「世界で最も危険な原発」と呼ばれる浜岡原発

福島第一原発の事故によって原発事故の深刻さが日に日に明らかになった。
しかし、電力会社は原発を止めることもなく、さらに推進する立場をすでに明言している。
そして、「世界で最も危険な原発」と言われている浜岡原発は7月に3号機の運転を再開しようとしている。
福島原発事故後、各国のメディアは即座に浜岡原発をも取材していることを考えれば、浜岡原発がいかに世界から「悪い意味」で注目されているかが分かる。
以下のHPに載っている元原発技術者・菊地洋一さんの中部電力に対する必死の訴えを聞いて欲しい。彼の家族は今、福島県にいる。
http://www.stop-hamaoka.com/
僕がくどくど書くより、彼の発言を聞いてもらえば原発の危険性についてよく判るだろう。

下の画像は原発列島日本の現実。(日本列島「原発と地震」全データMAP 週刊現代より)
画像は保存して拡大すれば文字も読めます。こちらも説明不要と思います。
b0169403_2272216.jpgb0169403_2273411.jpg
[PR]

by ma.blues | 2011-05-01 22:20 | 原子力関連 | Comments(0)  

<< 5月のライブスケジュール ボランティア活動について >>