「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

福島原発事故3年・再稼働反対 講演会・・・岩手県民の皆さんへ

来る3月9日(日)に「福島原発事故3年・再稼働反対 講演会」が盛岡市で行なわれます。

2014年3月9日(日) 13:30~15:30
「原発の再稼働は許されるのか〜放射性廃棄物はどうする?〜」
講師:山口幸夫(原子力資料情報室共同代表)
場所:アイーナ812号室(盛岡駅西通1:駅から徒歩4分)
資料代金:一般500円、大学生以下無料
主催:原発からの早期撤退を求める岩手県学識者の会(090-2958-1373)
   日本科学者会議岩手支部(019-621-6556)


報道などでご存知のように、福島第一原発ではいまだに汚染水の垂れ流しが続いています。
それらのほとんどが人為的ミスによるものであり、東電の危機管理に対する意識の甘さが表れています。
一度事故が起きれば、どういうことになるのか、この事故が如実に証明しているでしょう。
一度暴走したら人間には制御出来ない原子炉の崩壊。
今後、現在停止している原発の再稼働が行なわれれば再び同様の事故が起こりかねないのです。
「何十にも防御する処置をしているから絶対に安全です」と言い続けていた日本の原発が大事故を起こしてしまったのです。
科学に「絶対」はあり得ません。
そして、すでに手一杯になっている放射性廃棄物の処理に付いてもまったく有効な手だてがありません。
原発の再稼働を認めれば、ただでさえ貯まり続けているこの放射性廃棄物がますます増えることを意味します。
一刻も早く全原発の廃炉に向けて動き出さなければなりません。
多くの方がこの講演会に参加されることを望みます。

原発問題は政治イデオロギーの話ではありません。
「人間がどう生きるのか」を問う根本的な問題です。


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-02-28 18:58 | 原子力関連 | Comments(0)  

日曜日は原田K介のライブ

あっという間に2月って終わっちゃうのね・・・
三日少ないってのはけっこう大変。

3月2日(日)は「歌う司法書士」原田K介のライブがあります。
つっても、名前が知られているわけじゃないからお客さんの入りが・・・・・・・・・
伸びのあるいい声だし、ギターのテクニックもきちんとしているし、いい感じなんですけどね。
歌は女と愛犬の歌ばかり(笑)
時折、飛び出す「日本語でビートルズ」も面白い。
往年の日本のロカビリー歌手(尾藤イサオ、内田裕也など)が日本語でビートルズを歌っていたんですね。
その歌詞が何とも奇妙なもので元の詩とはまったく関係のないものになっている。
まぁ、ビートルズの歌詞をそのまま訳して歌っても多分つまらないものになるでしょうが。
これは一聴に値しますよ。

そんなわけで日曜日はライブを聴きに来て下さいねっ!
3月2日(日) pm7:00~
「原田K介」ライブ
チャージ1500円(ドリンク別500円)


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-02-28 00:25 | ライブスケジュール | Comments(0)  

明日24日(月)は臨時営業します

明日24日(月)は定休日ですが、臨時営業します。
皆さん、遊びに来て下さいね。


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。


[PR]

by ma.blues | 2014-02-23 23:42 | 営業案内 | Comments(0)  

3月のライブスケジュール

まだまだ冷えの厳しい盛岡です。
それでも日によっては春の気配を感じる時もあります。
今年は雪が少ないので道路を歩くのは楽ですね。
でも、春はまだ先です。

3月2日(日) pm7:00~
「原田K介」
「歌う司法書士」原田K介。震災後、司法相談支援のため、県内沿岸部をたびたび訪れています。その帰りにクロスロードでライブをするのが定着して来た感があります。
もちろん、盛岡では名前を知られていませんのでお客さんが少ないです。
「中津川ベリフォークジャンボリー」にも参加している実力派です。
是非、聴きに来て下さい。
チャージ1500円(ドリンク別500円)

3月9日(日) pm7:30~
「セッションナイト」
ジャンルフリーのセッションナイト。
ドラム以外の楽器は揃っています。ボーカルでの参加もありですのでお気軽にご参加下さい。集まったメンバーで楽しみましょう。
チャージ1500円(ワンドリンク付き)

3月15日(土) pm7:30~
「the Hobos」vs「木原あおい」
盛岡出身と八戸出身の二人組「the Hobos」(ザ・ホーボーズ)
大学時代のバンドを再結成し、今回はそのうち二人での出演です。
フォークロック調やザ・バンドの曲などアメリカンスタイルのライブになりそうです。
対するはクロスロード常連になりつつある「木原あおい」くん。
ソウルやブルーズを根っこに持つオリジナル曲はノリのよい曲が多く楽しんでもらえるでしょう。
チャージ1500円(ドリンク別500円)

3月29日(土) pm7:00~
「エコロケーションVol.3」
出演/ヤナギ、熊谷キャラバンほか
ヤナギが中心となって組んで来ているイベント「エコロケーション」
今回で三回目ですが、彼らの他にどんなメンバーが参加するかも楽しみなイベントです。
チャージ1500円(ワンドリンク付き)

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-02-20 19:41 | ライブスケジュール | Comments(0)  

本日は営業します

本日月曜日は定休日ですが臨時営業いたします。
月曜休みで来れなかった方、是非ご来店下さい。
ラストは状況判断で閉めますのでお早めにお越し下さいね。


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-02-17 17:42 | 営業案内 | Comments(0)  

フクシマを忘れない!さようなら原発 3.15脱原発集会のお知らせ・・・主に首都圏の皆さんへ

来月15日に東京で大規模な脱原発集会が行われます。
あれから三年が経とうとしています。
収束することのない福島第一原発事故。
こうしている間にも汚染された水は海に垂れ流され、大気中には事故を起こした原発から放射性物質が放出され続けています。
今停止している原発を再稼働させれば、さらに放射性廃棄物が増えていきます。
これ以上、行き場所のない放射性廃棄物を増やしてはいけません。
多くの方がこの集会にご参加されることを望みます。

●フクシマを忘れない!さようなら原発 3.15脱原発集会

2014年3月15日(土)
会場:日比谷野外音楽堂(東京メトロ「霞ヶ関駅」、都営地下鉄「内幸町駅」)
開場:12時30分
オープニングライブ:13時00分 コント、音楽
開演:13時30分
  福島からの報告(武藤類子さん)、
  呼びかけ人アピール(内橋克人さん、大江健三郎さん、鎌田慧さん、澤地久枝さん)
  被曝労働者のアピール
  原発現地の報告
デモ出発:14時30分(銀座方面)
主催:「さようなら原発」一千万人署名 市民の会
  内藤克人 大江健三郎 落合恵子 鎌田慧 坂本龍一 澤地久枝 瀬戸内寂聴 鶴見俊輔
連絡先:03-5289-8224(さようなら原発1000万人アクション事務局)〈原水爆禁止日本国民会議気付〉


※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-02-12 22:59 | 原子力関連 | Comments(0)  

もうすぐ三周忌

あの未曾有の大震災からあと一ヶ月で三年が経つ。
今日は一ヶ月前の月命日。
いまなお、行方不明の人々を探し求める活動が各地で行われている。
髪の毛一本でもいい、爪の欠片でもいい、服の切れ端でもいい・・・・・
ほんのちょっとでも手がかりになるものを求めて。

震災後、岩手・宮城・福島三県の仮設住宅で孤独死をした人数は昨年9月の段階で81人。
今年に入っても増え続けていることだろう。
各県警、自治体は孤独死の数を正確に調べていない。
先に上げた人数は一人暮らしをしていて亡くなった状態で見つかったものだけを集計している。
したがって、この数字より相当数多い方が亡くなっていると想像される。
また、自殺者の数は公表されていない。

「被災者に寄り添って・・・」
あれから三年、ありとあらゆる言葉がマスメディアに登場して来た。
被災者への募金も相当な金額が集まっている。
あの金はどんな風に使われているのだろう?
そして、歯の浮くような言葉の羅列は本当に被災者に寄り添う形で実行されたのだろうか?

岩手県の山田町ではNPO団体の復興支援金の不当流用が問題となり、団体の代表が逮捕される事態になっている。
混乱期の中では支援という形に対して確かに甘い判断がなされてしまうこともあっただろう。
だが、それを利用して私利私欲に走る輩には厳罰を強いらなければならないだろう。
被災者自身は必死に立ち直ろうと努力して来ている。
それでも力尽き倒れてしまう人たちがいることを忘れてはならない。

震災被害に加え原発事故によって住む場所を奪われ流浪の民とならざるを得なかった福島の人々のことを決して忘れてはならない。
今なお、収束しない福島第一原発事故。
にもかかわらず、過ぎ去った過去でもあるがごとく原発の再稼働を目論む安倍政権。
東京都知事選は確かに大東京の福祉・医療問題が大きな課題としてあっただろう。
しかし、原発ゼロが政治課題として登場したのであれば、そのことの議論をもっと誠実にすべきであっただろう。

何よりも、もっとも大量の電力を消費しているのは大東京である。
しかも、東京都は原発事故を起こした東京電力の大株主である。
今後の電力事情の舵取りの大きな要因となる「原発ゼロ」に対してまっとうな議論をなぜ出来ないのだろう。

かつて、反原発を標榜する者は左翼と規定され、政治イデオロギー論争のカオスの中に埋没させられた。
しかし、反原発は人間の生き方そのものを問うものであり政治イデオロギーではない。
単純な科学技術論でもなく、国の経済を語る経済論でもない。
言わば、哲学的思考による人類の存在そのものを問い正すものである。

自然界の中で「生かされている」人間の存在は、自然をコントロールしたり自然を破壊していいものではない。
海は豊富な資源を人間に与えてくれるが、津波のように甚大な被害も与える。
しかし、この海をコントロールすることなど出来はしない。
どんなに強大な防潮堤を作っても、それを越える津波はやがてやって来る。
共存することでしか人間は自然界で生きていくことが出来ないのだ。
このことを忘れてしまえば、人間はやがて自然によって今以上にとんでもないしっぺ返しを食らうであろう。

そして、これは自然界に存在しないものを作り出すことを否定している。
自然に返ることの出来ないものを作り出せば、その処分は不可能になる。
原発はその最たるものだ。
放射性廃棄物を自然へ帰すことなど出来ないのだから。
今後、何十年、何百年、何千年、何万年と多くの放射性廃棄物が地球上に貯蔵されることになる。
遠い未来の私たちの子孫たちがそれを見た時に何を思うだろうか。

津波被害を受けて出た瓦礫はやがて消えていく。
更地となった場所には新たな街が作られていく。
しかし、放射性廃棄物が埋められた場所には何も生まれない。
近寄ることさえも出来なくなる。

人間は愚かな動物だ。
その愚かさを自覚しなければ自然界で生きていくことはやがて出来なくなるだろう。
あの未曾有の大震災はそのことを教えてくれていると思う。
一人からでもいい、真剣に人間の生きる路を考えていって欲しい。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-02-11 23:47 | 東日本大震災 | Comments(0)  

YUKI&FATSライブとセッション、二夜連続

先週の土日はライブとセッションの二夜連続でした。
8日(土)はYUKI&FATSのライブ。
ひどくは冷えなかったけど、夕方前には雪も降って冬日の典型的パターン。
それでもお客さんは来てくれました。
初めてのお客さんが多く、秋田の霜月檸檬も。

いつも通り「夫婦漫才」、と思っていたらファッツの様子がおかしい。
風邪を引いて本調子ではないようで、いつもの軽妙な会話が途切れがち。
歌っていてもどこか辛そうな雰囲気でした。
それでも中盤からは徐々にテンションを上げて来て頑張ってくれました。
b0169403_17421740.jpg
辛そうでしたが演奏の雰囲気はいつも通りでした。

結局、二部構成で約二時間ほど演奏してアンコールも入り、終わったのは10時近くでした。
だんだん、踏ん張りの利かない年齢になって来ていますがこれだけのライブを行えるのはさすがです。
また元気な時にライブをやってもらいましょう。

翌9日(日)はセッションナイト。
このところ、参加者がなく一人でぽつねんとしていることが多かったのですが、先週から参加してくれているギターの菅原さんがこの夜も一番乗り。
続いて、ニッカ亭のデイリー山崎くん(ピアノ)が。
二人でジャズの曲をセッションしているところへ、ケニー菅沼くんが到着。
そこからは三人でスタンダードのセッションが始まりました。

ケニーはギター弾き語りでボーカルですが、この夜はボンゴも持参。
途中からボンゴを軽く叩きながらボーカルを取っていました。
山崎くんは店で弾いている時とはまた違ったアプローチで楽しそうに弾いていました。

三人で盛り上がっているところへ、なんと「天がえる」のビッキーがあきよしくんと登場。
ここからはビッキーと山崎くんが丁々発止のセッション。
旧知の仲で一緒に演奏したこともあるため、タイミングなどはお互いに知り尽くしているという感じでのセッション。
そこへあとの二人も参加して大セッションに。
途中からはほとんどラテンのノリになって来て、何をやってんだか・・・・・という感じでしたが(笑)
b0169403_17542115.jpg
「天がえる」での演奏とはまた違うビッキー。楽しそうです。

今月はこれでライブは終了。
まだまだ寒い冬は続きますが、店へ呑みに来て下さいね。
お客さんあってのお店ですから。
あんまり来ないと、いつの間にか店がなくなっているかもよ。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-02-11 18:00 | ライブ報告 | Comments(0)  

チバ大三、菅野創一朗、宮西計三のライブ音源をアップしました

極楽鳥・・・菅野創一朗
がまの油〜デコイ・・・菅野創一朗

それはそんなことではないでしょう・・・宮西計三 with佐藤陽子

グスクヤマ・・・チバ大三
都知事選の歌・・・チバ大三

菅野創一朗のHPは「青い蛙と六人の小人」
チバ大三のHPは「チバ大三 卍LOVE」

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-02-07 21:04 | ライブ報告 | Comments(0)  

三人の特色がよく出たライブ・・・チバ大三、菅野創一朗、宮西計三

4日(火)はそれぞれ特徴の違う三人が集ったライブでした。
トップは菅野創一朗。
オーソドックスなギター弾き語りだが、詩の内容や曲調は他とは一線を画す独自性を持っている。
特に代表曲である「極楽鳥」は何かに付いて批判とか揶揄とか批評とかをするタイプの詩ではなく、普遍的なテーマと考えられるものに対するアプローチと言える。
他の二人とは初共演だったが、それが彼のモチベーションを上げたようで言葉の先鋭さが今までより際立っていた。
b0169403_22243320.jpg
まだ若く、いまだに学生っぽさが残る風貌だがれっきとしたサラリーマン(笑)

二番手は宮西計三。
知る人ぞ知る人物なのだが、盛岡ではどれほどの人間が彼のことを知っているだろうか?
真崎守のアシスタントの後、イラストレーター、音楽家として活動を続けている。
「スターリン」のレコジャケを描いたことでも知られている。
大抵はギターでの弾き語り、あるいはバックを付けての朗読といったスタイルが多いが、今回は佐藤陽子のキーボードをバックでのライブとなった。
彼の詩の世界も独特であり、おどろおどろしさの中にも繊細な言葉選びがなされている。
弾き語りあるいは歌と言うよりパフォーマンスといった表現の方が適しているかもしれない。
b0169403_22292752.jpg
’70年代のサイケデリック音楽とアングラ芝居のエッセンスが散りばめられている雰囲気だ。

休憩を挟んでチバ大三。
彼は盛岡市出身で現在は東京在住。
活動場所も関東が多いが、毎年東北ツアーをやっている。
今回もその一環である。
菅野創一朗とは違って一直線の歌詞の楽曲が多い。
福島第一原発事故後に書いた「野良牛の冒険」(のらうしのぼうけん)はすでに彼の代表曲となっている。
怒りに任せて作られた曲もあるが、怒りと同時に悲哀を表現する叙情的パンク(これは勝手に名付けている)。
「一人パンク」「独唱パンク」などと標榜しているが、彼が敬愛するスターリンの遠藤ミチロウ同様、その歌詞には人間の根源を追求する言葉が多く使われている。
b0169403_2237979.jpg
この鶴のような一本足唱法もトレードマークとなっているが、彼によれば体を動かし過ぎるため、きちんと歌う時にはあえて一本足にして体を固定しているのだそうだ。

異種格闘技のような一夜となったが、それぞれが自分の持てる力を存分に出してくれたライブだったと思う。
お客さんが少なかったのが非常に残念だ。
このような状況は滅多に生まれるものではないから、このライブを観れたお客さんは幸せ者だと思う。
「反原発ナイト」に続いて、言わば社会派的なライブとなったが彼らの思いが、このクロスロードから飛び出して全国に散らばっていくことを願っている。

三人のライブ音源は後ほどアップします。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」から、店でのライブ音源は「関連ブログ&HP」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2014-02-06 22:49 | ライブ報告 | Comments(0)