天は二物を与える・・・文学座役者、外山誠二さん来店

サッカー日本代表のW杯出場がやっと決まりましたね。
しかも、試合終了ギリギリのPKで。
勝ち切れないのは問題ですが、引き分けでも出場は決まるのでこれで良しとしましょう。
あとは本戦で実力を発揮してもらうだけです。

昨夜は文学座の役者さん、外山誠二(とやませいじ)さんが来店されました。
県民会館で行なわれた公演に出演し、おそらく打ち上げ後にいらしたのだと思います。
入って来るなり「僕もジャンゴが好きなんですよ」
確かにジプシースウィングが好きであればこの店の看板は気になるでしょうね。

いろいろとお話をしましたが、音楽に関して実に詳しい。
おもむろにギターを弾き出したら、もうほとんどプロ並み。
チェット・アトキンスばりのフィンガーピッキングで様々な曲を弾いてくれました。
その時初めて、職業を伺ったのですが(ギター弾きかと思った)なんと役者さん。
ギターは中学の頃から弾き出したということで、その頃からチェット・アトキンスが好きだったそうです。
b0169403_197545.jpg


ご自分で曲をアレンジしてフィンガーピッキングの曲にしています。
つまり、メロディと伴奏のコード進行やベースラインをすべて入れて弾くやり方です。
曲を熟知していなければ出来ないことですし、アイデアだけでは成立しないアレンジの仕方です。
本人は「酔っ払ってて・・・」とおっしゃっていましたが、実に見事に演奏していました。
天は二物を与えるものなんですね。

楽しそうに1時間以上ギターを弾いて帰っていかれましたよ。
なんか、得した気分になったのは言うまでもありません。

※店へのアクセス、ライブスケジュールなどは右メニューの「カテゴリ」からご覧になれます。ライブやパーティの希望は常時受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。
[PR]

by ma.blues | 2013-06-05 19:12 | ある夜のクロスロード | Comments(0)  

<< ライブ音源アップ・・・フロムソ... 明日2日(日)はお休みします >>