津軽弁ロックシンガー畠山智行くんのライブ

82日は津軽弁ロックシンガー畠山智行くんのライブでした。

盛岡は夏の風物詩「さんさ踊り」の真っ最中で集客が危ぶまれましたが案の定の低調。

この期間中はライブを入れない方がいいかなって感じですね。

共演してくれたのはこのところ腕を上げてきているTAXIくんでした。

この夜は石澤さんとのコンビ石澤TAXIではなくソロで「個人TAXI」(笑)

クロスロードでは初めてエレキを使用してのライブでした。

b0169403_00434055.jpg

初めて聴いた頃に比べるとかなり安定感が増してきましたね。

彼はまだまだ伸びていくでしょう。


畠山くんのライブは今回で2度目ですが、今回はちょっと喉が荒れていたかな?

歌い続けていますから常に同じ状態を保つのは難しいと思います。

津軽の言葉は個人的には馴染みがないわけではないので聴き慣れてくるとそのまま耳に入ってきます。

いわゆる標準語的な表現に比べたら方言は人間味がありますし感情表現も豊かに感じますね。

ただ、独特な方言でないとその良い部分を上手く引き出せないかもしれません。

自身の故郷の言葉を使っても標準語とさほど違いがないので面白味に欠けます。

b0169403_00435914.jpg

津軽弁や薩摩弁、琉球弁(そんな言い方はないでしょうが)などは本当に独特ですので、

それらの言葉によって表現されるものはひと味もふた味も違った雰囲気を作り出します。


畠山くんは元々が役者ですので声量は十分にあります。

語り部分は少しトーンを落として囁くように、歌い上げる部分ではバシッと声を出してきます。

その辺りは役者としての経験が役立っているだろうと思いますね。

彼は紅白出場を狙っているそうです。

「夢」と言えばそうでしょうが、なんでも望まなければ何も成すことは出来ません。

望んで、そこへ向かって走り続けることで何かを成し遂げることが出来るのですから。

彼の「夢」を応援してあげたいと思っています。

皆さんも機会がありましたら、是非彼の歌を聴いてあげてください。


[PR]

# by ma.blues | 2017-08-08 00:50 | Comments(0)  

7月後半のライブ報告

717,21,23日と立て続けにライブがありました。

報告がすっかり遅くなってしまって申し訳ありません。

まとめて報告させていただきます。


17日(月)「海の日」のライブは樋原海(ひのはらかい)くん。

「海の日」に海くんというのもなんということでしょう。

元ソウルエクスプレスのメンバーだったという彼のギターの腕前は大したものです。

ノリのいいリズムに乗せて歌われる歌詞もすんなり耳に入って来ます。

いつもお客さんが少なくて申し訳ない。

懲りずにまた顔を見せて下さい。

b0169403_01461405.jpg

21日(金)はRare Tonesのミスター6弦ベース重廣誠くんと尺八の吉岡龍見さんの組み合わせ。

オープニングにはアコースティックギターでインストを弾く山家章裕くん。

派手さはありませんが、確実な演奏でブルース系の曲からビートルズナンバーなどポピュラーな曲まで幅広く聴かせてくれます。

b0169403_01453732.jpg

重廣誠くんと吉岡龍見さんの組み合わせはまるで異種格闘技のようなパターンですので非常に興味がありました。

二人でいきなり始めたのはジャズの名曲「Summer Time」

メロもアドリブも自在にこなす吉岡さんの尺八の音色にノックアウト。

b0169403_01382235.jpg

そして、吉岡さんが尺八の古典曲を一曲披露してくれました。

強く吹くだけでなく、限りなく細く小さな音で長く吹くという奏法を初めて聴きましたが、

どう考えても超絶なテクニックと強大な肺活量を必要とするものでした。


その後は、二人での演奏で最後ではジャムセッション的な手法での演奏。

その中で吉岡さんは比較的よく聴くフルートっぽい音の出し方と古典的な音の出し方の両方を見事に吹き分けていました。

重廣誠くんの6弦ベースの絡みもまったく違和感なく、とても素晴らしい演奏を聴かせてもらえました。


尺八はあまり一般的ではないかもしれません。

しかし、吉岡さんの尺八を聴いているとまだまだもっと尺八の可能性はあるように感じました。

なんらかの形で、また彼には演奏をお願いしたいと思っています。

その機会には是非お聴き逃しのないように。


23日(日)には初登場のスカンク近野くん。

以前の店の時にお客さんとして来てくれてライブを入れる約束をしていましたが、火事に見舞われたため延び延びになっていました。

共演は宮古から来てくれたHiranai Makotoくん。今回は石澤由男さんのベースをバックに入れてのライブでした。

ソロの時とはまた違った雰囲気でノリにも確実性がありました。

しっかりしたベースが入ることで随分と音楽の質も変わります。

b0169403_01360596.jpg

近野くんの歌を聴くのは実は初めて。

なんとなく予想はしていたのですが、それを裏切らないスタイルでした。

基本的にはデルタブルースのパターンが多いですが、ポピュラーな曲も彼の訳詞とアレンジでいくつか披露してくれました。

最近はかなりのライブ数をこなしているようで場慣れしたステージングです。

b0169403_01370118.jpg

ライブ後は近野くんと様々な話で盛り上がり、すっかり遅くまで彼を付き合わせてしまいました。

彼も楽しんでくれたようですので、次回のライブも楽しみです。

今回来れなかった方、次の機会には是非聴きに来て下さい。



[PR]

# by ma.blues | 2017-08-05 01:57 | ライブ報告 | Comments(0)  

8月のライブスケジュール 再アップ

8月のライブスケジュールをおしらせします。

追加、抜け落ちを含めて再アップです。

来月は全部で7件のライブになりました。

なんとも忙しい・・・


8月2日(水) 19:30~

畠山智行 from東京

TAXI 盛岡

チャージ 2000円(ワンドリンク付き)

今回がクロスロード2回目。

津軽弁でオリジナル曲を歌います。

キャッチーなメロディーでつい口ずさみたくなる曲もあり、

曲作りの才能は結構なものです。

東京からやってきますが出身は青森県の津軽地方です。

共演は盛岡の若いTAXIくん。


8月6日(日) 19:00~

原田K介 from東京

チャージ 2000円(ワンドリンク付き)

「歌える司法書士」原田K介くん、8月もやって来ます。

オリジナル曲がほとんどですが、何曲かはカヴァーも入ります。

前回は加川良さんの歌などをやっていました。

時折、見せてくれる「一人ビートルズ」はコミカルなレパートリー。


8月11日(金) 19:00~

チバ大三 from東京

菅原ネン from平泉

チャージ2000円(ワンドリンク付き)

東京からですが出身は岩手県盛岡市です。

彼も全国を股にかけてライブをこなしています。

「独唱パンク」を標榜している通りノリのいいリズムとメロディーです。

遠藤ミチロウを彷彿とさせるキャラですがナイーブな歌詞が多いです。

共演の菅原ネンはクロスロード初登場。こちらも楽しみにしています。


8月12日(土) 19:00~

YUKI&FATS 盛岡

チャージ2000円(ワンドリンク付き)

盛岡の実力者コンビ。ブルース、ジャズ、ロックなど様々な音楽に精通していて、

演奏されるオリジナル曲はまとまりよくきちんと作られています。

演奏の合間のMCは夫婦ならではの「夫婦漫才」のようです。

楽器の演奏力とボーカルどちらもしっかりしたコンビです。


8月15日(火) 19:30~

湯澤ひかり from東京

彼女も東京からですが以前は盛岡市にいました。

独特な世界観の歌詞に惹きつけられる方も多いと思われます。

彼女独自のスタイルがほぼ出来上がっている感じで、唯一無二と言えます。

まだまだ伸びしろの沢山ある歌い手です。


816日(水) 19:30~

CrossTalk from新潟

投げ銭ライブ ドリンク500円均一

急遽、ライブが決まったジャズ系デュオ。

サックスとキーボードでの演奏です。

クロスロード初登場。

お酒を楽しみながら、ゆったりと聴いて下さい。


8月19日(土) 19:30〜
パーシー企画
「自鳴のゆくえ」
チャージ 1500円(ワンドリンク付き)
ゾン佐々木(釜石)
西川正人
パーシー
おなじみパーシーのアコースティック企画。
今回は釜石アップダウンデイ店主ゾン佐々木(ボブ)と初顔の西川正人くんと一緒です。
どんな夜になるか、楽しみ。

b0169403_12260586.jpg


[PR]

# by ma.blues | 2017-07-30 00:00 | ライブスケジュール | Comments(0)  

明日はお休みです

告知、遅くなりましたが明日30日(日)は宮古の夏祭りイベントに参加するため、店はお休みです。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

[PR]

# by ma.blues | 2017-07-29 17:15 | 営業案内 | Comments(0)  

8月のライブスケジュール追加が出ました

来月のライブスケジュールに追加が出ました。

新潟から来るデュオが急遽決まりました。


816日(水) 19:30~

CrossTalk from新潟

投げ銭ライブ ドリンク500円均一


急遽、ライブが決まったジャズ系デュオ。

サックスとキーボードでの演奏です。

クロスロード初登場。

お酒を楽しみながら、ゆったりと聴いて下さい。



[PR]

# by ma.blues | 2017-07-29 00:48 | ライブスケジュール | Comments(0)  

高橋研、ニューアルバムリリース記念ライブ

店の企画ではありませんが、高橋研(「翼の折れたエンジェル」の作者)がニューアルバムをリリースするのを記念して、盛岡GLOBEでライブを行ないます。
なかなか彼のライブを見る機会はないと思います。お誘い合わせの上、どうぞ。

7月30日(日)
場所:盛岡GLOBE
   019-622-0250
料金:前売り4000円
   当日 4500円
   共に別途1drink order
時間:16:30 open / 17:00 start
出演:高橋研&The Electric Gentlemen
問い合わせ:ファンタジスタ 03-5327-6230
info@fantasista-web.com
b0169403_01002156.jpg

[PR]

# by ma.blues | 2017-07-28 01:08 | ライブスケジュール | Comments(0)  

8月のライブスケジュール

8月のライブスケジュールをおしらせします。

来月は前半に5本のライブが入っています。

なんとも忙しい・・・


8月2日(水) 19:30~

畠山智行 from東京

チャージ 2000円(ワンドリンク付き)

今回がクロスロード2回目。

津軽弁でオリジナル曲を歌います。

キャッチーなメロディーでつい口ずさみたくなる曲もあり、

曲作りの才能は結構なものです。

東京からやってきますが出身は青森県の津軽地方です。


8月6日(日) 19:00~

原田K介 from東京

チャージ 2000円(ワンドリンク付き)

「歌える司法書士」原田K介くん、8月もやって来ます。

オリジナル曲がほとんどですが、何曲かはカヴァーも入ります。

前回は加川良さんの歌などをやっていました。

時折、見せてくれる「一人ビートルズ」はコミカルなレパートリー。


8月11日(金) 19:00~

チバ大三 from東京

チャージ2000円(ワンドリンク付き)

東京からですが出身は岩手県盛岡市です。

彼も全国を股にかけてライブをこなしています。

「独唱パンク」を標榜している通りノリのいいリズムとメロディーです。

遠藤ミチロウを彷彿とさせるキャラですがナイーブな歌詞が多いです。


8月12日(土) 19:00~

YUKI&FATS 盛岡

チャージ2000円(ワンドリンク付き)

盛岡の実力者コンビ。ブルース、ジャズ、ロックなど様々な音楽に精通していて、

演奏されるオリジナル曲はまとまりよくきちんと作られています。

演奏の合間のMCは夫婦ならではの「夫婦漫才」のようです。

楽器の演奏力とボーカルどちらもしっかりしたコンビです。


8月15日(火) 19:30~

湯澤ひかり from東京

彼女も東京からですが以前は盛岡市にいました。

独特な世界観の歌詞に惹きつけられる方も多いと思われます。

彼女独自のスタイルがほぼ出来上がっている感じで、唯一無二と言えます。

まだまだ伸びしろの沢山ある歌い手です。



[PR]

# by ma.blues | 2017-07-26 21:59 | ライブスケジュール | Comments(0)  

鬼平瞽女、loachが来てくれました……7.15ライブ

15日(土)には鬼平瞽女くんとloachくんがやってきました。

二人ともクロスロード初登場。

鬼平くんはかつての三上寛を彷彿とさせる歌い手、loachくんは雰囲気が元ストリートスライダーズのハリーに似ています。

岩手からは盛岡の杏菜バンドと大船渡と花巻のメンバーからなるライトニン・ソブクンズが参加してくれました。

猛暑が続いていた盛岡でしたが、この日もかなり暑く会場のクロスロード別室はエアコンが十分に効かない状態。

出演者も汗だくになりながらのライブでした。

b0169403_03561299.jpg
b0169403_03583574.jpg

杏菜ちゃんはまだ20代中盤ですが勢いのある歌声と物怖じしないステージングは大したものです。

タイトにまとめたバッキングもなかなかでした。

b0169403_04035933.jpg
b0169403_04070621.jpg

ライトニン・ソブクンズはいつも何かしら新ネタを携えてライブに臨んでいます。

今回も新曲があり、ソブクンのニューギターも威力を発揮していました。

久し振りにテルミンの音も聴くことが出来ました。

b0169403_04133833.jpg
b0169403_04155345.jpg

鬼平くん、トーキングブルースのように秋田訛りで語りかけリフレインの言葉が印象に残ります。

難病を患い、手術後間もないというのにツアーに出ている根性には敬服します。

彼がゲストとして呼んだ盛岡在住のイラストレーターでありミュージシャンの宮西計三さんとのセッションはノイズ系。

会場に集まった皆さんはおそらく初めて聴くパターンだった人も多いでしょう。

b0169403_04091430.jpg
b0169403_04105455.jpg

loachくん。僕が聴いていたのはだいぶ前の動画だったようです。

それではデルタブルースを基調としたオリジナル曲を歌っていましたが、今回はもっとポップなメロディラインのものが多かったです。

ギターの腕前もさることながらちょっとしゃがれた声でのボーカルも魅力的です。

b0169403_04184953.jpg
b0169403_04224947.jpg

ラストにはloachくんと杏菜バンドとのセッションでストリートスライダーズの曲を。

そして、鬼平くんも加わってロバートジョンソンの「Love In Vain」(ストーンズヴァージョン)


4組とも個性のあるスタイルで聴きに来てくれた皆さんも飽きることなく聴けたと思います。

音楽には様々なスタイルがあります。

クロスロード別室での企画は出来るだけタイプの違った音楽を聴けるようにとメンバーを選んでいます。

今後も同様にライブの企画をしていきますので、機会がありましたらぜひ聴きに来てください。


最後になりましたが、今回来てくれた鬼平くん、loachくん、杏菜バンド、ライトニン・ソブクンズの面々に感謝します。

そして、何よりも聴きに来てくださったお客さんの皆さまに深く感謝します。

今後ともよろしくお願いします。



[PR]

# by ma.blues | 2017-07-20 04:31 | ライブ報告 | Comments(0)