「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ロシア民族音楽楽団「アンサンブル・スコモロヒー」公演のお知らせ

クロスロードの企画ではありませんがお手伝いをしています。
かつて、岩手大学に在学し宮沢賢治の研究をしていたロシア人留学生エフセーワ・エカテリーナさんがサンクトペテルブルグの民族楽器オーケストラ「アンサンブル・スコモロヒー」20数名を引き連れて日本公演を行ないます。
そして、盛岡と大槌町でも公演し大槌町では被災地支援として無料で行なわれます。
クロスロードとしても県内でのこの公演をぜひとも成功させたいと考えています。

まずはこの公演に多くの方が参加されることをお願いします。
同時にこの企画運営に皆さんのご協力を広くお願いしたいと考えています。
具体的にはチラシ配布、チケット販売、当日の会場運営手伝いなどです。
チケットの入手およびお手伝いいただける方は下記連絡先までご連絡をお願いいたします。
実行委員会副委員長 寺井良夫 090-9740-9201
なお、チケットはクロスロードでも扱っています。

b0169403_15103559.jpg

b0169403_15133933.jpg

[PR]

by ma.blues | 2015-05-31 04:18 | ライブスケジュール | Comments(0)  

「楽しくったっていいんじゃない?」ライブ終了

27日(水)には小泉優美と絵美夏という女性二人が共演するライブがありました。
クロスロードとしては初のパターンでした。
あいにくの雨模様でしたが満席のお客さんで店内は出演者が移動するのも大変な状態になりました。
本当に有難うございました。

トップは初めてライブ出演するというギターインストのタエさん。一関出身です。
b0169403_1411435.jpg
緊張で心臓バクバクだったようです。数曲弾いたあとでどうにも弾けなくなってしまいましたが初めての時はそんなものです。何度かライブをやっても緊張でうまく行かない時もあります。
次のライブの時には頑張りましょう。
b0169403_144412.jpg
いつもは「ヴァイオリンシンガー」として活動している絵美夏さん。この日は南米の竪琴アルパを演奏していました。
透き通ったアルパの音色は楽器の名前を知らなかった人でも聞き覚えのあるものだったと思います。
彼女は最近、このアルパでの出演が多いようです。以前よりフォルクローレ系の音楽を好んでいましたので必然の結果なのかもしれません。
途中からはギターが加わりリズミックな曲も演奏していました。
b0169403_14105147.jpg
花巻で「田舎Labo」を運営しているごんさん。キーボード奏者としてよくライブに出演していますが、今回はピアニカとスマホを利用しての演奏。スマホには演奏用アプリがいろいろと用意されているようで名前を聞き忘れましたが録音した音をリピートするアプリを利用しての演奏でした。
ラストでは「スペイン」を演奏するなど技術の確かさも披露していました。
b0169403_14182050.jpg
「盛岡のダイナマイトシンガー」と紹介しましたが本人が言っているわけではありませんのであしからず。
彼女にしては珍しく緊張していたようでいつもより声の伸びがなかったですねぇ。狭い店ですので遠慮して歌ったのかも。
いわゆる歌謡曲っぽい曲が多かったですが、個人的にはもっとロック的あるいはソウルっぽい曲をやって欲しかったです。
声量は十分にあると思いますので、それを生かした曲を選んで欲しいなって思います。
b0169403_14424247.jpg
最後は出演者たちによるセッション。ごんさんは客席の中に入り込んでピアニカ。狭い店内でポジションをうまくとって演奏してくれました。

タイトル通り、楽しいライブになったと思います。
それぞれの演奏者がお客さんたちを盛り上げてくれて一体感も生まれたと思います。
こうしたライブが出来ることは本当にうれしいです。
来月はお寺で二回、店で二回のライブが予定されています。
それぞれのライブが盛り上がることを願っています。
[PR]

by ma.blues | 2015-05-29 14:58 | ライブ報告 | Comments(0)  

6月のライブスケジュール

来月はライブが目白押しです。
7日の「お寺でライブ」には店主も出演します。
17日の大江健人くんは盛岡初ライブですがお勧めです。
21日にゲスト出演する「鴉」の近野くんも興味深いですね。
たくさんのお客さんが来てくれることを願っています。

6月7日(日) pm2:00~
「お寺でライブ 第10回」
震災後から始まったお寺さんでのライブもすでに10回目を迎えました。
これまで様々なミュージシャンに登場してもらいました。
今後も続けていけるかどうかは分かりませんが出来れば続いて欲しいと思っています。
対談:日野岳唯照(住職)、小島進(ちいさな野菜畑店主)
ライブ出演:三浦輝夫、K&K、佐藤淳一with松平亨、じゃんご、クロスロードオールスターズfeat.まるちゃん
料金:無料(被災地支援カンパあり)
飲食物持ち込みオーケー
場所:専立寺(盛岡市名須川町3-17)019-622-1066


6月17日(水) pm7:00~
「こいつの歌にはネオンとバーボンがよく似合う〜大江健人ライブ」
北海道の吟遊詩人、大江健人が盛岡初登場。
場所:クロスロード(みかんや)
チャージ:1500円(ワンドリンク付き)

大江健人(おおえたけと)プロフィール

北海道出身。札幌在住。
2008年1stソロアルバム「ポケットのネズミ」発表。以来、稀有な楽曲のオリジナリティーに加え、暗がりをピンスポットで照らし出すリアリティを持った歌詞で注目される。
2011年2ndソロアルバム「十字路の男」発表。一遍のストーリーを思わせるライブパフォーマンスには定評があり、メディア媒体への露出やフェスへの出演 (2012年、北海道JAZZ 2014年、RISING SUN ROCK FESTIVALで2夜連続出演)をはじめ、全国各地で様々なミュージシャンと共演、活躍中。また、2012年には大泉洋主演映画「探偵はBARにいる2」に出演している。


6月21日(日) pm5:30~
「あんたが為に鐘は鳴る Vol.2」〜やなぎ&クロスロード企画〜
盛岡のやなぎ(オーレン)とクロスロードの共同企画。
ゲストにあの鴉(秋田)のヴォーカル近野くんを迎えてのライブです。

出演:中村コナン、クマガイキャラバン、やなぎ
ゲスト:近野淳一(鴉)
場所:専立寺(盛岡市名須川町3-17)019-622-1066
チャージ:1500円(プラスドリンク500円)


6月30日(火) pm7:00~
「岡部繁VS千葉幸成」
卓越した技術のギタリスト二人の競演です。
昨年、初めて二人のジョイントをやりましたがとてもいい雰囲気のライブになりました。
今回もまた期待が持てます。ぜひ、お聴きになって下さい。
場所:クロスロード(みかんや)
チャージ:1500円(ワンドリンク付き)<
/span>
[PR]

by ma.blues | 2015-05-26 18:51 | ライブスケジュール | Comments(0)  

やもと問唔さんのライブがありました

急遽、ライブが決まった「やもと問唔」(やもともんご)さんのライブが20日(水)にありました。
宣伝も行き届かず集客が心配されましたが、なんとか集まってくれました。
初めてライブに来てくれた方もいて本当に感謝感謝です。
b0169403_1819386.jpg

千葉県出身で九州在住ということでしたが、学生時代に福岡へ行き、その頃から歌い始めたそうです。
あるライブハウスのオーディションを通りシンガーソングライターの道を進んで来たそうです。
九州博多は音楽人にとって激戦区ですから、そこでのオーディションに通れば実力を認められたことになります。
事実、彼の歌もギターも水準以上のもので人を惹き付ける要素をいくつも持っています。
Youtubeで彼の演奏は聴いていましたが、実際に生で聴くとその実力がよく分かりました。
声量も声の伸びも水準以上、ギターの技術も様々な奏法を身につけていることを窺わせました。

歌詞内容も浮ついたものではなく自己満足的私小説風でもなく、言葉に意味を持たせていることは歌を聴いているだけで伝わってきます。
いつも思うのですが、こうして全国を股にかけてまるで巡業旅のように回っているミュージシャンに共通するのは自身の深層心理を比喩的な言葉で表現したり、人との繋がりの大切さを大げさな言葉でなく表現していることです。
一カ所に留まって生活していると、ともすればマンネリ化しがちですし他者との関係性を真剣に考えなくなりがちです。
常に移動を繰り返し様々な人と出会う彼らにとって、そうして出会った人たちはまさに宝物的な存在なのだと思います。

むろん、自身の弱さを表現していることもありますが、決して卑下せずそこから這い上がろうとするバイタリティを感じます。
出会った人たちとの関係性の中から生まれて来た曲もあるでしょうし、そうした人たちに伝えたいことを歌った曲もあるでしょう。
様々な視点から世の中を見ることが出来るようになるのは旅をしているからなのかもしれません。
もっとも、やもとさんは「僕は旅は出来ないです。僕がやっているのは移動です」と言っていましたが、それは彼独特の捉え方で移動せず暮らす人間から見れば、それもまた旅なのだと思います。

ただ、想像力という面で捉えれば「定住していても旅は出来る」と言えます。
人の痛みや悲しみ、苦しみなどはその場にいなければ感じることが出来ないのではなく、想像力によってそれらを自身の中に取り込むことが可能だと考えるからです。
つまり、旅は移動を伴わなくとも出来るものでそれを想像力で意識的に行なうことから様々な人たちと繋がることが出来るのではないかと思います。
やもとさんのように旅先で歌い続ける人々は言わば「語り部」的な存在なのでしょう。
彼らの言葉に触発されて何らかのことを考え始める人も多いでしょうから。それは彼らが意識するとしないとに関わらず生まれてくるものだと思います。

一つ書き忘れていました。
彼の歌唱法が妙に昭和を感じるもので不思議な気分になりました。
昭和と言っても中期頃の歌唱に近いものを感じました。
意識的なのか自然とそうなったものなのか聞くのを忘れてしまいましたが。
お近くに彼が来た時には是非聴いて下さい。
楽しさともの悲しさと懐かしさが同居したような彼の歌声はきっと心に残ると思います。
[PR]

by ma.blues | 2015-05-25 18:58 | ライブ報告 | Comments(0)  

5月のライブスケジュール追加あります

急遽決まったライブが入りました。
来週水曜日(20日)に九州のやもと問唔(やもともんご)のライブがあります。
今回は通常営業で「投げ銭ライブ」となります。

5月20日(水)pm7:00以降
やもと問唔投げ銭ライブ
(ドリンク別)


彼のブログはこちらになります。
http://air.ap.teacup.com/ubym/
Youtubeもいくつかありますので是非ご覧下さい。
[PR]

by ma.blues | 2015-05-11 18:31 | ライブスケジュール | Comments(0)  

久し振りのお客さんたちとともに

昨夜は久し振りのお客さんたちが来てくれました。
一人は前の店の時に仙台からぽつんぽつんと定期便のように通ってくれて、現在は東京に住んでいるTくん。
最初に来た時にはいなかった子供さんも生まれ、今は二人目が生まれようとしているそうです。
もう一人は尺八吹きのKさん。
前の店では居合わせたギター弾きとセッションをよくやっていました。

Tくんもギター弾きで昨夜はKさんの尺八に合わせてギターを弾いてくれました。
僕もジャンベで参加。
和チックな旋律とリズムになりやすいですが、それでもいい雰囲気のセッションになりました。
b0169403_1904563.jpg
Kさんの前の壁が光っているのは彼の頭のせいではありません(笑)
[PR]

by ma.blues | 2015-05-06 19:04 | ある夜のクロスロード | Comments(0)