外は吹雪でも店内はホットに

昨夜(13日)は盛岡アバンギャルド界の怪人ONNYKのライブでした。
怪人と書きましたが見た目はまぁ画像の通りです。
性格が怪人とか言動がおかしいというわけではないので誤解ないように。

アバンギャルドは「前衛芸術」と解釈されますが美術や演劇・舞踏などで用いられることが多いです。
もともとはフランス語(avant-garde)であって英語では(advance guard)となり
いずれも軍事用語「前衛部隊」の意味でそこから援用されたものです。
つまり「古い体制や様式などに対し攻撃をする先頭に立つ」といった意味に捉えられると思います。
日本では1960年代から1970年代初期まで様々な形で現れて一定の評価をされて来ました。
赤瀬川源平なども参加したネオ・ダダイズム・オルガナイザーズは美術・彫刻などの世界で、
名古屋で結成されたゼロ次元は「人間の行為を0に導く」といったコンセプトで全裸パフォーマンスアートを展開。
土方巽を中心とした暗黒舞踏は日本古来の伝統と前衛を混合させた踊りを。

これらの他にも多くのアーティストが登場して来ましたが多くは1970年代初頭に解散もしくは雲中霧散していきました。
そして、様々な形で再登場しているグループもあります。

音楽については帝政ロシア末期に起こったロシア・アバンギャルド(音楽に留まらずあらゆるアートにおいて展開された)が有名ですが、その後、ジャズ界においては前衛ジャズとかフリー・ジャズといった呼ばれ方で登場します。
日本でもそれらを引き継いだ(あるいは同時期的に)登場したミュージシャンも多く存在しています。
それはジャズ界に留まらず様々な音楽の形で展開されました。
特に1970年代後期には非常に多くのグループが存在しました。
それらの多くも1980年代にはその存在感を失っています。

ONNYKの音楽がそれらのどこに位置するのかは分かりません。
おそらく、本人にもそれは分からないでしょうし分かる必要もないかもしれません。
日本ではとかく、ジャンル分けをすることが多くどこに属するかによって評価が違うといった
不可思議な状態が起こることも多いのが現実です。
音楽をジャンル分けすること自体おかしな話なのですが、便宜上致し方ない部分があることも認めなければならないでしょう。
が、それをもって評価が変わるのはいかがなものでしょうか?
個人が気に入っている音楽を差別、非難することはその個人をも否定することに繋がるでしょう。
音楽を評価することと個人の趣味趣向を評価することとは違うのです。

前置きが長くなりました。
ONNYKのライブは当店初のサックスなど管楽器によるライブでした。
事前に音出し確認をして外に音が漏れることは分かっていましたが
許容範囲としてこのライブを入れていました。
それでも、狭い店内でどのような音がはじき出されるのか不安半分でしたが
実際にその音を聴いた時にはそんな不安は吹き飛びました。
かつて、フリージャズを聴いた時に感覚的に受け入れられない自分がいましたから
彼の音を受け入れられるかどうかにも不安はありました。
しかし、実際に目の前で彼の演奏を観ているとその息づかいが聴こえて来て
それだけでも引き込まれる感がありました。
そして、指でキーを押さえる音がなぜかパーカッションの音のように聴こえて来て
不思議な気分になりました。

彼はテナー、アルト、ソプラノと三本のサックスを吹き分けますが
今回はアルトとソプラノの二本を持って来ました。
と思ったら、もう一本奇妙な楽器が・・・・・
なんとフルートにサックスのマウスピースを付けたものです。
この三本での演奏でしたが個人的にはソプラノの演奏が一番よかった気が。

彼の演奏を言葉で説明するのは困難です。
と言うより、毎回ライブの報告を書いていて思うのですが
音楽を言葉で表現するのは困難ですし、あまり意味のないことかと思います。
ただ、今回はその楽器の使い方について書いておきたいと思います。

アルトサックスは本体にテナーのマウスピースを付けています。
それで何がどう変わるのか聞くのを忘れてしまいましたがフルートにマウスピースを付けたりといったことも含めて通常とは違った形での演奏を常に意識しているのでしょう。
また、マウスピースを外して吹いたりもしましたが、これは相当の肺活量が必要だと思います。
彼の体格だから出来るのかも。

お客さんは以前にも彼の演奏を聴いた方が多く熱心に聴いていました。
鬼気迫る、といった感じではありませんが彼の演奏に対する真摯な態度は
店内を埋めたお客さんたちの心に届いていたことは確かでしょう。
これは個人的な感想ですが、彼のフレーズはどこか「日本的」に聴こえました。
演奏後にそんな話を彼としたのですが彼曰く、
「以前はそんなことはなかった。今日は途中でそのことに気づいて何とか変えようと思ったけど・・・」
ということでした。
本人もやはりそのことに気づいていたんです。
彼は民謡にも興味を持って調べていたりしていますから
そこから何かインスパイアされているのかもしれません。

初の管楽器登場でしたがアクシデントもなく終了出来ました。
外は吹雪になっていましたが店内は非常にホットな演奏で満たされました。
今回、彼の演奏を聴く機会を持てなかった方、一度是非聴いてみて下さい。
アバンギャルド音楽を言葉で捉えようとすると分かりにくい・理解出来ないといったことになりますが、要するに音楽ですからまず聴くことが必要でしょう。
そして、彼のように真摯にその音楽を追究している人間たちが存在していることを理解して欲しいと思います。



b0169403_14313110.jpg
b0169403_14325272.jpg
b0169403_14333377.jpg
b0169403_143486.jpg

[PR]

# by ma.blues | 2010-03-14 15:22 | ライブ報告 | Comments(0)  

ドカ雪が・・・・・

昨夜はこの冬一番の降雪でした。
画像は店の帰り道の通りです。
このあとも明け方近くまで降り続いていて
途中で足が埋もれて歩けなくなる状態になってました。
湿った雪ですから歩きにくいことこの上もありません。
電線に雪が積もっている景色は久し振りに見た気がします。

家は中心部からちょっと離れた山に近い場所ですので玄関前は30センチほどの積雪。
家に着いたら長靴に履き替えて雪かきをしてました。
その頃にはすでに雨に変わりつつあったのですが。
このまま冷えたらたまらんと思ってましたがさほど冷えることなく
今朝は太陽が出る陽気であっという間に雪は溶けてしまいました。
除雪された道路は昨夜の降雪が嘘のように跡形もありませんでした。

太陽の力はすごいものですね。
これが1月2月の寒い時期であれば除雪しても残った雪がかちかちに凍って大変でした。
こんなことが起こると春が近づいていると感じます。
でも、来週はまた冷え込むらしい・・・・・
いつになったら渓流釣りへ行けることやら。

b0169403_19371528.jpg
[PR]

# by ma.blues | 2010-03-05 19:43 | その他 | Comments(2)  

店へのアクセス

2014年4月11日に階下からの出火により全焼し、その後同じ桜山地区内の「みかんや」さんを月火水のみお借りして仮営業をしておりましたが、2016年4月27日をもって仮営業を終了。約二年半を経て、2016年9月2日に新たな店を南大通りでオープンしました。

店の位置は下の地図を参照して下さい。
徒歩の場合、「盛岡バスセンター」を目印にしていただけたら分かりやすいと思います。
お車の場合、南大通りから店の建物方向へ入る道路は一方通行ですので、通り沿いにある「ダイヤパーク」に駐車していただければ目の前です。
お問い合わせなどはお電話または下記のアドレスまでメールしていただけたら有難いです。
090-3446-3894
ma.swing-blues@ezweb.ne.jp
住所
岩手県盛岡市南大通1-10-8 タマヤパーク2F
Live Bar CROSSROAD
b0169403_05230803.gif

[PR]

# by ma.blues | 2010-03-02 19:47 | 店へのアクセス | Comments(0)  

3月のライブスケジュール

3月のライブスケジュールをお知らせいたします。

今回は店に初めてサックスが入ります。
盛岡のアバンギャルド界の異才ONNYKの登場です。

3月13日(土)
pm8:00start
チャージ1500円(ドリンクすべて500円)
出演:ONNYK

3月20日(土)
pm8:30start
チャージ1500円(ドリンクすべて500円)
出演:Hot club of MORIOKA

先月は素晴らしい演奏を聴かせてくれたハウスバンド、
そのモチベーションをずっと保ち続けていって欲しいものです。

今月のライブもよろしくお願いします。

b0169403_22331771.jpg
[PR]

# by ma.blues | 2010-03-01 22:34 | ライブスケジュール | Comments(0)  

2月最後のライブ 過去最高の出来では?

昨夜(27日)はハウスバンドの2月ライブでした。
春が間近に思えるほど暖かい陽気が続いていた数日間でしたが
昨夜も冷え込むことなく気分も楽な夜でした。

二日前にテレビ収録のため、かなり弾いていたせいか
あるいは暖かくなった陽気のせいか、
昨夜のハウスバンドの出来は過去最高の出来と思えるプレイでした。
特にソロを取るリーダー寺田くんのギターは冴えていました。
曲ごとのメリハリもはっきりとしていましたし
いつもなら音が小さくなりがちなフレーズの部分もきちんと出ていました。
個人的には昨夜の「ヌアージュ」は今までで一番よかったと思えます。

ジャンゴ・ラインハルトが戦死した兵士たちの鎮魂歌として
作ったと言われるこの「ヌアージュ(雲)」(1942年録音)
フランスのジプシー(ロマ)たちがこよなく愛するこの曲は
イントロをハーモニクスで弾き始める難曲です。
ジャンゴ自身の曲は何とも言えない重苦しさを持つフレーズと
大空に広がって行くようなフレーズでいっぱいです。

この曲の雰囲気を自分のものにして弾けるギタリストはさほどいません。
むろん、今ではナチスと闘っていたフランスを思い出せる年代のギタリストは
フランス国内でも少なくなっていますし、たとえ迫害を続けられているジプシーたちであっても
その重苦しいほどの絶望感から大空へ飛び立つような空気感を弾きこなせるギタリストは少ないでしょう。

昨夜の寺田くんのギターはその空気感を感じさせるものでした。
滅多にハウスバンドを褒めないのですが昨夜だけはちょっと感心しました(笑)
プロでも毎回、気持ちのノリや指の動きは違いますからいつも同じように弾けるとは限りません。
ましてや、他の仕事を持ちながらこうした難曲に挑むことは相当な努力を必要とします。
その努力の成果を上手く表現出来ない場合も多いのです。

むろん、彼らを擁護するわけではありません。
彼らにはもっともっと成長して行って欲しいと思っていますから。
でも、時折こうして感心出来る演奏を聴かせてもらえると嬉しく思います。
しかし、昨夜はお客さんが少なく残念なことをしました。
昨夜の演奏を聴けたお客さんは本当にラッキーだったと思いますよ。

今回はバンドメンバーの紹介も入れておきます。

b0169403_1944278.jpg


b0169403_19562293.jpg











左上:リーダーでソロ担当の寺田誠
左下:ベース担当 大塚裕之
右上:ギター 斉藤純
右下:ギター 山崎繁之
[PR]

# by ma.blues | 2010-02-28 21:00 | ライブ報告 | Comments(0)  

テレビ取材

25日は地元テレビIBC岩手放送の取材が入りました。
「じゃじゃじゃTV」という番組中、店のある桜山地区の新しいお店を紹介するコーナーらしいです。
ディレクター、レポーター、カメラマン、音声さんの四人。
カメラ、ライト、マイクと機材が入るとそれだけでいっぱいに見える店内。
あらためて、店の小ささを感じました(笑)

機材準備の間、井上ディレクターと歓談。
自身もロックバンドのボーカルをやっているという井上さん。
音楽談義についつい花が咲きました。
彼の二歳の息子が店にある電子ドラムと同じものをすでに叩いていると聞いてびっくり。
なぜか、メタルロックがお気に入りで早いビートを刻もうとしているのだそうです(笑)
10年もしないうちに天才ドラマーが盛岡に誕生することでしょう。

僕へのインタビューが終わる頃、ハウスバンドの面々が到着。
ライブの時と同じ状態で収録。
番組の中でバックに音も流されるとのことでした。
初めは若干の緊張もあったのかイマイチのノリでしたが
何度か取り直すうちにツボにはまった演奏になりました。

放映は3月6日(土)午前9:45~
どの時点で放送されるかは分かりません。
IBCを観れる方はよかったら観て下さい。
僕への取材は言わされた感もありますが(笑)
もちろん、嘘も大げさなことも言ってはいません。

それにしても、バンドメンバーとディレクターの井上さんはほとんどが知り合い。
彼が顔が広いのかメンバーが広いのか・・・・・
この店ではこんなことがよく起こります。
まさにクロスロード(笑)

さて、27日(土)はハウスバンドのライブです。
どんな人たちが来てくれるかな。


b0169403_0312553.jpg収録の様子。後ろ向きですが左側の女性がリポーターの千葉星子さん。
[PR]

# by ma.blues | 2010-02-27 00:40 | その他 | Comments(2)  

ある日のお客様

ある日のワンショットです。
むろん、両名には承諾を得て載せています。

左の女性はお隣の県、青森県八戸市からのお客様です。
去年の6月頃でしたか、飛び込みで数名で来られた中のお一人です。
他には大阪、秋田と遠い場所からのお客様ばかりでした。
お仕事の関係で盛岡へ来ていたようでしたがこの店を気に入ってもらえて
その後も、盛岡へ来た折りには必ず寄って下さる方です。
彼女は現在、婚活中(笑)
詳細は当店にお問い合わせいただければお教えいたします。
ただし、真剣な方のみですからね!

右の男性は市内繁華街の某店の料理長です。
仕事の関係上、煩雑にはこの店にも来れませんが
本人も音楽をやっているのでいろいろと興味を持っていて
話し込んだり一緒にギターを弾いたりすることも多いです。
僕のギターを褒めてくれる唯一のお客さんです(笑)

店のギターはすべて弾いていただいて結構ですし、
数ヶ月ごとに入れ替えたりもしています。
中には売っても構わないものもありますのでお尋ね下さい。
それは営業成績にはならないか?(笑)

b0169403_17595977.jpg
彼が弾いているギターはマーチンのバックパッカー(クラシック仕様)です
[PR]

# by ma.blues | 2010-02-25 18:06 | その他 | Comments(4)  

益子の陶芸家

益子の陶芸家、栗原節夫さんのブログをリンクさせました。
右側のメニューから飛んで下さい。
「土と音」には彼の音楽活動の様子も書かれています。

実は彼とは浜松にいた頃、ひょんなことから知り合いました。
音楽のことで知り合い、彼のバンド「鳴神」のCDをいただいたりしました。
益子にはずいぶん以前に知り合った方がいらっしゃるのですが
その後、連絡も取らずに来てしまって音信不通。
栗原さんに尋ねたところ、どうも彼の知り合いの中の一人のようでした。

すでにその頃からハウスバンドのリーダー寺田くんとも知り合いになっていたのですが
「鳴神」のリーダーは盛岡出身で寺田くんもよく知っている人でした。
「縁は異なもの」とはよく言ったもので本当に不思議な繋がりがあちこちに出来て来ていました。
彼らのライブも是非、この店でやって欲しいのですがちょっと離れていますので
おいそれと来てもらうわけにもいかず、いまだ実現していません。
時折、陶芸展で盛岡へ来たりもするようですのでその時には何とか、と思っています。

彼に頼んで作ってもらったコーヒーカップ、
とても気に入っていたんだけど店でコーヒーを飲んでいた時に
誤って転落、欠かせてしまいヒビも入ってしまいました。
その日一日、無念の思いでいっぱいでした。
でも、そのカップは捨てずにしまってあります。
[PR]

# by ma.blues | 2010-02-21 21:33 | リンク関連 | Comments(0)