でよく使われるハンマーダルシマーとラグタイムギターがどう融合するのか興味津々でしたが、彼らの音楽性の幅の広さに脱帽した夜でした。
ベネズエラの曲やブルーグラス系の曲など様々なジャンルの曲をアレンジしたものも演奏され、オリジナルはそれぞれの持ち味を生かしたスタイルで作られています。
ハンマーダルシマーの実際の音色は予想をはるかに越える美しさと力強さがありました。
小松崎健さんはもともとバンジョー弾きでもあるので、流れるようなメロディラインだけでなくリズミックなテンポも難なくこなすテクニシャンでした。
浜田くんのギターも単純なラグタイムギターと言うよりは、よりクラシック的要素が含まれていてハンマーダルシマーとの絡み具合は絶妙でした。
ヨーロッパ的な雰囲気を持つハンマーダルシマーの音色に彼のギターは非常にマッチしていました。

そして、オープニングを務めてくれた沿岸の宮古市から来てくれたTRADの二人の音楽の楽しさはこれまた軽妙で聴く者を惹き付けます。
昨年、「まつりっこ桜山」に呼んだ時が盛岡初登場だったわけですが、その時の印象通りの演奏力で「お客さんを楽しませつつ自分たちも楽しむ」という演奏者の基本をしっかりと持っている二人でした。
アイリッシュフォークという音楽は名前的にはあまり認知されていないかもしれませんが、どの曲もどこかで聴いたことがあると思えるものです。
彼らがもっと盛岡や宮古で演奏を披露してくれることを願っています。
b0169403_1847636.jpg
TRADの二人。夫婦であること以上に息の合った演奏でした。
b0169403_184935.jpg
浜田隆史くんのラグタイムギターと小松崎健さんのハンマーダルシマー。二人とももはや円熟味を感じられる演奏でした。
b0169403_18502114.jpg
ラストは全員でセッション。
b0169403_18505861.jpg
これがハンマーダルシマー。このタイプは68弦張られています。いくつかのタイプがあり、これが最大というわけではありません。
構造的には非常に「よく出来ている」と思えるものですが調弦が非常にめんどくさそう(笑)

これらのタイプの音楽が盛岡で演奏されることはごく稀です。
出来れば、多くの人たちに聴いてもらいたいですね。
これを機会に聴いてみて下さい。
機会があれば、もう一度彼らを呼びたいと思っています。

この夜は小松崎さんがかつて小岩井のイベントに参加した時、共演したメンバーが来てくれて30年振りほどの再会を果たしていました。
こんな出会いを作ることが出来たことに店としても嬉しく思っています。
ライブ音源はのちほどアップいたします。

打弦人生(小松崎健HP)
オタルナイ・レコード(浜田隆史HP)

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-29 19:22 | ライブ報告 | Comments(0)  

30日は「水野たかし」ライブ

追加で入ったため、配布していたスケジュール表には載っていませんが、明後日30日(金)に東京から来る水野たかしのライブがあります。
もうずいぶんと長いこと活動している彼はもともと関西フォークシーン出身。
のちにバックギタリストとしても活動をして来て、現在はソロとバンドの両輪で活動を続けている。
今でも年に数回全国を渡り歩くツアーをしているバイタリティ溢れるご仁である。

8月30日(金) pm7:30~
「水野たかし」ライブ
チャージ2000円(ワンドリンク付き)


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-28 19:08 | ライブスケジュール | Comments(0)  

「光炎菩薩大獅子吼経Volume2」その第一夜

宮西計三プロデュース企画「光炎菩薩大獅子吼経Volume2 その第一夜」が去る23日に行なわれました。
「第一夜」となっているのは次の日に伴天連茶屋で第二夜が組まれていたため。

出演は東京からAural Fit(オーラルフィット)、盛岡から羅宇屋あとまり、飛び入りパフォーマンスが盛岡出身の千葉大三。
トップは千葉くん。「一人パンク」「ガナリスト」と枕詞は強烈だが唄は予想外にメロディアスでした。
羅宇屋あとまりの二人は揃ってここで演奏するのは久し振り。
長い付き合いのせいだろうが息が合った演奏でした。
そして、ラストはAural Fit。
電気シタールという珍しい楽器が登場。
ベースシタール(正式名は知らない)にピックアップを装着したもので、その大きさにまず驚かされる。
シタール独特の音色はピックアップを通しても同じですね。
宮西計三が強力にプッシュするバンドらしいエッセンスとパフォーマンスを持っていました。
サイケデリック的な部分が'70年代っぽいと言われればそうかもしれない。
音源は後ほどアップします。

b0169403_18531076.jpg
千葉大三
b0169403_1853471.jpg
羅宇屋あとまり
b0169403_18543029.jpg
Aural Fit

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-28 19:01 | ライブ報告 | Comments(0)  

いよいよ明日です!

8月のクロスロード、超目玉ライブがいよいよ明日に迫りました!
「ラグタイムギターとハンマーダルシマー」
どちらも盛岡ではまず聴くことがほとんどないものです。
このコンビで呼べるのも今回限りかも・・・
実際、離れた土地のミュージシャンを何回も呼べるわけではないのです。

8月25日(日) pm7:00~
「ラグタイムギターとハンマーダルシマー」
出演:浜田隆史(ギター)
小松崎健(ハンマーダルシマー)
チャージ2500円(ワンドリンク付き)


ラグタイムギターも珍しいですが、ハンマーダルシマーはもっと珍しいのです。
アイリッシュ音楽に使用されて来た楽器でピアノの原型と言われています。
何本も張られた鉄弦を主に木のスプーンのようなスティックで叩いて奏でます。
その音色はとても美しいもので心が洗われる気がします。
演奏者の小松崎健はCBSソニーからユニットでレコードを出したこともある実力者です。

ラグタイムギターを演奏する浜田隆史は小樽在住。
その演奏力は多くの人が認める実力で内田十紀夫と共演もしている。
札幌に住む小松崎とは何度も一緒にやっているので息もぴったりでしょう。
この二人の作り出す音の世界はとても魅力的です。

そして、オープニングアクトには宮古市からTRADが参加してくれます。
これまた、珍しいアイリッシュフォークのデュオです。
彼らが盛岡で演奏するのはこれが二度目。
ダンシンサブルなメロディの楽しい曲が数多く演奏されます。
こちらも超注目のデュオです。
見逃したら損をしますよ!!
ぜひ、ご来店を。


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-24 19:04 | ライブスケジュール | Comments(0)  

藤圭子が死んだ

若い世代には「宇多田ヒカルの母」として知られているだろうが、まさに昭和を代表する歌手の一人であった藤圭子が死んだ。
しかも、どうやら飛び降り自殺のようだ。
1969年「新宿の女」でデビュー、'70年「圭子の夢は夜ひらく」でレコード大賞大衆賞受賞、紅白初出場。
その後も数々のヒット曲を出して来たが'79年に引退。
宇多田ヒカルがデビューしてからはご承知の通り。

同世代の人間としてはジャンルを越えて彼女の歌は愛唱歌としてあった。
自分たちがこれからどこへ向かっていこうとしているのか、その思いを彼女の歌になぞらえていたところがあった。
確固とした目標は見つけられないが、何らかの形で自分たちの方向を見出そうとしていた。
それが彼女の歌とシンクロしていたと言えるだろう。

「赤く咲くのは けしの花
白く咲くのは 百合の花
どう咲きゃいいのさ、この私
夢は夜ひらく」
「前を見るよな がらじゃない
うしろ向くよな がらじゃない
よそみしてたら 泣きをみた
夢は夜ひらく」

彼女が岩手県出身であることはあまり知られていないのかもしれない。
生まれは岩手県一関市、その後北海道旭川へ移住。
父親は浪曲歌手、母親は三味線瞽女(ごぜ)であったため、父母の門付(かどづけ)に同行し旅回り生活の後、17歳でレコードデビュー。
その比類のない歌のうまさとリズム感は宇多田ヒカルに受け継がれた。

彼女がロック好きであったこともあまり知られていないかもしれない。
歌謡曲(主に演歌)と呼ばれるジャンルでの歌手であったが、当時から英語を勉強していたというし、そのリズム感はずば抜けていた。
宇多田ヒカルの成功をもっとも信じていたのはむろん彼女だっただろうし、事実ヒカルの才能を所かまわず力説していた。

時代は過ぎ去っていくものであるが、こういう形でその終焉を見ざるを得ないのはなんともやるせない・・・・・

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-22 18:30 | 社会全般 | Comments(0)  

9月のライブスケジュール

9月1日(日) pn3:00~
「お寺でライブ Vol.5」
恒例になっているお寺さんでのライブです。
今回は若手を二名加えてのライブになります。

場所:専立寺(盛岡市名須川町)
時間:15:00~18:00
出演
一部:対談 小島進(ちいさな野菜畑)vs専立寺住職
二部:菅野創一朗
佐藤淳一(with及川)
  木原あおい
  クロスロードオールスターズ
入場無料(復興支援カンパをお願いします)

9月4日(水) pm7:30~
「重廣誠&錦織咲矢 feat.きき」
7月に衝撃的なライブを行なったコンビがまたやって来ます。
前回見逃した方はぜひご来店下さい。
6弦ベースとピアノのコンビにボーカルのききが加わります。
重廣誠(6弦ベース)
錦織咲也(ピアノ)
きき(ボーカル)
チャージ:1500円(ドリンク別500円)

9月8日(日) pm7:00~
「セッションナイト」
ジャンルフリー、集まったメンバーで楽しみましょう。
チャージ1500円(ワンドリンク付き)

9月15日(日) pm7:00~
「ケニー菅沼ジャズナイト」
なかなか珍しいジャズのギター弾き語り、ケニー菅沼。
今回はバックに小林道夫(Gt)村井秀児(Bs)横浜靖(Ds)の三人がバックに入ります。
ジャジーな大人の夜をお楽しみ下さい。
チャージ1500円(ドリンク別500円)

9月21日(土)  pm18:00~
「エコロケーション」
やなぎと熊谷キャラバンの共同プロデュースによるライブナイト。
今回は東京から歌姫二人が参加してくれます。
出演
やもとなおこ
斎藤麻理(以上東京)
佐々木優斗
熊谷キャラバン
やなぎ(以上盛岡)
チャージ1500円(ワンドリンク付き)

9月28日(土) pm7:30~
「ギターDEブラジル」千葉幸成
ショーロの卓越した弾き手である千葉幸成くんのライブです。
ギター一本から飛び出して来る素晴らしい旋律とリズムに酔いしれて下さい。
チャージ1500円(ドリンク別500円)

来月も東京からのミュージシャンが5人。
様々な音楽スタイルを聴くことが出来ます。
4日の重廣くんたちのライブはプロらしさを十分に味わえるライブとなるでしょう。
15日のケニーのライブは素晴らしいギタリストを迎えてパワーアップしたものになるでしょう。
21日の「エコロケーション」は若手の集まりです。
東京からの二人の歌姫も素晴らしい歌い手です。
そして、28日の千葉幸成。彼のギターテクニックは申し分ありません。
前回よりショーロだけでなくボッサやサンバタイプの曲も入れて来ています。
彼のギターにかける情熱をぜひ感じて下さい。

やもとなおこ
斎藤麻理
重廣誠
Prologue of legend(重廣誠&錦織咲也)

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-08-20 23:56 | ライブスケジュール | Comments(0)