<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

ケニー菅沼、白石松則&ソブクン‘s、木原あおいのライブ音源をアップしました

'S Wonderful・・・ケニー菅沼
All Of Me・・・ケニー菅沼

六ヶ所村から愛を込めて・・・白石松則&ソブクン‘s
メルトダウン・・・白石松則&ソブクン’s

再稼働(「値上げ」替え歌)・・・木原あおい
夕方ソウル・・・木原あおい

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-31 19:44 | ライブ報告 | Comments(0)  

ギターと尺八のコラボ・・・ある夜のクロスロード

もう10日ほど前になりますが、仙台のお客さん二人が訪ねて来ました。
と言っても、一人は盛岡出身で現在は南相馬に単身赴任、もう一人は八戸出身で現在は宮古に単身赴任という面倒くさい履歴(笑)
大学時代のバンド仲間で、最近またそのバンドを復活させたらしいです。
で、ここでライブをやりたいという話でした。

様々な音楽の話をしているところへハゲKさんが仲間とともにやって来ました。
久し振りの来店でしたが、相変わらずのハイテンション&駄洒落王。
仲間というのは尺八仲間です。
もう長いこと、彼は尺八を吹いていて古典がもちろん主ですが、歌謡曲やジャズっぽい曲なども吹きます。
来れば必ず一曲は吹いて帰りますがこの夜は仲間と一緒でしたので、まずはお仲間に先陣を。
居合わせた仙台の二人にギターでバックを付けさせてのセッションとなりました。
b0169403_115056.jpg
まずはお仲間の一人がセッションを。曲は「なだそうそう」ですがバックのギターはコード進行を変えてリズミックに。
b0169403_1164076.jpg
ハゲKを加えてのセッション。やはり彼の方が慣れているだけあってフレーズもいろいろと出て来ます。

小一時間ほど楽しんで尺八トリオは帰っていきました。
仙台の二人にはそのあと、自分たちのレパートリーを数曲やってもらいました。
なかなか技術もしっかりしていて歌もきちんと聴かせられるタイプでした。
後に彼らと連絡を取り合い、3月15日(土)にライブが決定しました。
盛岡のミュージシャンとのジョイントでやると思います。
こちらでは初めてのライブですので、是非多くの方に聴いてもらいたいと思います。
のちほど、改めて彼らのライブスケジュールはお知らせします。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-31 01:25 | ある夜のクロスロード | Comments(0)  

反原発ナイト・・・初の試み

26日(日)は初の試みである「反原発ナイト」
いつまで経っても収束しない福島第一原発事故。
にもかかわらず、現政権は「エネルギー基本計画」で相変わらず原発依存を表記し、原発の輸出さえ行なおうとしている。
毎週金曜日には「盛岡脱原発デモ」が行なわれているが、さらにその拡大を意識もし音楽を通して反原発を訴えていくという試みだった。
先に結果を言えば、大成功とは言えないが一定程度の効果は作れたのではないか、と。
と言うより、まず一歩を踏み出したという感が強い。

脱原発デモからの参加者は一名。
まぁ、デモや政治集会などの参加者にこうした音楽での発露というのは馴染まないのかもしれないが。

前半は「白石松則&ソブクン‘s」
三名が大船渡、あとの二名が盛岡と花巻という混成チームだ。
したがって、練習をするにも大変な様子で、今回はライブの前に時間を取ってスタジオ入りして来たそうだ。
それだけの意気込みを彼らには感じられた。
白石くんは長襦袢姿。「平成より昭和、昭和より明治、明治より江戸」と言っていたが、便利になり過ぎ電気を使い過ぎる今の時代を揶揄する言い回しだろう。
b0169403_23422862.jpg

練習の成果はそこかしこに表れており、全体の音のバランスも以前よりずっと良くて彼らの持ち味を引き出していた。
白石くんの鬼気迫るボーカルとソブクンのトリッキーでエキセントリックなスライドギターをバックがしっかりと支えていた。
彼の作る歌は替え歌がほとんどだが、その攻撃的でいてシニカルな内容はいずれも強いインパクトを聴衆に与える。
もともと、反原発ソングをよく歌っていた彼らだが、この夜はその真骨頂とも言える出来になったと思う。

後半は「木原あおい」くん。
お寺のライブではクロスロードオールスターズのメンバーとして参加してくれたが、今回はソロでの参加。
彼もまた、以前より反原発ソングを歌っているし日常生活でも使用電気量を減らす努力をしている。
ハイトーンで伸びやかな歌声は一人でも十分に聴衆を説得出来るものを持っている。
b0169403_2333680.jpg
何となく緊張していたようだったが、歌うにつれテンションは上がり、よいパフォーマンスになっていた。

b0169403_23372258.jpg
b0169403_23373440.jpg
これはソブクン‘sが作成した「セシウム、ストロンチウム入り」飲料水。
むろんフェイクであるが小気味よいブラックユーモアである。

こうした試みがどのような成果を産み出すかは不明だ。
しかし、あらゆる手段を使って「原発ゼロ」の日を作り出さなければならないと考えている。
店という小さなスペースでやるだけでなく、もっと大きな場での試みもこれからは模索していきたいと思っている。

両者のライブ音源は後ほどアップします。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-29 23:51 | ライブ報告 | Comments(0)  

ケニー菅沼のジャジーな夜

お客さん少なかったなぁ・・・
でも、一人はケニーとギターでセッションし、もう一人は得意の喉を聴かせてくれました。
ギターでセッションしてくれたのは先日のセッションナイトに来たSさん。
歌ってくれたのは秋田からお越しの霜月檸檬(しもつきれもん)。

ほとんど、セッションナイトのような状態でしたが、ケニーとSさんのコンビはなかなかいい感じで、そのままライブで使えそうです。
ケニーはもともと、ロックやソウルのバンドにいたので、スタンダード以外にもレパートリーは広く楽しませてくれます。
本人はスタンダードだけでいきたいようですが、いろいろやった方がいいと思うよ。

22:00からのスタートということで、かなり遅いライブでしたがセッション的にいろいろやったので時間が経つのはあっという間。
瞬く間に閉店時間となってしまいました。
この夜もいろいろな話が出ましたね。
こんな時に若いミュージシャンがいて欲しいと思います。
自分たちだけで楽しまないでいろいろな人たちと交流した方がいいと思いますよ。
自分の幅を広げるにはそれが一番です。
いくら勉強しても実戦で培われたものには勝てません。

ケニーのこうしたライブは今後も彼のスケジュールに合わせて入れていきますので、多くの方が参加してくれることを願います。
セッションは本人もオーケーですから、一緒に楽しみましょう。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-28 19:36 | ライブ報告 | Comments(0)  

2月のライブスケジュール

どうも、この頃はスケジュールの公開が遅れている。
何だか、あっという間に一ヶ月が終わってしまってバタバタと追われている気がします。
毎月きちんと数回のライブを入れるというのは意外と大変。
だいたい、二ヶ月前くらいには打診をして出演者を決めていますが、うまく行かない時は次々と断られたりして・・・
出演者はいつでも募集していますので、我と思わん方は是非お問い合わせを。

2月4日(火) pm8:00~
「チバ大三、菅野創一朗、宮西計三」ジョイントライブ
三人三様のスタイルの音楽が一堂に会します。
チバ大三は自ら「一人パンク」と称して活動。とは言え、リズム中心の曲だけではなくバラード的な曲もありバラエティに富んだレパートリーです。
菅野創一朗はちょっとひねった歌詞と独特のメロディラインの曲が多いです。「異質であることがスタンダード」と言えるスタイル。
宮西計三はいわゆるアヴァンギャルド系に属すと思われますが、朗読で曲を構成するなどこちらもちょっと異質で独特の雰囲気を持っています。
今回はキーボードに佐藤陽子を加えてのライブ。
三人のそれぞれのスタイルが融合するか核分裂を起こすか・・・
非常に興味のあるライブとなります。
是非、ご来店下さい。
チャージ1500円(ドリンク別500円)

2月8日(土) pm7:30~
「YUKI&FATS」
盛岡でも実力派の夫婦デュオ。
様々な音楽を吸収して出来上がっている彼らの音楽スタイルはジャンルを越えた独自のエンターテイメントの側面を持ち合わせている。
時には「夫婦漫才」などと揶揄されるが、それが場の雰囲気を作り出す重要な要素でもある。
レパートリーの広さは他の追随を許さないでしょう。
チャージ1500円(ドリンク別500円)

2月9日(日) pm7:30~
「セッションナイト」
ジャンルフリーのセッションナイト。
最近は集まりが悪いです。
一緒に楽しもうという気持ちがあれば誰でも結構。
是非、ご参加下さい。
チャージ1500円(ワンドリンク付き)

前半に集中して後半が空っぽ。
今後、ライブが入って来るかも知れません。
その時にはまたブログなどでお知らせします。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-25 20:10 | ライブスケジュール | Comments(0)  

お寺のライブ、無事終了。が、しかし・・・・・

19日(日)は「お寺でライブ」でした。
何となく恒例になってしまって毎年数回行われるようになった。
最初の一回出ればいいだろうと思っていたのだが、どうしてこうなったんだろう・・・・・
クロスロードオールスターズなどという大それたバンド名を付けたせいか?
毎回出るようになって、お客さんを見ていると毎回来てくれる方が多かったので、曲のメニューを毎回変えた。
これがしんどかった。
5~6曲は歌わなければならないので、毎回3曲は新しい曲に変えていた。
覚え切れない・・・・・

もう、脳も固まりかけていて今まで歌ったことも演奏したこともない曲を叩き込むには無理があり過ぎる。
で、今回はさぼることにした。
その代わり、若い唄うたいをボーカルにフィーチャーすることにしたわけだ。
しかし、これもまたしんどい。
なぜなら、彼のオリジナル曲を覚えなければならない。
今まで演奏したこともない曲も覚えなければならない(しかも、リズムが面倒だ)
結局、自分が歌わない分ギターのパターンを覚えなければならなかった。
これじゃあ、さぼっていることにならん!

おまけにリハを終えたあと、食事に行こうと表に出たら強烈な吐き気が・・・
恥も外聞もなく、歩道に積み上げられた雪の山にうぇっ・・・
中身がない・・・・・黄色い胃液らしきものしか出て来ん・・・
何なんじゃ、こりゃあ???
確かに食事はまだしていないが、胃の中に何も食べ物が残っていないということなのか?
消化がいいのか、消化せずに腸まで達しているのか。

何とか我慢して弁当を買い求め寺に戻る。
お茶を少し飲んで食べ始めるが、まったく箸が進まない。
結局、1/3も食べられなかった。
そのうち、便意が・・・
トイレに行ったら、今度は強烈な下痢。
直前に飲んだお茶まで出て来た。

やばい! ノロウィルスか・・・・・・・・・・
しかし、発熱はしていない。
う〜ん・・・・・・
坊主の息子を呼んで「胃薬くれ!」
「胃薬? ぜいたくな!」
なんということをほざく坊主だ!
いや、坊主の息子。
しかし、きゃつも坊主だ。
ああ、めんどくさい!!
「早く持ってこい!」

センブリ入りの胃薬を持って来てくれた。
用法を読んだら、三錠飲めと書いてある。
三錠って多くないか?
二錠くらいにしておこうか・・・いや、効かないと困るからやっぱり三錠か・・・
そんな葛藤をしながら、とりあえず三錠飲んだ。

しばらく経つと眠気が襲って来た。
もうライブは始まる。
冒頭の対談が始まったが顔を出す元気が出ない。
そのうち、眠ってしまった。

はっと我に返るとすでに対談は終わっていた。
次は佐藤くんの出番だが、自分も出なければならない。
何とかかんとか気を取り直して会場へ入っていく。
まったく生気が蘇らない。
まずいなぁ・・・・・しかし、どうにもならない。
それでも、バックのギターを数曲弾き終えて裏に戻る。

その時点ではまだ調子は戻っていなかったが、フロムソウルが終われば自分たちの出番になる。
どうにかして、正気を取り戻そうとしていた。
だんだん、胃薬が効いて来たのか腹の調子は峠を越した。
あとは気力だけ。
いやぁ、あおいくんをメンバーに入れておいてよかった。
一人ですべて歌うのはこれじゃあ無理。

あおいくんのボーカルにアンコールまで入り無事にライブを終えた。
片付けをする頃にはかなり調子も戻って来て食欲も出て来た。
なので、打ち上げでは呑みよりも食い気に走っていた。
完調子に戻ったとはいえないがだいぶ落ち着いて来て帰る頃には正常に限りなく近付いていた。

そんなこんななので、ライブの様子などは上の空でレポート出来ません。
今までのお客さんではなく初めてのお客さんが多かった気がするけど、どうだったんだろう。
以前に比べると人数が減って来ているのは気にかかるが。

フロムソウルと木原あおいくんの評判は上々でした。
フロムソウルの出番がもっと増えるといいなぁ。
あおいくんはオールスターズのメンバーとして今後も出演します。
次の機会にも是非よろしくです!

結局、嘔吐と下痢の原因は不明。
今は正常に生きております。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-21 20:11 | ライブ報告 | Comments(0)  

19,20日は連休します

明日、明後日19日(日)と20日(月)は連休します。
20日(月)は定休日です。

1月19日(日)
「お寺でライブ」
恒例となって来たお寺のライブ。
今回は店のライブでも好評の「フロムソウル」が参加します。
また、木原あおいクンがクロスロードオールスターズの一員として参加します。
店とはまた違った雰囲気のライブになります。
ぜひ、ご参加下さい。

対談:日野岳唯照(専立寺住職)vs小島進(ちいさな野菜畑主人)
ライブ:佐藤淳一
    フロムソウル
    クロスロードオールスターズfeat.木原あおい
時間:pm3:00~6:00(予定)
場所:専立寺(盛岡市名須川町)
入場無料


来週末にはライブが二本入っています。
こちらもよろしくお願いします。

1月25日(土) pm10:00~am0:00
「ケニー菅沼のジャジーな夜」&セッション
ギター弾き語りでスタンダードを歌うケニー菅沼くんのライブとセッションの夜です。
ドラムはありませんがエレキベースとギター、キーボードはあります。
ドラムで参加の場合は持ち込み。スネアとハイハットのみでブラシでの演奏。
その他、管楽器での参加の場合も持ち込んで下さい。
諸事情で演奏時間はam0:00までとなります。
チャージ1000円(ドリンクは通常料金)
pm10:00までは通常営業です。

1月26日(日) pm7:00~
「原発なんていらないぜ!」反原発ナイト
出演:木原あおい、白石松則&ソブクン's
ともに普段から反原発ソングを歌っているメンバーたち。
いつまでも原発依存を続ける政権への熱い一撃を!
チャージ1500円(ドリンク別500円)


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-18 17:47 | 営業案内 | Comments(0)  

久し振りにセッションぽくなったかな?

12日(日)はセッションナイトでした。
このところ、セッションに参加する人がほとんどいなくて、大抵一人でぽつねんとしていることが多かったのですが、この日は「帰って来たフォーク世代」S社長が早い時間にやって来てくれました。
二人であの当時のフォークをぽつりぽつりと弾いていました。
「風に吹かれて」ボブ・ディランの名曲ですが、自分自身もそうですがS社長も当時のコード譜で覚えていたため、実際のコード進行とは違っていることに気が付きました。
最近は弾くこともなかったので気付かなかったのですが、いざ弾いてみたら「あれ???」

あの頃はかなりいい加減な譜面が多かったので間違って覚えているものがけっこうあります。
約40年かけて「完成」したコピー曲もありますから(笑)
4小節まるまる抜かして覚えていた曲があったのです。
それに気付いたのがつい最近という・・・・・
これも滅多に弾くことがなかったのでいつまでも気付かないでいたんですねぇ。

二人でぽつりぽつりと弾いていると、最近店に来始めた、かつて関東で「ハコバン」で演奏していたというSさんが登場。
彼も弾かなくなってから久しいと言っていましたが、弾けば当然ちゃんと弾ける人です。

しばらくしてフリーのお客さんがお二人。
どんな店なのかも分からず入って来たようでしたが、元気のいいお二人で。
いろいろ話をしていたらSさんのご近所さん。
しかも、一人は弟さんがSさんの同級生ということが分かり話は一気に盛り上がりました。

この頃にはS社長は帰ってしまっていたのですが、お二人のリクエストで伊藤ゆかりの「小指の想い出」をSさんと二人で弾くことに。
まぁ、歌はお二人のうちの一人に歌ってもらうということで。
正直、弾いたのは初めてでした。
しかし、歌自体は覚えているのでSさんのギターに合わせてメロディを流して歌の援護をしていました。

その後はあれこれと歌謡曲のオンパレード(笑)
こんな形でSさんとセッションすることになるとは思いませんでした。
ただ、当時の歌謡曲はよく出来た曲が多くて、あの頃の作曲家の幅の広さを感じましたね。
子供の頃に聴いた歌は意外と覚えているものです。
何十年も弾いたこともなければ歌ったこともなかったのですが、何となくメロディは浮かんできますしそれなりに弾けてしまうのです。

お二人が十分に楽しんでくれてお帰りになったあと、二人でジャンゴ・ラインハルトの曲をちょっとずつ合わせてみました。
ジャンゴの曲はジャズと名が付いていますが、似て非なるものですのでジャズ好きのSさんにしても不思議なコード展開にとまどいがあるようでした。
で、僕はジャンゴ風、彼はジャズ風といった形でのセッションに。
うまくいったとは言えませんが、こうした繰り返しが何度も行なわれることで新たなものが生まれて来る可能性があります。
セッションはそうした可能性を持っているものですから。

ジャンゴのコード展開とジャズとの違いなど多岐に渡ってSさんとの会話は途切れることがありませんでした。
ギター好き、音楽好き、やって来たジャンルは違っても話す話題はいくつもあります。
閉店まで二人で話し込んでいました。
こんな時に若い子たちがいて、彼らの感性や創作活動に少しでも刺激を与えられたらなぁ・・・・・と思った次第です。
逆に自分たちの方が刺激を受けることになるかも知れませんけどね。
セッションの時にはそんな会話がいくつも生まれたらいいなぁ、と思っています。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-15 00:34 | ライブ報告 | Comments(0)  

いつかの週と同じやんけ・・・

8日(水)には絵美夏嬢が、昨日10日(金)には松本哲也くんが。
ん? いつかの週と同じパターンじゃないか!

不思議なものでこういうことは重なるものなんですねぇ・・・
しかも、絵美夏嬢は前回同様に「鴨富亭」からの帰り。
ちょっと風邪気味ということで早めに帰っていきましたが、ラジオの収録は大丈夫だったのかな?
まだまだ冷えは続くのでお気を付けて。

哲也くんは昨夜も店のマーチンD-35をいとおしそうに弾いていました。
相当、気に入った様子ですな。
フィンガリングでの音色が気に入ったようで様々に弾いてみては考え込んでいました。
「やっぱり、オールドでないとこういう音は出ないのかなぁ・・・」
ぼそっとつぶやいてはまた弾くという繰り返し。

その後は前回同様に二人でセッション。
彼の曲もやったけど、適当なコード進行でのセッションが面白かったかな。
彼と一緒にやって来たお客さんは「こんな贅沢な時間はない」と喜んでくれました。
こうしてセッションをやり出すと際限がないですね。
哲也くんも気持ち良さそうにD-35を弾いてくれましたし、時間が経つのを忘れました。

結局、3時をとうに回ってお開き。
楽しい時間を過ごせました。

昨日の最低気温は−10度だったんですって。
今朝もそのくらいだったんですね。
こんな感じで盛岡の冬は深くなっていきます。
それでも、そのうち慣れて来て「まだ、−10度越えてないの?」なんて言うようになって来るのですから不思議(笑)
こちらへお出掛けになる方は防寒と足元に十分注意をして下さいね。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-11 18:27 | ある夜のクロスロード | Comments(0)  

冷え冷え

明日から−8度超えの予報です。
本格的な冬の到来といったところですねぇ。
店の暖房は灯油のファンヒーター利用ですから、冬場は灯油代が・・・
灯油ってどうして利用の多い冬場に値上がりすんですかね?
それだけ売り上げが上がるんだから下げてくれてもよくない?
北国は踏んだり蹴ったリですなぁ。

昨日からお店は開けています。
冷え込む夜は暖かいお店で美味しいウィスキーを飲みながら素敵な音楽(ジプシースウィング)を聴きましょう。
きっと心もほんわりとしてきますよ。
気が向いたらギターを弾いて下さっても結構です。
のんびりとした時間を過ごして下さい。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-01-09 22:08 | 営業案内 | Comments(0)